Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linuxディストリビューション・パッケージ

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

TurboLinux関連

Turbolinux 10 Serverを clientにすると ftpが遅いが?
   bcm5700 driverを用いた TL10SE(x86版)を ftp client として利用した時、ftp転送速度が30Mbps 〜160Mbpsまで低下することがあります。その場合、TCP送受信バッファサイズを増やすことで ftp転 送速度を改善することが可能です。これらは HP製 bcm5700 v8.2.18a-1, TLS10SE標準の v7.3.5(base kernel)で確認しています。なお、tg3 driverでは ftp転送速度が低下することはありません。この問題は x86_64版でも発生すると思われます。HPはこの現象を Red Hat EL3を ftpサーバにして接続しにいった場合に発生しやすい事を確認しています。
設定例
# cat /etc/sysctl.conf
...
net.core.wmem_max = 4194304
net.core.rmem_max = 4194304
net.ipv4.tcp_rmem = 4096 87380 2097152
net.ipv4.tcp_wmem = 4096 65536 2097152
...

 TCP送受信バッファサイズは、システム環境に合わせて適宜調整してください。
14-OCT-05
early BIOS handoff failedが記録されるが?
   USBの legacy mode切り替えが行えない構成時に記録される場合があります。legacy mode USB deviceからの起動を可能にするハードウェア構成の場合 kernel panicを稀に発生するケースがありますが、ProLiantでは発生しません。このメッセージは無害ですので無視してください。本メッセージは kernel 2.6と ICH7R chipsetの組み合わせで記録されるのを確認していますが、他の環境でも 記録される場合があると思われます。また、将来の kernelではこのメッセージは抑制される予定です。
06-DEC-05
FAQインデックス: ディストリビューション・パッケージ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項