Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

過去のFAQ: ソフトウェア、管理ツール等

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

iLO: 内蔵 Lights-Out(integrated Lights-Out)/2/3/4

iLOと RIB-LOEの違いは?
   主な違いは下記になります。
  • PCIカード形式ではなくマザーボード上に埋め込まれた ASIC形式
  • UIDの操作が可能に
  • ヘッドレス運用時に Yケーブル等の配線が不要に
  • 仮想フロッピー利用時に、ディスクイメージを作成せず直接 FDDが利用可能に
  • 仮想フロッピー用ディスクイメージ作成ツールが Javaベースになり専用アプリが不要に
  • 仮想フロッピーが OSからマウントできる様に
  • 仮想コンソールでのマウスカーソルの追従性が向上
27-MAY-2002
ライセンスが必要と云われるが?
   仮想フロッピー機能とグラフィカルリモートコンソール機能を利用するには別途ライセンスが必要です。
27-MAY-2002
仮想フロッピーのイメージ形式は?
   従来の RIB-LOEはディスクイメージファイルの先頭に RIB-LOE用メディアである事を識別するためのヘッダーを付与していましたが、iLOではこれを外しました。このため #dd等で吸い上げた FDイメージがそのまま利用できます。
27-MAY-2002
仮想フロッピーに書き込めないが?
   USB-FDをサポートしているディストリビューションに於いては `/dev/sda`としてあたかもローカルの FDであるかの様に扱う事が可能です。現時点に於いて Linuxで安定動作が可能なのは読込みに関してのみであり、書込みに関しては動作を保証しません。
27-MAY-2002, verified RH73+DL360G2
iLO接続時に期限切れメッセージが出る様になったが?
   iLO利用時の Java appletsには VeriSignの証明書が埋め込んであり、その証明期限が切れています。証明期限は、iLO firmware v1.50以下の場合、2004年 2月末で切れます。iLOの firmwareを v1.51にする事で、証明期限が 2005年 2月末になります。
02-APR-2004
過去のFAQインデックス: ソフトウェア、管理ツール等
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項