Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

NetVault用 VaultDR対応デバイスリスト

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
13-JAN-05

Vault DRについて

 BakBone社の VaultDRは、ディザスタリカバリを目的とした NetVaultファミリーのリカバリツール(APM: アプリケーション・プラグイン・モジュール)です。VaultDRは、ブータブル CD-Rからシステム(Red Hat 7.3ベース)を起動し、ネットワーク上の NetVaultサーバからバックアップデータを復旧します。
 
 本頁で紹介する対応デバイスは、デバイス単体での対応・非対応です。システムとして複数の NIC、複数の HBA等を組み合わせた場合、ProLiantシステムのデバイススキャン順、Linunxシステム起動時のデバイススキャン順等の差異により、VaultDRでのリストアが旨く行えない可能性があります。
  • 同じドライバを利用するコントローラが複数存在する場合で、ドライバのバージョンによって一部のデバイスだけしか認識しない状況

 サイト外リンクBakBone社では NetVault, VaultDRの評価版ソフトウェアが用意されています。構築したシステムが実際に VaultDRでリカバリが可能かどうかを導入前に事前検証される事をおすすめいたします。

VaultDR v3.2でのデバイス対応状況

NIC
Broadcom 5701
Broadcom 5702
Broadcom 5703N1
Broadcom 5704N2
Broadcom 5705N2
Intel 82559
Intel 82546BN3

SmartArray/RAID
SmartArray 5i
SmartArray 532
SmartArray 64xR1,R2
SmartArray 640xR1,R2
Adaptec 2120SR3

SCSI HBA
Adaptec 7899G(ML370G3, ML350G3等)
Adaptec HBA(29160相当, 3960D相当等)
LSI Logic 53c1030(WU3 HBA等)

ATA HBA
ServerWorks GC-SL(DL140)
Intel E7210(ML110/P-ATA)A1

N1 但し NC7771 PCI-Xカードの場合、別途 bcm5700.o v5.7.22等が必要
N2 別途 bcm5700.o v5.7.22等が必要
N3 NICリストより 'Intel PRO/1000MTを選択'
R1 別途 cciss v2.4.48が必要
R2 SA5i等と組合わせる場合、SA5i側を予め disabledにしておかないと SA640xをサポートしない cciss.oがロードされてしまうため SA5iとの同時利用は不可
R3 速度が遅い(8MB/sec程度)
A1 ATAが PIOモードのため速度が遅い(3MB/sec程度)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項