Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linuxディストリビューション・パッケージ

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

SUSE, United Linux関連

cciss_ioctl.hが無いが?
   SLES9の /usr/include/linuxには SmartArray 5xxx系ドライバ用 cciss_ioctl.hがありません。/usr/src/linux/include/linux/から cciss_ioctl.hを #cpしてください。 この問題は SLES9の errata kernelで対応される予定です。
01-SEP-2004
/etc/modules.confを手動修正したら time stampエラーが表示されるが?
   /etc/modules.confと /lib/modules/`uname -r`/modules.depの time stampを比較して場合によってワーニングメッセージが記録されます。本メッセージは無害です。modules.conf修正後に modules.depを #touchする事でこのメッセージを抑止する事が可能です。
01-SEP-2004
Opteronマシンに 32bit版 SUSE8/United Linux 1.0もしくは SLES9を導入すると kernelは?
   kernelのアーキテクチャは i586になります。
09-SEP-2004
tg3から bcm5700へ変更するには?
   SLES9では、kernelモジュールの管理に /etc/modules.confを利用しません。NICドライバの種類を変更する場合、/etc/sysconfig/hardware/hwcfg-bus-pci-XXXX:xx:xx.xを編集する事と同義になります。但し、SUSE系ディストリビューションに於いては各種の設定ファイルに YaST向けのチェックマークが埋め込まれており、ファイルの手動編集で YaSTが正常に動かなくなる可能性がありますので、YaST上からの変更を強くお薦めします。手順としては #yast起動後…
[Network Devices]⇒[Network Card]⇒Already configured devices欄 の[Change]⇒[Edit]⇒Detailed settingsの [Hardware Details]⇒Kernel Module の [Module Name]の 'tg3'を 'bcm5700'に修正
 となります(手順-1,2,3,4,5)。
29-SEP-2004
EM64Tのサポートは SLESのどの kernelからか?
   SLES9の x86_64メディアは BASEメディアからサポートされています。SUSE8/United Linux 1.0の AMD版は、BASE, SP3メディア共に EM64Tマシンにはインストールできません。
30-SEP-2004
EM64T用の ia32e kernelが無いが?
   SLES9の x86_64 kernelは、Red Hat EL3と異なり 1つの binaryで AMDと EM64Tの両方に対応します。また、UNI kernelである default kernelと SMP kernelの 2種類が装備されており、それぞれが EM64Tで動作します。
30-SEP-2004
Ext3, ReiserFSを選択するとインストールできないが?
   ATA HDDを利用したシステムに SUSE Enterprise 9をインストールする場合で、パーティションタイプに ext3もしくは ReiserFSファイルシステムを選択した場合、インストール作業が中断する事があります。この問題を回避するにはインストール時に kernel parameterで 'barrier=off'を付与するか、インストール時に ext2を選択(インストール後に #tune2fs -jで ext3へ変換は可能)する事で可能です。現時点でこの問題が発生する事を確認しているのは ProLiant BL30pだけで、DL360G4/SATA, DL320G2では見受けられません。この問題は SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0では発生しません。また、この問題は ProLiantに特化した問題ではありません。この問題は SP1で修正されている事を確認しています。
08-DEC-2004, revised 14-MAR-2005
SLES8, SLES9の x86と x86_64 kernelの extraversionが統合されたのは?
   United Linux 1.0/SLES8に関しては統合はされてません。x86 kernelと x86_64 kernelの extraversionは 2.4.21-215で一旦統合されましたが、2.4.21-267に関しては x86版は存在せず、x86_64版のみ存在します(AMD64だけの問題修正のため)。最新の 2.4.21-273では x86, x86_64用が共にリリースされています。また統合と云っても cciss.oや aacraid.oに関しては errata kernelによって別バージョンとなっている場合があります。この事から United Linux 1.0/SLES8の x86と x86_64 kernelは extraversionが同一であっても、中身は別と考えるべきです。

 SLES9に関しては、x86と x86_64で kernelの extraversionは base kernel当初より統合されています。詳細については、サイト内リンクディストリビューション対応表をご覧ください。
05-JAN-2005, revised 25-JAN-2005
SLES9を clientにすると ftpが遅いが?
   SLES9を ftp client として利用した時、ネットワークインターフェイスのTSO(TCP Segmentation Offload)がONになっていると ftp転送速度が30Mbps〜160Mbpsまで低下することがあります。この問題の原因は不明ですが、ドライバ依存ではないと思われます(以前、こちらの FAQで tg3では問題が発生しないと記載してましたが、その後現象発生を確認しました)。回避方法としては TSOを OFFにする方法と、TCP送受信バッファを増やす方法の 2種類があります。

