Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

NetVaultでファイバチャネル接続の Ultrium テープライブラリを利用したときにアクセス不能になる問題について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
15-JUL-05

発生する問題

 virsion 7.11までの NetVaultをファイバチャネル接続の Ultrium テープライブラリ環境で利用すると、ドライブアクセス時にテープのヘッダー・ドライブステータスの表示が消え、数分〜数十分の間アクセス不能になります。このとき、/var/log/messagesに以下のメッセージが記録されます。なお、この現象は qla2300ドライバの version及び fail overパラメータの有無にかかわらず発生します。
NetVault[1545]: Client: 'localhost.localdomain' Class: 'Media' Job: 'N/A' Warnlevel: 'Error' Msg: 'Command failed, re-initializing driver'
localhost NetVault[1545]: Client: 'localhost.localdomain' Class: 'Media' Job: '0' Warnlevel: 'Error' Msg: ''DRIVE 1:localhost.localdomain' has gone down'

対処方法

 NetVault7.12にアップグレードすることで回避されます。

検証環境

HW: DL380G4,FCA2214,MSL6060L2,Storage Works SAN Switch 2/8V
OS: RedHat Enterprise Linux 3 AS(x86版)、Miracle Linux 3.0(x86版)
SW: NetVault 7.10〜7.12
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項