Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

過去のFAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

Wireless

WL110が利用できるマシンは?
   現時点で HPが動作を確認しているのは Evo Notebook N200, NC400cになります。ドライバは汎用的に利用されている wvlan_cs.oを利用しますので、PCMCIAが正常に動作するマシンであればこれら以外の機種でも動作すると思われます。
15-MAY-02
WL210を利用するのに Card Serviceは必要か?
   カード認識時に kernel card serviceが自動的にロードされるので特に意識する必要はありません。また、サポートさせるために Red Hat 7.2のインストール時のインストールオプションで Notebookを選択する必要も特にありません。
15-MAY-02
WL410, WL510は利用できるのか?
   Ethernetブリッジ製品は OSに関係なく動作しますので Linux環境でも利用可能です。但し、初期設定用ツールを利用するのに Windows環境が最低 1台は必要になります。
15-MAY-02
カード利用時のみ IPを利用したいが?
   固定 IP, DHCP共に利用可能です。WL110, WL210共にカードを外せば eth1等のインターフェースはリアルタイムに追加・削除されますので、一般の Ethernet NICと同様に利用する事が可能です。
15-MAY-02
あまり速度が出ないが?
   距離が離れると速度が低下します。11Mbpsの速度で通信が可能なのは 160m迄の距離です。550mの距離の場合 1Mbpsに低下します。また障害物等があり通信状態がよくない場合には通信可能な距離が短くなります。
15-MAY-02
過去のFAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