設定例
  TSOをOFFにする方法
# ethtool -K eth0 tso off  
 
  TCP送受信バッファを増やす方法
# cat /etc/sysctl.conf
   
   net.core.wmem_max = 4194304
   net.core.rmem_max = 4194304
   net.ipv4.tcp_rmem = 4096 87380 2097152
   net.ipv4.tcp_wmem = 4096 65536 2097152
    
19-JAN-2005, revised 31-MAR-2008
SLES8/x86_64で /bootを別パーティションで確保すると起動しないが?
   SLES8の x86_64版の SP3メディアで /bootを別パーティションで確保すると grubが正常起動しません。この問題は SP4で修正されていますので、/bootを別パーティションで確保する場合は BASEもしくは SP4メディアを利用してください。
01-JUL-2005
rpm package がインストールできないが?
   SLES8環境で rpmデータベースに部分的な障害がある場合、rpmコマンドが以下のエラーメッセージを出力し rpm packageのインストールに失敗することがあります(発生原因不明、発生確率かなり低し)。この問題が発生した場合、'--rebuilddb'オプションで rpmデータベースを再作成した後、rpm package を再インストールしてください。
# rpm -i xxxxxxx.rpm
cannot read header at nnnnnnnnnnn for lookup   <--- 'nnnnnnnnnnn'は不定な数値
#
# rpm --rebuilddb
# rpm -i xxxxxxx.rpm
#
20-SEP-2006
NICが1つしか存在しないのに eth0以外のインターフェイス名が割り当てられるが?
   SLES10 から Persistent Network Interface Names機能が追加され、NICに割り当てるインターフェイス名を固定する設定が可能となりました。この機能により、ハード的な NIC構成が変更(追加or削除)されても、その他の NICインターフェイス名に影響が出ないという利点があります。しかし、システムのネットワーク構成を変更する等の理由で、今までのNICインターフェイス名設定情報を変更したい場合は /etc/udev/rules.d/30-net_persistent_names.rulesファイルの設定行(SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add"..... ethx")を変更または追記し rebootしてください。なお、'rcnetwork restart'では設定が反映されません。また、modprobeで NICドライバを unload/loadすると 30-net_persistent_names.rulesファイルに誤った設定が追加され NICインターフェイスが消えたりする場合がありますので必ず rebootしてください。

 参考までに /etc/sysconfig/network/configファイルに 'FORCE_PERSISTENT_NAMES=no' と記述することで Persistent Network Interface Names機能を無効にすることができます。
22-JAN-2007
SLES10で bonding interface起動時 primary設定が無視される構成があるが?
   slave interfaceが Link upする前に SysFS経由で primary interfaceを設定をしようとして失敗する事が原因です。他の ディストリでは modprobeの optionで必要なパラメータを引き渡しているため slave interfaceの Link up/downに関わらず primary interfaceは問題なく設定されます。SLES10 の bondingドライバは下記の 1〜4の順番で処理を行い、4の primary設 定を行う際に 2と 3の enslave化作業(Link upまで)が終了している事を期待しています。もし eth0/eth1が Link downして いる場合、bonding driverが eth0/eth1を slave interfaceと認識していないため、4の primary設定が失敗します。
1. master interface(bond0)の初期化
  2. eth0の enslave化  ← この時点で eth0 は Link down
  3. eth1の enslave化  ← この時点で eth1 は Link down
  4. eth0の primary設定  ← eth0 enslave化作業が終了していないため無視される
  5. eth0 の Link up  ← この時点で eth0 の primary設定が可能
  6. eth1 の Link up  ← この時点で eth1 の primary設定が可能
 
