Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

CPU

時間が狂うが?
   サーバの内蔵時計が狂う原因を大きく2つに分けると、電源管理機能の問題と CPUの割込みタイマーの問題となります。詳細については下記の CPUについての技術情報をご覧ください。
サイト内リンク Opteron multi-coreサポートに必要なディストリビューションについて
サイト内リンク Xeonプロセッサでの DBS利用時の注意事項について
サイト内リンク Opteronプロセッサでの PowerNow!利用時の注意事項について
23-AUG-07
powernow-k8のエラーが記録されるが?
   ProLiantの省電力関連機能である Power Regulator機能を RBSUで OS Control Mode以外に設定した場合、BIOSバグ関連を意味するエラーが記録されます。これは AMD CPUの省電力サービスである powernow-k8が kernelと通信が行えないために吐かれるメッセージです。Power Regulatorを利用する場合にはこのメッセージは無害ですので無視してください。
RHEL5の場合:
powernow-k8: Your BIOS does not provide _PSS objects. PowerNow! does not work on SMP systems without _PSS objects. Complain to your BIOS vendor.
RHEL6の場合:
[Firmware Bug]: powernow-k8: No compatible ACPI _PSS objects found.
[Firmware Bug]: powernow-k8: Try again with latest BIOS.
SLES10の場合:
powernow-k8: MP systems not supported by PSB BIOS structure.
SLES11の場合:
powernow-k8: ACPI Processor support is required for SMP systems but is absent. Please load the ACPI processor module before starting this driver.
26-JUN-2012
 x2APICは利用できるのか?
   Xeon E7の x2APIC(割込みコントローラ)は、RHEL6と、SLES11で利用可能です。RHEL5と SLES10では利用できませんので、Linuxのインストール前に RBSUで予め無効にしておく必要があります。
06-DEC-2012
 HTは利用するべきなのか?
   ProLiant DL980 G7の様に CPU数の搭載基数が多いマシンは、Hyper-Threadingを有効にし論理 CPU数が 2倍となる事により、スケジューラ自体の負荷もあがります。データベースの様に I/O処理よりも CPU処理が必要とされる場合には Hyper-Threadingを利用する価値はあります。Hyper-Threadingの設定は Linuxのインストール後でも RBSUから変更可能ですので、実際のシステムで CPU負荷を鑑みて利用するか否かを決定してください。
 ちなみに、RHEL5, SLES10では多数の論理 CPU数を効率的に稼働させるのに最適化されていないため、Hyper-Threadignを無効にした場合のスケジューラ負荷の低減効果はより高くなる筈です。
 詳細はサイト外リンクBest Practices When Deploying Linux on ProLiant DL980 G7 Serversをご覧ください。
07-DEC-2012
 c-stateが勝手にあがるが?
   intel_idleドライバは、RBSUの Minimum Processor Idle Stateで設定された ACPI tableの値を参照するのではなく、CPUが対応する c-stateの範囲を直接確認します。このため、RBSUで設定した c-stateから逸脱する事があります(#powertop等で確認可能)。intel_idle.max_cstate=1等として遷移範囲を制限する事が可能です。
10-APR-2013, verified with RHEL6.3, Ubuntu 12.04
 Linux稼働中に HTの状態を知る方法は?
   Hyper-Threadingが有効になっているかを Linuxの稼動中に確認したい場合、RHEL6では、lscpuコマンドで確認する事ができます。#lscpuの結果で、"Thread(s) per core"の値が"2"になっている場合には、Hyper-Threadingが有効な状態です。
 RHEL5では lscpuコマンドが提供されていませんが、/proc/cpuinfoの内容から確認可能です。/proc/cpuinfoの情報の内、"cpu cores"は1ソケットあたりの物理コア数をさしています。"siblings"は1ソケットあたりの論理コア数をさしています。Hyper-Threadingが有効な状態では、論理コア数は物理コア数の倍となりますので、"cpu cores"と"siblings"の数が同じ場合には、Hyper-Threadingは無効状態、"siblings"の数が"cpu cores"の倍の場合には、Hyper-Threadingが有効状態と判断できます。
16-APR-2013
 power and utilization monitoringを停止した場合の影響は?
   RBSUの Processor Power and Utilization Monitoring設定を offにした場合、1秒間に 8回行われる CPUへの割込みを停止します。この設定は low-latencyを目的としたシステムに有効です。本設定を offにする事で iLOが収集する各種の省電力機能、消費電力レポート等が利用できなくなります。詳細はサイト内リンクConfiguring and Tuning ProLiant for Low-Latency Applicationsをご覧ください。
14-JUN-2013
 C0ステートに固定するには?
   bootパラメータで idle=pollと intel.idle.max_cstate=0を併用する事で C0ステートに固定可能です。詳細はサイト内リンクConfiguring and Tuning ProLiant for Low-Latency Applicationsをご覧ください。
17-JUN-2013
 特定の coreを kernelから隠蔽できるか?
   標準のツールでは出来ませんが、cset(日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへhttp://code.google.com/p/cpuset/)を利用する事で特定の CPU coreを kernelから隠蔽する事が可能です。詳細はサイト内リンクConfiguring and Tuning ProLiant for Low-Latency Applicationsをご覧ください。
18-JUN-2013
 CPUの利用率が時折低くなる事があるが?
   iLO4のファームウェア v1.40では SMI(system management interrupt)の影響により、レイテンシを重視する real-time系システムでの CPUの利用率に影響を及ぼす場合があります。この問題は v1.50で修正されています。詳細はサイト内リンクConfiguring and tuning HP ProLiant Servers for low-latency applicationsをご覧ください。
10-DEC-2014
 論理 CPU 1ヶのみしか認識されないが?
   従来の APICではなく x2apicを利用している場合で OSが対応していない場合には論理 CPUが 1ヶしか認識されなくなります。RBSUで x2apic機能を disabledにし、従来の APICモードに変更してください。
19-AUG-2015
 BIOS has corrupted hw-PMU resourcesメッセージが表示されるが?
   OS boot時の初期画面に ” [Firmware Bug]: the BIOS has corrupted hw-PMU resources (MSR 38d is 330)” メッセージが表示されますが、これは kernelが PMU(Performance Management Unit)から performance counterを正常に取得できない場合に表示される、OSやハードの動作には影響しない無害なメッセージです。
 当メッセージは、RHEL6.1以降, RHEL7, SLES11 SP2以降, SLES12, Ubuntu server 12.04/14.04/16.04 LTSで表示される事を確認しています。
 RBSUの Processor Power and Utilization Monitoring設定を無効にする事で当メッセージの抑制が可能ですが、本設定を 無効にする事で iLOが収集する各種の省電力機能、消費電力レポート等が利用できなくなります。詳細はサイト内リンクConfiguring and Tuning ProLiant for Low-Latency Applicationsをご覧ください。
05-DEC-2015
旧版となった本項目の FAQ
FAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項