Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linux全般

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

Xen編

Xen起動時 CPU FATAL TRAPとなり起動しないが?
   ハードウェア構成によって CPUの VTサポートが OFFの場合に `CPU 1 FATAL TRAP6 (invalid opcode), ERROR CODE 0000, INTERRRUPT CONTEXT.`のメッセージが表示される場合があり、DL320G5での発生を確認しています。RBSUで VT機能のサポートを ONに変更する事で回避可能です。この現象は利用する Xenやハードウェア(firmware)等の構成によって発生しない可能性があります。
24-JAN-08
RHELと SLES間での P2Vだと guest OSが起動しないが?
   Xenの設定ファイル中の bootloader=、kernel=、ramdisk=を確認してください。これは両者の設定方法の違いから来ています。例えば、SLES10の上で RHEL4/U5を稼動させる場合を例にすると、bootloader=をコメントアウトして、代わりに kernel=、ramdisk=での指定が必要になります。
ostype = "rhel4"
name = "lccjp02"
memory = 128
#bootloader = "/usr/lib/xen/boot/domUloader.py"
kernel = "/var/lib/xen/boot/vmlinuz-2.6.9-55.ELxenU"
ramdisk = "/var/lib/xen/boot/initrd-2.6.9-55.ELxenU.img"
bootargs = "1"
disk = [ 'file:/var/lib/xen/images/lccjp02.img,xvda,w', ]
vif = [ 'mac=aa:00:00:00:00:01, bridge=xenbr0' ]
vfb = ["type=vnc,vncunused=1"]
root = "/dev/xvda3"
06-FEB-08
FAQインデックス: Linux全般
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項