Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ダウンロード
SmartArray用構成表示ツール、array-util

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 19-DEC-2012
 下記は GPL形式等の freeソフトウェアです。ご利用に際してはユーザの責任にてご利用ください。これらのソフトウェアに不具合があった場合でも HP自身が修正を行う予定はありません。

本ソフトウェアの紹介

 GUIベースで SmartArrayコントローラ、論理ドライブの情報を表示します。動作確認した機能は下記になります。
SmartArrayの firmware versionの表示
SmartArrayコントローラ下の HDD上 LEDの点滅表示
論理ドライブの構成状況の表示
HDDのサイズ、SCSI IDの表示
スペアドライブの状況表示
HDDの fault LED点滅機能*
× 論理ドライブの破損状況の表示
× 論理ドライブのリビルド状況の表示
× 画面のリフレッシュ機能
*SmartArrayコントローラをツール内で指定すると同コントローラ配下のホットスワップ HDDの fault LEDが点滅します。この機能は Optionメニュー内の Blink設定に関係なく利用可能です。論理ドライブ単位、HDD単位での fault LEDの点滅機能は確認できませんでした。

利用方法

 下記コマンド等で rpmパッケージをインストール。
  #rpm -ivh array-util*

 Gnome等から下記コマンドで起動。
  #array-util

  本ソフトウェアの起動を行うと can't locate module block-major-7x等のメッセージが /var/log/messagesに表示されることがあります。

スクリーンイメージ

array-util
GIF コントローラ情報*
GIF 論理ドライブ情報
GIF 物理ドライブ情報

 

*この状態でホットスワップ HDD上の fault LEDが点滅します

対応 SmartArrayコントローラ

対応ドライバ 対応ディストリビューション(全て Gnomeで動作確認)
 RAID LC2*
 内蔵SmartArray*
 SmartArray 221
 SmartArray 431*
 SmartArray 3200
 SmartArray 4200*
 ×SmartArray 5300


*Unknown Controller Typeとして表示されます

 ・Kondara 2000J
 ・Kondara 1.1J Server
 ・Laser5 6.2J
 ・Miracle 1.0J Standard
 ・Red Hat 6.1J
 ・Red Hat 6.1J改訂版
 ・Red Hat 6.2J
 ・Red Hat 6.2J改訂版
 ・Red Hat 7.0J
 ・TurboLinux 6.1J Server


 spark@knoware.nl氏に感謝の意を表します。

ダウンロード

オリジナルサイト 本サイト上
ダウンロード 日本HP外のウェブサイトへhttp://www.strocamp.net/
ダウンロード RPMarray-util-1_0-1_i386.rpm
   RPM形式バイナリ
RPMarray-util-1_0-1_src.rpm
   RPM形式ソース
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項