Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

FireGL8800用ドライバの利用方法について
Red Hat Linux 7.1用

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
Intelシステムでのみ確認、17-JUN-02
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

前提とするシステム構成

 本手順は、下記のシステム構成で確認しました。
  • Evo Workstation W8000, W6000, W4000
  • ATI FireGL8800(128MB)
  • Red Hat Linux 7.1
  • FireGL8800用ドライバ v1.2.0

インストール方法

  • XFree86 V4.1.0のインストール
    FireGL8800用ドライバを使用するには、XFree86を既存のV4.0.3からV4.1.0にアップグレードする必要があります。

    サイト外リンクXFree86 V4.1.0のダウンロードサイト

    サイト外リンクXFree86 V4.1.0のインストール手順

  • サイト外リンクATI社のダウンロードサイトから Linux/XFree86 V4.1.0 FireGL8800用 RPMパッケージを入手し、下記のコマンドでインストールします。
    #rpm -ivh fglr200-glc22-4.1.0-***.i586.rpm

  • fglrxconfigを実行し、マウス・キーボード・モニター・解像度等の設定を行います。

  • Dual Head用設定
    #1 Xを起動した状態で、プログラム/Fire GL Contorolを選択し、
    ATI FireGL 8800 Controlウィンドウを開きます。
    #2 DualScreenタグで、Clone Mode(2画面同一表示)、Extended Desktop Hoizontal(横並び表示)、Extended Desktop Vertical(縦並び表示) の
    いずれかを選択します。
    #3 Linuxをリブートします。
    Dual Head設定時には、テキストモード(init 3)にしないでください。両方のディスプレイ共 out of syncとなり、画面に何も表示できない不具合が発生します。

ATI FIreGL8800での利用可能な解像度・色深度

21"CRT構成時
  8bit 16bit 24bit
640x480 - -
800x600 - -
1024x768 - -
1152x864 - -
1280x1024 - -
1400x1050 - -
1600x1200 - -
-備考なし
18"DVI CRT構成時
  8bit 16bit 24bit
640x480 - -
800x600 - -
1024x768 - -
1152x864 - -
1280x1024 - - ×
-1280x1024で線のにじみ
21"CRT +18"DVI TFT構成時
  8bit 16bit 24bit
1280x480 - -
1600x600 - -
2048x768 - -
2304x864 - -
2560x1024 - - ×
-1280x1024で、TFT側に線のにじみ

FireGL8800は、8bit/16bitの色数をサポートしていません。
21"CRTには、DIGITAL VRCX1-W3を使用
18 DVI TFTには、Compaq TFT8020を使用
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項