Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FAQ: Linuxディストリビューション・パッケージ
(その他)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む

Laser5関連

SCSI, SmartArrayコントローラが認識されないが?
   Laser5 6.5J Secure Server Editionは、装備しているドライバは新しいのですがインストーラの拡張カード用データが古いために Symbios 53c895, Symbios 53c1510, 内蔵SmartArray, SmartArray 431等の新しめの SCSI, SmartArrayコントローラの自動認識が行えません。SCSIの設定画面でコンピュータにSCSIアダプタが接続されていますか?と聞かれますので NCR系 SCSIコントローラの場合 NCR 53C8XX PCIを SmratArrayコントローラの場合 Compaq Smart-2/P RAID Controllerを選択してください。
 
 この問題は Laser5 6.9J Secure Server Editionで解決されています。また Laser5 6.4J, 7.1J等の非サーバ系統ではこの問題は発生しません。
revised 20-NOV-01, verified wiz LF6.5J SSE
インストールの終了画面が表示されないが?
   Ethernetポートが複数あるシステムに、Laser5 6.2J, 6.4Jをインストールすると、パッケージのコピーが終了した時点から先へ進まなくなることがあります。このためインストール時に eth1の設定をせずにインストールを行い、インストール完了後に #linuxconf等で eth1の設定を行います。Laser5 6.5J Secure Editionは Anacondaインストーラを採用していませんのでこの現象は発生しません。また、同じ Anacondaインストーラを利用した Red Hat 6.2J/6.2J改訂版でも発生します。詳細はこちらをご覧ください。
25-OCT-00, verified wiz LF6.2J/6.4J
linuxconfが起動できないが?
   原因不明ですが Laser5 6.5J Secure Serverに於いて #linuxconfが正常に起動しない事があります。eth1のセットアップを行いたい場合は /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0ifcfg-eth1として #cpし、#vi等で eth1用に変更し、/etc/rc.d/init.d/network restartしてください。なお、default gatewayprimary nameserver等は #netconfigから設定できます。
22-NOV-00, verified wiz LF6.5JSSE
Laser5 6.0/Alphaが SCSIエラーで正常にブートできないが?
   Laser5 Linux 6.0 Server Edition for Alphaを Symbios/NCR 53c895 chipを採用した SCSIコントローラ(コンパック型番:KZPCA-AA)上のディスクにインストールし、通常カーネルをブートしようとすると SCSIデバイスの認識がうまくいかず、以下のようなループメッセージが表示されて正常にブートできないという問題が発生します。

UNI kernelを利用した場合に発生する SCSI resettingの表示
 ncr53c895-0: resetting, command processing suspended for 2 seconds 
 ncr53c895-0: restart (scsi reset)
 ncr53c895-0: Downloding scsi scripts
 ncr53c895-0-<0,*>: WIDE SCSI (16 bit) enabled
 ncr53c895-0-<0,*>: FAST-20 WIDE SCSI
 SCSI host 2 abort (pid 64) timed out - resetting

 この問題は、通常(UNI)カーネルの代わりに SMP カーネルを使用することにより回避できることが確認されています。Laser5 6.0/Alphaインストール時に SMPカーネルを選択する手順については、こちらをご覧ください。
27-OCT-00, verified wiz LF6.0J
1st sectorから起動できないが?
   Laser5 6.5J Secure Serverを利用する場合、LILOのインストール位置を MBRではなく Compaq system partition(0x12)経由で /boot partition上の 1st sectorとして指定しても、システムは起動しません。必ず LILOは MBRにインストールしてください。ちなみに disk druidではなく fdiskで /bootを /dev/sda1や /dev/ida/c0d0p1等の primary partition上に作成しても本現象は発生します。
 この問題は Laser5 6.9J Secure Server Editionで解決されています。また Laser5 6.2J, 6.4J, 7.1J等の非サーバ系統ではこの問題は発生しません。
revised 20-NOV-01, verified wiz LF6.5JSSE
4GB超のメモリを認識できるか?
   Laser5 7.1は kernel 2.4.xxを利用していますので 4GBを超えるメモリ容量を利用する事が可能です。4GBを超える容量については Enterprise kernelでサポートされます。メモリの認識量に関するレポートはこちらをご覧ください。
revised 08-OCT-01, verified wiz LF7.1
FAQインデックス: ディストリビューション・パッケージ(その他)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項