 slave interfaceの enslave化〜 NIC Link upまでのタイムラグは環境によって異なりますが、上記の例では 5 と 6以降で slave interface の primary設定が可能となります。この問題は NIC Link up後に primary設定を実行するよう SLES10/SP1で修正される予定です。
26-MAR-2007
SLES9で adpahciの driver-SW RAIDを構成すると JBD errorが出るが?
   ICH7R上で adpahciドライバを利用した driver-SW RAIDを構成した場合下記のメッセージが記録される場合があります。
kernel: JBD: barrier-based sync failed on sda5 - disabling barriers
kernel: sda: asking for cache data failed
 このメッセージは、transaction barrier(データ整合性用の追加機能)がストレージシステムに対して利用できない場合の通知結果ですので無視して構いません。メッセージを抑止するには 'barrier=off'を引き渡してください。詳細はサイト外リンクNovell社の document #3907838 をご覧ください。
26-MAR-2007
iLO2搭載マシンで SLES9のインストーラが GUIで起動しないが?
   iLO2の high performance mouse機能を有効にしていると、SLES9のインストーラが mouseを誤認識する場合があり、インストーラが TEXTモードで起動する場合があります。インストール時には high performance mouse機能を停止しておいてください。
26-MAR-2007, revised 17-APR-2007
SLES10で Xenはサポートされますか?
   現時点に於いて HPは SLES10の Xen環境が安定して稼動する事を確認していないテクニカルプレビューとしています。安定して稼動できる ProLiantのハードウェア環境、kernel環境については随時公表する予定です。また、現時点に於いては PSPをはじめとした管理ツールは Xenでのサポートを行っておりませんのでご注意ください。

 [31-MAR-2008] SP1以降はテクノロジプレビュー制限は外れていますが、IMAを初めとした管理ツールはサポートされていません。
20-APR-2007
SLES9で Ext3のフォーマットが遅いが?
   SmartArrayで LUN作成直後の initializationが終了していない状態で SLES9上から Ext3ファイルシステムを作成すると時間が掛かります。システム構成にもよりますが、1.7TBで 15分掛かるところが 280分掛かる等の場合があります。initializationが終了した後に Ext3ファイルシステムを作成してください。この問題は Reiser FSでは発生しません。
29-JAN-2008
kernel taintedのチェックが厳しくないか?
   SUSE Linux Enterpriseはロードされる kernel moduleが GPL対応か否かだけではなく、Novell独自のライセンス情報が埋め込まれているか否かもチェックしています。このため HP提供の GPLに対応した Ethernetドライバであってもドライバロード時には kernel taintedと表示されます。
29-JAN-2008
インスト時にマウスのボタンが押せないが?
   iLO2, iLO3, iLO4を搭載した ProLiantに SLES10をインストールする場合、インストール中にマウスのカーソルが動くのにも関わらず、マウスのボタンが押せない場合があります。本現象は、インストール時にのみ発生し、インストール終了後には発生しません。発生するメディアとしては、SP0メディアでは発生せず、SP1〜SP4で見受けられます。

 iLO2での回避方法としては、iLO2の WEB I/Fにある、high-performance mouse機能を disabledに変更し、インストーラを再起動する事で回避可能です。

 iLO3, iLO4では iLO2の様な恒久的な回避方法はありません。一時的な回避方法としてはマウスの左右のボタンを高速に何度も押す事でマウスが正常に動作する事があります。この方法で回避できない場合には、インストール時にはキーボードのみでインストールを行ってください。

