Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

i825xx Ethernet controllerの自動認識について
igb対応(x86, x86_64共通)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
02-SEP-2009, revised 03-AUG-2010
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

インストーラでの自動認識について

 ProLiantが Intel 825xx Ethernetコントローラを利用するためのドライバーは e1000.ko, e1000e.ko, igb.ko等がありますが、本ページでは igb.koドライバについてのコントローラ実装状況とディストリビューションの対応状況について説明致します。e1000.ko, e1000e.koドライバについてはサイト内リンクEthernet関連技術情報をご覧ください。

i825xx装備状況について

i82576 i82580
NC362i NC365T
PCI-E, 2ch PCIe, 2ch x2

ディストリビューション対応状況

caution  下記は、各ディストリビューションのインストーラが自動認識可能かどうかの結果を一覧にしたものであり、HPが個々の ProLiantをサポートする kernelサポート要件ではありません。 ProLiant毎のサポート要件については、次の章にある 'HPが推奨する kernel環境'、サイト内リンク各 ProLiantの製品ページとそれぞれのインストールガイドをご覧ください。

 本表で '×'になっているものは、ドライバーのソースからドライバーをビルドして利用してください。ソースの入手方法、サポートディストリビューション、ビルド方法の詳細についてはサイト内リンクEthernetについての技術情報をご覧ください。

 x86と x86_64版の両方が存在し、且つドライバーバージョンが異なるディストリビューションに於いては `/`で区切り併記しています。表中の記号の意味は下記になります。
  `` : インストーラで自動認識可能
  `×` : インストーラで自動認識不可
  `−` : ディストリビューション内にドライバー無し

  ドライバー i82576での自動認識 i82580での自動認識
RHEL3.9
RHEL4.0
RHEL4.1
RHEL4.2
RHEL4.3
RHEL4.4
RHEL4.5
RHEL4.6 igb.ko v1.0.1 × 現時点では未調査
RHEL4.7 igb.ko v1.0.8-k2 × 現時点では未調査
RHEL4.8以降 igb.ko v1.2.45-k2 現時点では未調査
RHEL5.0
RHEL5.1 igb.ko v1.0.1 × 現時点では未調査
RHEL5.2 igb.ko v1.0.8-k2 × 現時点では未調査
RHEL5.3以降 igb.ko v1.2.45-k2 現時点では未調査
Fedora 9(base) igb.ko v1.0.8-k2 × 現時点では未調査
Fedora 9(xen) igb.ko v1.0.8-k2 × 現時点では未調査
Fedora 10 igb.ko v1.2.45-k2 不明* 現時点では未調査
Fedora 11以降 igb.ko v1.2.45-k2 現時点では未調査
SLES9
SLES9/SP1
SLES9/SP2
SLES9/SP3
SLES9/SP4 igb.ko v1.0.1 × 現時点では未調査
SLES10
SLES10/SP1
SLES10/SP2 igb.ko v1.0.8 × 現時点では未調査
SLES10/SP3以降 igb.ko v1.3.19.3 現時点では未調査
SLES11以降 igb.ko v1.2.45-k2 現時点では未調査

* igb対応コントローラ搭載機種でシステム起動せず(DL160G6, SL160z)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項