Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linux全般

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

インストール編

Grubを利用する場合でも /bootは別パーティションにするべきか?
   Grubを利用する場合、liloの様な厳しい cylinder制限がありませんので /bootパーティションを別途確保する必要性は低いと云えます。しかし、システム構成によっては Grubやインストーラの問題からシステムが起動できない問題があります。また、将来発覚するかも知れない各種の制限からブートローダを liloに戻さざるを得ない可能性がある事を考え、/boot用パーティションを別途確保する事を強くおすすめします。また、Grub自身に問題がなくても PC/ATの歴史的な制限に引っかかる場合もありますので、/boot用のパーティションは最初に別途確保するべきです。Grubの問題については FAQディストリビューションの Red Hat, OpenLinuxの各項目をご覧ください。
07-MAY-02, revised 30-JUN-09
HDDを同機種マシンに丸ごと入れ替えて起動しますか?
   問題ありません。また、SmartArrayを利用している場合には必要な RAID情報は meta dataとして HDD上に保持されているので、予め ACU等で必要となる作業もありません。もし SmartArray同士であっても HBAが異なる場合であっても一部の例外以外(MSA20の RAID-6、MSA2000)を除いて問題なく移行可能です。SmartArray以外で気をつけなければならない事として、予め RBSUでの BIOS設定内容を同一にしておく事が必要です。また、利用するディストリビューションによって、NICの MAC addressが変更された場合の挙動に注意が必要です。例えば、RHEL5は ifcfg-ethXの MAC addressは kudzuによって自動修正されますが、static IPが dhcpに変更されてしまいますので、MAC address指定による ethXの固定を予め外しておき、且つ kudzuの起動を停止しておくと云う処置を行うか、マシン移行後に手動で #system-config-network等で再設定する必要があります。
04-JUL-08
FAQインデックス: Linux全般
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項