 マウスのボタンが押せないだけでなく、マウスのカーソルが飛び飛びに動いてしまう事もあります。この問題は iLO2での恒久的な回避方法以外では回避できませんので、インストール時にはキーボードのみでインストールを行ってください。ポップアップウィンドウが表示され、そのウィンドウがアクティブになっていない場合には [ALT]+[TAB]でアクティブにする等してください。
28-JUL-2008, revised 28-AUG-2012
SLESで sjisはサポートされますか?
   サポートされます。但し、#locale -aでは sjisが表示されますが、SLES10の YaSTの /etc/sysconfigエディタでは UTF-8と EUCしか選択できませんので、直接 `RC_LANG`に `ja_JP.sjis`を入力し、再起動してください。また、SLES9も同様です。Novellのサポートレベルの考え方として、内包するパッケージ毎に L1〜L3の定義がありますが、localeの違いによって、それらパッケージのサポートレベルに違いは生じません。
21-NOV-2008
BIOS Bugメッセージが起動中に出るが?
   SLES10/SP2環境で下記のメッセージが出ますがこのメッセージは障害を示すものではありませんので無視してください。kernelは BIOSが予約可能な Extended PCI configuration space(256MB)を予約している事を期待していますが、BIOSは必要な分だけしか確保していないためにこのメッセージが表示されます。このメッセージは ProLiantに特化したものではありません。
PCI: BIOS Bug: MCFG area is not E820-reserved
PCI: Not using MMCONFIG
10-JUL-2009
SLES11用 high-performanceマウスドライバは何故ないのか?
   SLES11自身に high-performanceドライバに相当する機能が装備されていますので HPからは high-performanceマウスドライバの提供は行っておりません。SLES11での相当機能は 2つあります。#xset m 1を指定する方法と、gconf-editorから同等の値を設定する方法です。詳細はサイト内リンクiLO2での様々なマウスカーソル同期方法についてをご覧ください。
11-AUG-2009
SLES11だと Xが明るすぎて使えないが?
   ProLiant G5、G6系システムの場合、ビデオドライバの問題で高輝度表示の様な状態になり、文字を読むのも大変な場合があります。この場合、下記の手順で VESAドライバに変更してください。sax2自身が独自の Xを起動しますので、下記の環境は既存の Xが起動しない runlevel 3の状態で行ってください(そうしないと sax2のテスト画面が乱れます)。1280x1024/64K色での動作を確認しましたが、全ての構成でこの表示が可能とは限りません。1024x768/32K色迄しかいけない構成もありましたが、その差異については現時点では分かっておりません。
#init 3
#sax2 -r -m 0=vesa
25-SEP-2009
supported: externalとは何か?
   サードパーティが提供するドライバが `Novell社よりサポートを受け付ける`という情報を付加するための仕組みで、Novell社独自の仕様です。通常、ディストリビューションにサードパーティ提供モジュールがロードされた kernel(以降 tainted kernel)のサポートを依頼する場合、サードパーティ提供モジュールをアンロードするよう求められる事があります。しかし、Novell社の場合、tainted kernelであっても、`Supported: external`に対応したモジュールであればアンロードを求めることなくサポートを受け付けてくれるとの事です。詳細は 日本HP外のウェブサイトへ Developing Software Products for SUSE Linux: Kernel-space Considerationsの `7 Marking Modules Supported`を参照して下さい。
09-OCT-2009
インストール時に iSCSIデバイスが見えないが?
   起動時のパラメータに withiscsi=1を付与してシステムを起動してください。
04-AUG-2011
モニタの周波数外で何も表示されないが?
   SLES10, SLES11のインストール時点ではビデオのテストができないため、インストール後の再起動後でモニタに out of range等と表示され runlevel 5の画面が全く表示されない場合があります。この場合、一度 [Ctrl]+[F2]等でテキストコンソールに移動してから下記の方法でビデオ関連の設定変更を行ってください。
#init 3
#sax2 -r -m 0=vesa
22-AUG-2011
netxen_nicを利用するとインストや設定ができないが?
   NetXen/QLogic系 NICを利用したハードウェア構成に対して SLES10/SP3を導入しようとするとインストーラが停止する場合があります。この問題は SP4では発生しませんので、SP4メディアでのインストールをお勧めします。SP3メディアでこの現象を回避するには、RBSUで NetXen NICの利用を停止してからインストールを行い、インストールが終了した後で nx_nicドライバをビルドする方法。もしくは、インストーラで `broken_modules=netxen_nic`を引き渡した後で [F5]キーを押し、このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。DUD/nx_nic(EXElocal.zip)ドライバーをロードする方法があります。もしくは broken_modules=netxen_nicを引き渡し、インストールが完了してから HPが提供する nx_nicドライバをビルドする方法もあります。
 NetXen/QLogic系 NICである、NC375Tを利用したハードウェア構成に対して SLES11/SP0を導入すると yastでデバイスがリストされますが設定や利用を行う事はできません。この問題は SP1では発生しませんので、SP1メディアでのインストールをお勧めします。SP0メディアでこの現象を回避するには、インストールが完了してから HPが提供する nx_nicドライバをビルドしてください。
20-SEP-2011, revised 29-SEP-2011
SLES11で hpsaを使いたいが?
   SLES11は、SP1メディアから hpsaドライバが同梱されていますが、HBAが SmartArray P41x世代であっても、デフォルトでは ccissドライバが利用されます。インストーラ起動時に cciss.cciss_allow_hpsa=1を引き渡す事で、ccissではなく hpsaドライバが利用されます。PXEを利用してインストールする場合にも同様に pxelinux.cfgでこのオプションを引き渡してください。なお、HPが hpsaドライバを同ディストリビューションでサポートするのは、SmartArray P41x世代以降となりますのでご注意ください。

