support
 

FAQ: ハードウェア…

 
 

Alpha全般

 
UNI/SMP/Enterprise kernelの切り替えは?
 SMP構成のシステムに Red Hat 7.0Eをインストールすると 3種類の kernelがインストールされます。SRMコンソールにて boot_osflagsの値を "0"〜"2"に設定することで、それぞれ UNI kernel, SMP kernel, Enterprise kernelが起動します。

25-JUN-01



コードネームはどうやって調べるのか?
 Internet上の Alpha Linuxに関する情報は、システム自体の製品名ではなく Alpha用マザーボードのコードネームで呼ばれる場面が多くあります。この場合コードネームを知らないとどの製品を意味しているのか判断できません。Alphaシステムのコードネームを一覧にしているサイト外リンクページでお調べください。

28-JUN-01



IDE HDDのデバイスアサイン順は?
 ATAPI/IDE HDDは Alphaシステムの SRMコンソールからは、DQA0DQD0としてデバイスアサインされます。このとき接続されているドライブのみ有効になります。
IDEプライマリ・マスタ(DQA0)
IDEプライマリ・スレーブ(DQB0)
IDEセカンダリ・マスタ(DQC0)
IDEセカンダリ・スレーブ(DQD0)
 
 もし IDEプライマリ・スレーブが存在しない場合、DQB0は、IDEセカンダリ・マスタに繰り上がります。
 
 また、CD-ROMドライブも IDE形式です。アサイン順として IDE HDDデバイスがアサインされた後に DQE0等とアサインされます。
 
 Linuxからの認識は、接続されていないドライブが途中にあっても、デバイスアサインは固定となり、Intelシステムと全く同じです。
IDEプライマリ・マスタ /dev/hda
IDEプライマリ・スレーブ /dev/hdb
IDEセカンダリ・マスタ /dev/hdc
IDEセカンダリ・スレーブ /dev/hdd
 
 もし IDEプライマリ・スレーブが存在しない場合でも、/dev/hdc/dev/hdbに繰り上がる事はありません。

02-AUG-01



/bootは必要か?
 Red Hat 7.1では /bootパーティションを別途作成しないと、インストール後のシステムの起動が正常に行われなくなりました。必ず /bootパーティションを作成してください。サイズ的には 最低でも 70MB程度、kernelを rebuildされる方はそれ以上確保してください。同じ kernel 2.4でも Kondara 2.0は /bootパーティションを別途作成しなくても正常に起動します。
 
 但し、JumpStartを利用して Red Hat 7.1をインストールする場合 /bootパーティションを別途作成しなくてもシステムは正常に起動できます。

02-AUG-01



FDが壊れるが?
 Kondara MNU/Linux 2.0, Red Hat Linux 7.1 Alpha版を runlevel=5で起動して VFAT FDへアクセスすると FDのファイルシステムが破壊されます。詳細はこちらをご覧ください。

revised 29-NOV-01



コンソールの色がおかしいが?
 Kondara MNU/Linux 2.0, Red Hat Linux 7.1 Alpha版を runlevel=5で起動した後に runlevel=3へ移行する等すると、コンソールの文字表示色が灰色系の表示になってしまいます。詳細はこちらをご覧ください。

revised 29-NOV-01



Gnomeメニューがおかしいが?
 Red Hat Linux 7.1 Alpha版で Gnomeのメインメニューを使用するとエラーが発生し正常に動作しないことがあります。下記の方法で回避が可能です…
方法#1日本語環境のインストールを行わない方法…
 インストール時、日本語環境の設定を行わないで、英語環境として設定を行いインストールを終了させる事で回避可能です。
 
方法#2パネルの設定を変更する方法…
 パネルの設定で KDEメニューを表示させない設定にする事で回避可能です。メインメニューから、パネル全体のプロパティメニュータグと進み、一般メニュー項目の KDE:サブメニューからオフに変更します。

29-NOV-01



8GBを超える HDDが利用できないが?
 BSDラベルが書かれていない HDDと qlogicisp.oと kernel 2.2.11未満の組み合わせの場合に問題が発生します。詳細はこちらをご覧ください。

revised 29-NOV-01



Tru64で利用していた HDDだと Linuxが起動できないが?
 Tru64で利用していた HDDに Linuxをインストールすると、インストール後の SRMからの Linuxの起動に失敗します(block 0 of dqa0.0.0.13.0 is not a valid boot block bootstrap failure等)。Linuxのインストール前に予め、下記手順で HDDを初期化する必要があります。
1)Red Hat等の CD-ROM#1からシステムを起動し、DiskDruid画面まで作業を進める。
2)[Ctrl]+[Alt]+[F2]で bashコンソールに切り替え、下記のコマンドを実行する。
#dd if=/dev/zero of=/tmp/sda* もしくは #cat /dev/zero > /tmp/sda*
3秒後、[Ctrl]+[c]を押す
[Ctrl]+[Alt]+[Del]でシステムを再起動
3)再度、Red Hat等の CD-ROM#1からシステムを起動し、DiskDruid画面まで作業を進める。
4)DiskDruid画面で HDDのイニシャライズを促すメッセージが表示されますのでイニシャライズを行ってください。
5)以降、通常にインストール作業を進めてください。
*IDE HDDの場合、/tmp/hd*

05-FEB-02



Linux Top>/dev/nullaskattentionHP Top