Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

過去のFAQ: ハードウェア…ストレージ関連

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

ストレージボックス等

14台で RAIDは組めるか?
   StorageWorks Enclosure 4200, 4300と SmartArrayとの組み合わせで可能です。14台の HDDをドライブパックとしてまとめ、その中身として 1つもしくは複数の論理ドライブに切り分ける事も可能です。但し、HDD 14本を 1つの SCSI channelとして利用することはパフォーマンスの面からお勧めできませんので、SCSI channelに余裕がある場合は、オプションのデュアルバス I/Oモジュールで内部を 2系列に分割することをお勧めします。
02-AUG-00
冗長ファンと冗長電源は追加できるのか?
   StorageWorks Enclosure 4200, 4300は、冗長ファンを標準搭載しています。冗長電源はモデルによっては標準装備されています。非装備モデルも、オプションで装備可能です。
02-AUG-00
EMUの情報は取得できるのか?
   StorageWorks Enclosure 4200, 4300に内蔵されている EMU(enclosure management unit)がファン、電源、温度等を監視しています。この情報は LED(ラックモデル)もしくは LCD(タワーモデル)で確認できます。リモートからの監視は Insight Manager対応の storage agentが必要になりますが、Linux用はありませんので取得できません。
02-AUG-00
過去のFAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項