 [24-JAN-2013] SLES11/SP2のインストーラは ProLiant G7迄とは異なり、Gen8にインストールする場合には hpsaを利用します。
02-DEC-2011, revised 24-JAN-2013
snapperは #rpmでも自動スナップショットを採るのか?
   #rpmコマンドでパッケージをインストールした場合には snapperは自動スナップショットを採りません。#rpmコマンドには snapper-zypper-pluginの様に連携するためのプラグインが存在しないためです。#zypperか #yast経由でパッケージをインストールするか、#rpmでインストールする前後に snapperで preスナップショットと postスナップショット相当を採ってください。
14-MAR-2014
btrfsのスナップショットで boot kernelを戻せるか?
   現在の SUSE Linux Enterprise Server 11では /bootに btrfsを指定する事ができないため kernel等の起動環境をロールバックする事はできません。ちなみに、SUSE Linux Enterprise Server 12の β版は /bootに btrfsを指定する事が可能です。
18-MAR-2014
snapperでロールバックしてもファイルが変更されたままだが?
   preスナップショットと postスナップショットの間に他のプロセスがファイルを変更している可能性があります。ロールバックでファイルを戻す場合には、他のプロセスが行ったファイルの変更についても戻すのか、今の状態で維持するのかを snapperでのスナップショット時刻とファイルのタイムスタンプ等で確認し、適切なスナップショットを選択する必要があります。この事象は btrfsでのスナップショットに限った話しではありません。
24-MAR-2014
btrfsのスナップショット時のデータの整合性は?
   スナップショットを作成するのと同時にオープンしたままのファイルに変更が行われた場合等はデータの整合性は保証されず、ファイルの中身が破損している可能性があります。スナップショット対象の選別とロールバック対象ファイルの事前に確認する必要があります。この事象は btrfsでのスナップショットに限った話しではありません。
25-MAR-2014
kernel-defaultと kernel-default-baseの扱いは変わったのか?
   SUSE Linux Enterprise Server 11の場合、kernel-default-baseには /boot, /etcと全てのファームウェアと仮想化で利用するのに適したミニマムなドライバと kernelが同梱されており、kernel-defaultにはその他となる最新のドライバが同梱されています。非仮想化環境に於いては両方のパッケージを導入して利用するのが一般的な利用形態でした。これに対し SUSE Linux Enterprise Server 12では kernel-default側にも /boot, /etcと全てのファームウェアが同梱される様になり、2ヶのパッケージのどちらか一方を利用する形態に変更されています。
05-MAR-2015
DUDのロードオプションが表示されないが?
   SUSE Linux Enterprise Server 11, 12を UEFIモードでインストールする場合、インストールの初期画面には BIOSモードで表示されていた [F6](Driver)オプションは表示されません。UEFI時には kernelラインに直接ブートパラメータとして `dud=1`を引き渡す事で DUDのロード画面が表示されます。このパラメータは Legacy(BIOS)モード時にも利用可能です。
22-APR-2015
warm bootでシステムの再起動に失敗するが?
   SUSE Linux Enterprise Server 11/SP4を UEFIモードの ProLiantに導入し、bootloaderを ELILOで運用している構成の場合、warm bootでの再起動を行うと elilo起動時に画面が真っ黒になったり、RSoD(red screen of death)が発生する場合があります。この問題は、Linux一般が利用する System V AMD64 ABIと UEFIが利用する Microsoft AMD64 ABIで異なっているために発生する問題であり、ProLiantに特化した問題ではありません。SUSEからリリースされている errataの elilo v3.14-0.38.1を適用する事で回避可能です。詳細はサイト外リンクAdd compile option “-mno-red-zone”for x86_64 archをご覧ください。
19-AUG-2016
SLES12 SP1でインストールができない事があるが?
   SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1では、SSD, NVMeへのインストール時の問題、UEFIシステムでの initramfsが破損する潜在問題があります。修正された新しいインストーラであるサイト外リンクv2.0を利用するか、SP2を利用してください。
07-SEP-2017
FAQインデックス: ディストリビューション・パッケージ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項