Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ProLiant DL100シリーズでの NICアサインについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
23-JUL-04, revised 16-DEC-04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

発生する問題

 ProLiant DL140, DL145に導入するディストリビューションによって、Ethernetポートに印刷されているポート番号と ethXの割当てが逆になる(NIC 1に eth1が、NIC 2に eth0が割当てられる)構成があります。
 
 割当てが逆になる構成の場合、利用するドライバが bcm5700.o, tg3.oのどちらであっても発生します。

 これらディストリビューションの全てが、動作確認された ProLiant上で正式サポートされる訳ではありません。「NIC逆アサイン」問題を示すために、敢えて HPが正式サポートしないディストリビューションに対しても結果を公開しています。

対処方法

 割当てが逆になる構成の場合、Ethernetポートに印刷されているポート番号とは逆にケーブルを接続してください。

ProLiant DL140の場合


インストーラでの自動認識 NICの逆配置
Miracle 2.1SE/U3 ○(bcm5700.o)
Miracle 3.0 ○(bcm5700.o)
Red Hat 9 ○(tg3.o)
Red Hat EL2.1 ×
Red Hat EL3 ○(tg3.o)
Fedora Core 1 ○(tg3.o)
Fedora Core 2 × 未検証
Fedora Core 3 ○(tg3.o) 問題無し
SUSE Enterprise 9 ○(tg3.o) 問題無し
Turbolinux 8 Server ×
Turbolinux 10 Server ○(bcm5700.o) 問題無し
United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8(SP2a)
○(bcm5700.o)
United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8(SP3)
○(bcm5700.o)
OSインストール完了・reboot後に bcm5700ドライバをインストールすることでNICが利用できます

ProLiant DL145の場合


インストーラでの自動認識 NICの逆配置
Miracle 2.1SE/U3 ○(bcm5700.o)
Miracle 3.0 ○(bcm5700.o)
Red Hat 9 ○(tg3.o)
Red Hat EL2.1 ×
Red Hat EL3(x86) ○(tg3.o)
Red Hat EL3(x86_64) ○(tg3.o) 問題無し
Fedora Core 1(x86) ○(tg3.o)
Fedora Core 1(x86_64) ○(tg3.o) 問題無し
Fedora Core 2(x86) ○(tg3.o) 問題無し
Fedora Core 2(x86_64) ○(tg3.o) 問題無し
Fedora Core 3(x86) ○(tg3.o) 問題無し
Fedora Core 3(x86_64) ○(tg3.o) 問題無し
SUSE Enterprise 9(x86) ○(tg3.o) 問題無し
SUSE Enterprise 9(x86_64) ○(tg3.o) 問題無し
Turbolinux 8 Server ×
Turbolinux 10 Server ○(bcm5700.o) 問題無し
United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8 - SP2a(x86)
○(bcm5700.o)
United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8 - SP3(x86)
○(bcm5700.o)
United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8(x86_64)
○(bcm5700.o) 問題無し
OSインストール完了・reboot後に bcm5700ドライバをインストールすることでNICが利用できます
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項