Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

過去のFAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

MSA500G2, MSA500 (旧称 SACS:SmartArray Cluster Storage)

RSO利用後 degradedのままになるが?
   以前、RSOで利用していた SACSを RSOで利用しないモード…つまり、通常の接続モードへ切り替える場合、予め RSOモードを disabledにしておかないと、Insight Manager等で SACSを見た場合、degradedの警告が発せられます。
 ちなみに、SmartArray 5i/532の RBSUでの RSOの設定項目は、SmartArrayに ProLiant側のストレージベイに HDDが装着されている場合、表示されません。SmartArray 5i/532に接続している HDDは SACSだけの状態にしてから RBSUを起動し、RSOモードを disabledに変更してください。
19-AUG-03
device-mapper-multipathが MSA500G2を認識しないが?
   RHEL4/U2 からサポートされた device-mapper-multipath(multipathd)は、MSA500G2のように ccissドライバ配下で稼動するデバイスを認識できません。これは、ccissドライバが device-mapper-multipathで必要とされる sysfsイン ターフェイスを提供していないことに起因します。なお、これらデバイスは device-mapper-multipathのサポートリ スト(※)に記載されていません。ccissドライバ配下で稼動するデバイスを multipathで構成する場合は mdadmをお使いください。詳細はサイト内リンク高可用型シテスムに関する技術情報をご覧ください。

※/usr/share/doc/device-mapper-multipath-0.4.5/Multipath-usage.txt
19-JUN-06
MSA500G2を接続すると cmafcadが起動するが?
   MSA500G2は SmartArrayコントローラを介した SCSI接続形態ですが、監視エージェントとしては Fibre Channel用の cmafcadを利用します。
28-JUN-06
二重化した MSA500/G2の failoverを即座に行いたいが?
   MSA500/G2で failoverが発生するメカニズムとして、接続ケーブルの切断もしくはコントローラの障害等が発生した後に、HBAからの I/O要求が発生してはじめて failoverが掛かります。failoverを即座に発生させるには定期的に I/Oが発生する仕組みが必要になります。例えば cronで定期的に #touchや #cp等を行う等の別の仕組みを用意してください。
08-SEP-06
過去のFAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項