Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

過去のFAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

Adaptec/Promise系ハードウェア RAID

自動でリビルドが掛からないが?
   ML150G2専用 HostRAID-8130で自動リビルド機能を利用するには StorManを導入する必要があります。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。
21-APR-06
インストール時のパッケージコピーの段階で lockupするが?
   AHA-2610SAを利用した場合の複合問題です。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。ちなみに
この問題は同じドライバを利用 AHA-2120Sでは発生しません。
21-APR-06
EL3のインストール時のフォーマットが失敗するが?
   Red Hat EL3の x86_64版で 4GB以上のメモリを搭載している場合、ソフトウェア IOMMU処理が DMAプールメモリを消費してしまうのが原因です。kernel parameterで 'swiotlb=12288'を引き渡してください。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。
21-APR-06
aar81xxは Turbolinuxで利用可能か?
   Turbolinux 10 Server x64(x86_64版)では kernel-adaptec-aarに装備されておりインストール時に自動認識可能です。但し、本機は自動リビルド機能を利用するのに StorManが必要となります。HPではこの組み合わせに於いて StorManが正常稼動する事を確認しておりません。ML150G2を Turbolinux 10 Server x64で利用する場合は AHA-2610SAに換装して利用される事を強く推奨します。Turbolinux 10 Server(x86版)は kernel 2.6.8-6から extra-moduleとして提供されていますがインストール時に利用できない事、また前述の様に StorManが正常稼動する事を確認していないため x86版に於いても AHA-2610SAに換装して利用される事を強く推奨します。
21-APR-06
AHA-2120S/2610SA/8130はハードウェア RAIDなのか?
   AHA-2120S, AHA-2610SA, HostRAID-8130は、HBA上で RAID用の parityデータを独自生成するハードウェア RAIDです。
 これに対して ICH6R, ICH7R等の場合は、ProLiant本体の CPUを利用して RAID用の parityデータを生成するソフトウェア RAIDになります。
21-APR-06
過去のFAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項