Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

NetVault: SDLT 110/220GB(単体)ドライブ設定方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
17-AUG-01

動作確認済みディストリビューション

 HPが検証で利用したのは、下記ディストリビューションです。これ以外のディストリビューションのサポートについてはサイト内リンクバックアップソフトウェアについての技術情報NetVault対応一覧表をご覧ください。

    Red Hat Linux 6.2J改訂版 for Intel
    Red Hat Linux 7.0J改訂版 for Intel
    Red Hat Linux 7.1 for Intel
    Turbolinux 6.5 Server for Intel
 HPは NetVaultの販売、サポートをしておりません。お買い求めの販売代理店等からサポートを受けてください。記述されたシステム構成以外で NetVaultがサポートされているかはお買い求めの販売代理店へご相談ください。

ハードウェア/kernelオプションの設定方法

  ハードウェア、kernelオプション指定等の作業は必要ありません。

デバイスの認識確認方法

#cat /proc/scsi/scsi
Attached devices: 
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 06 Lun: 00
  Vendor: COMPAQ   Model: SuperDLT1        Rev: 050F
  Type:   Sequential-Access                ANSI SCSI revision: 02

NetVault 6を利用する方法

 本機の検証には、バックアップソフトウェアとして NetVault 6(v6.0.3/R010220)を利用しています。バージョンによっては作業が異なる可能性があります。詳細は NetVaultに付属のマニュアルをご覧ください。
  • NetVaultのインストール方法
    付属のマニュアルを参照してソフトウェアのインストールを行ってください。

  • SDLTテープドライブ用テンプレートのコピー
     NetVault v6.03には SDLTテープドライブ用テンプレートが含まれていません。バックボーンソフトウェア社より sdlt100.npk別途入手し、インストールしてから NetVaultへのデバイス登録を行います。
    • sdlt100.npkを任意のディレクトリにコピー
    • NetVault GUI(nvgui)の起動
    • Client Managementを実行
    • 該当する Clientを選択し、右クリック
    • Install Softwareを選択
    • 画面右の Selectionsdlt100.npkのフルパスを入力
    • Installed Software Successfully...と表示されます

  • NetVaultからの登録方法
    スタンドアロン・ドライブとしての追加方法は下記になります。
    • NetVault GUIの DEVICE MANAGEMENTを実行
    • 画面左上の AddAdd Standalone Driveを選択
    • 画面左側の Choose Drivesでデバイスが接続されているホスト名をダブルクリック
    • /dev/sga*をダブルクリック
    • 画面右側の Selected DrivesTypeで、Quantum SuperDLTを選択
    • 保存アイコンをクリック
*表示されるデバイスファイル名はシステム構成によって異なります
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項