Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

NetVaultと Insight Management Agentを同時利用した場合の device is busyについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 13-DEC-06
 本ページでは、NetVaultと Insight Management Agentを併用する場合の問題に対処する方法を説明します。

発生する問題 - 1

 Insight Management Agentが稼動している環境で NetVaultを利用すると、下記の問題が発生します。
  • テープをドライブからオートローダのメディアスロットに戻すところで 'device is busy'が発生し NetVaultの操作が出来なくなる
64bit/133MHz この問題は、下記の要件を全て満たした場合に発生します。

発生する問題 - 2

 発生する問題 1と類似した問題として、単体テープドライブでも同様に前述の条件を満たした場合に 'device is busy'が発生する事があります。
  • 単体テープドライブで TAPEを交換した後に 'device is busy'が発生し NetVaultの操作が出来なくなる

対処方法

 バックアップソフトウェア稼動前に storage agentを停止する事で回避可能です。詳細はサイト内リンクバックアップソフトウェア利用時の storage agent停止方法についてをご覧をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項