Jump to content 日本-日本語
日本ヒューレット・パッカードホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

FAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

ハード一般

SystemEraseで二重化ROMが切り替わるが?
 ProLiant DL380 G2等では system BIOSを二重化できます。格納されている system BIOSが異なるバージョンで、古い方を primaryに設定していた場合、SystemEraseを起動すると、新しい方の BIOSを primaryに切り替えます。これは本来の設計通りの動作です。
25-SEP-2001
サポートを受ける際にどんな情報を用意しておけばいいのか?
 HPへの問い合わせをする際にお願いしているハードウェア以外の情報は下記となります。但し障害状況によっては別途必要となる項目が出てくる場合もあります。
  • ディストリビューションの種類、バージョン、CPUアーキテクチャ
  • /etc/redhat-release等のディストリビューションを指定するファイル
  • lspci -v
  • uname -a
  • /proc/meminfo
  • /proc/cpuinfo
  • rpm -qa --last
  • dmesg
  • lsmod
  • dmidecode
  • ps -ef
  • ifconfig -a
  • chkconfig --list
  • mount
  • /var/log/messages
  • /var/log/boot.log
  • /var/log/mcelog
  • /var/log/acpid
  • /etc/modules.conf等のモジュール設定ファイル
  • /boot/grub/grub.conf等のブートローダ設定ファイル
  • /etc/fstab
  • hpacucli等による SmartArrayの状況
  • 使用した PSP(ProLiant Support Pack)のバージョン
  • 使用した DUD(Drive Update Disk)のバージョン
  • PSPインストール時のログ(/var/hp/log配下の hpsum_log.txtと hpsum_detail_log.txtもしくは /var/log/hppldu.log)
  • 装着している拡張カードのファームウェアバージョン
  • 導入しているソフトウェアのバージョン等
  • 問題点の詳細な説明と関連するエラーメッセージ
08-AUG-2011
仮想インストールディスクは Linux対応なのか?
 RBSUを搭載した ProLiant(主に 300以上)では NVRAM上に仮想インストールディスク(VID)を保持しています。利用するディスクツール等によってはこの領域が VFAT領域として認識できる場合がありますが、この領域は Windowsのインストール時に追加ドライバをロードさせるための read-onlyなストレージ領域となっています。このため、Linuxからの利用はできません。

 [21-MAY-2012] ProLiant Gen8の VIDには RHEL, SLES用ドライバが同梱される様になりました。詳細はサイト内リンクIntelligent Provisioning(IP)の技術情報をご覧ください。
20-JAN-2012, revised 21-NOV-2014
CPLD/SPLDファームウェアとは何か?
 Complex/System Programmable Logic Deviceの略で、通常の ProLiant本体用ファームウェア以上にハードウェアに密接したファームウェアです。他のファームウェアとは異なり、リモートでのデプロイや自動でのデプロイには適していません。詳細については機種毎のリリースノート、HP ProLiant Firmware Managementプランニングガイドベストプラクティスをご覧ください。
07-FEB-2012
CPLD/SPLDファームウェアのアップデート後には電源を落とす必要があるのか?
 電源を落とすだけではなく、ACケーブルを 30秒以上の間外す必要があります。c-classブレードの場合にはシャーシから 30秒以上抜く必要がある事を意味します。詳細については機種毎のリリースノート、HP ProLiant Firmware Managementプランニングガイドベストプラクティスをご覧ください。
24-FEB-2012
HPが提供する不具合情報を定期購読したいが?
 サイト外リンクwww.hp.com/go/myadvisoryから希望する製品の Customer Advisory等のメールによる定期購読が可能です。Customer Advisoryには ProLiant本体、オプションカード、HDD等のファームウェアの最新状況・不具合情報、HPが提供する各種ソフトウェアの最新情報・不具合情報等がレポートされています。
28-FEB-2012
ユーザーパーティションは起動可能なのか?
 ProLiant Gen9から搭載された iLO4が保持する NAND領域の内 1GB分をユーザーパーティションとして利用が可能です。 一般的な USB-keyと同様に利用可能で、この領域は ProLiant Gen9を UEFIモードで利用した場合にのみ、本デバイスからのシステムの起動をサポートします。但し、本領域は RAID配下の SSD等の様に耐障害性に秀でたものではなく、あくまで一般の USB-keyと同等のものとなるため、一般の OS等の導入として利用するのではなく、NANDの特性を考慮した OSでの利用を推奨します。詳細はサイト外リンクHP ProLiant Gen9サーバー用 HP UEFI展開ガイドをご覧ください。
04-DEC-2015
旧版となった本項目の FAQ
FAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