Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: ハードウェア

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

ATA/SATA(non-RAIDモード), ATAPI, Intel RST

Gen8のスマートキャリアのランプは inboxドライバでも使えるのか?
   ProLiant Gen8より採用された HDDのスマートキャリアに装備されている LEDの内、アクセスランプは hpvsaドライバではなく ahci, mpt2sasドライバを利用した場合であっても点滅します。RAID構成ランプは SmartArray利用時にのみ利用可能です。ディスク取り出し禁止ランプは SmartArrayの Pシリーズ配下の場合にのみ利用可能となります。
- DL380e Gen8/B320iを SASモード(mpt2sas)に設定し確認 - RHEL5.8, RHEL6.3, SLES10/SP4, SLES11/SP2
- DL160 Gen8/B120iを SATAモード(ahci)に設定し確認 - RHEL5.8, RHEL6.3, SLES10/SP4, SLES11/SP2
06-FEB-2013, revised 05-APR-2013
Intel RSTとは何か?
   Intel Rapid Stroage Technology(RST)は、ProLiant ML10 Gen9に搭載されている SATAコントローラでソフトウェア RAIDを実現するためのファームウェア、管理ツール、ドライバ等の総称です。Linux自体が実装しているソフトウェア RAID機能を純粋なソフトウェア RAIDとする場合、Intel RSTは HDD上のメタデータを Intel RSTによるファームウェアが制御しつつ Linuxの DM RAID, MD RAIDソフトウェアと連携する形式をとっています。一般に、fake RAID, BIOS RAID, driver RAID, SW-RAID等と呼ばれます。
11-MAY-2017
Intel RST用ドライバが提供されていないが?
   Windows向けには Intel RST用ドライバと管理ツールが提供されていますが、Linuxでは DM RAIDもしくは MD RAIDと組み合わせたソフトウェア RAID構成で利用する形態となります。Intel RSTが HDD上に作成するメタデータを DM RAID, MD RAIDがネイティブにサポートを行う形となりますので専用ドライバは不要となり、通常の ahci.koを利用します。同様に管理ソフトウェアも Linux標準の dmraid, mdadmを利用しますので Linux向けには専用管理ツールも提供されていません。
12-MAY-2017
Intel RSTと Dynamic SmartArrayの違いは?
   Intel RSTと DM RAID, MD RAIDを組み合わせたソフトウェア RAIDと Dynamic SmartArrayの一番の運用上の違いは、前者は専用ドライバが不要な事。Legacy(BIOS)モードでも利用可能な事があげられます。後者は MBRを含めての完全なディスク保護が行えること。mdadm等の Linuxの知識が不要な事。ディストリビューションのインストーラのソフトウェア RAID自体のサポートレベルを気にする必要が無い事。スペアディスクの管理も含めた柔軟なディスク構成が可能な事。iLO4と連携したエージェントレス監視が可能な事があげられます。
16-MAY-2017
Intel RSTがサポートされたのはいつからか?
   Intel RST自体が Linuxでサポートされたのは、DM RAIDが kernel 2.6.18と dmaraid v1.0.0-rc15より。MD RAIDが kernel 2.6.27と mdadm v3.0よりとなります。それぞれ RAID 0, 1, 10と RAID 0, 1, 5, 10がサポートされています。但し、今後は DM RAIDに対する機能拡張が行われる予定はありません。ディストリビューションとしては、Red Hat Enterprise Linux 6.0以降、SUSE Linux Enterprise Server 11/sp0からです。これらは Intel RSTを搭載した ProLiant ML10 Gen9がサポートするディストリビューションとは異なりますのでご注意ください。また、DM RAID, MD RAID自体が Intel RSTに対応していてもディストリビューションのインストーラが旨く対応していない場合がありますので注意が必要です。
22-MAY-2017
旧版となった本項目の FAQ
FAQインデックス: ハードウェア
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項