Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

i82559コントローラのロックアップについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
Intelシステムでのみ確認、revised 27-DEC-00
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

ドライバのアップデートを推奨するシステム

 Intel製 Ethernetコントローラ i82557, i82558, i82559コントローラを利用しているシステム、もしくはオプションで同等の Ethernetコントローラを追加しているシステムが対象になります。特に i82559コントローラを利用しているシステムの場合、下記の現象が発生する事を確認しています。
  • Linux起動時にシステムがロックアップする事がある。
  • ディストリビューションによってはインストール時にロックアップする事がある。
 HPは i8255xコントローラ、特に i82559コントローラを利用する場合、現時点において eepro100.oではなく、Intel製の e100.oモジュールを利用することをおすすめします。



上記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です
上記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です
上記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です
 
 Red Hat 7.0J等の eepro100.oでは v1.09j-tに Andrey V. Savochkin氏の v1.20.2.10パッチが適用され、i82559と eepro100.oの組み合わせでもロックアップ問題は発生しなくなりました。各ディストリビューションに搭載されているドライバの種類とバージョンをサイト内リンクこちらで確認してください。

下記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です
下記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です
下記は eepro100にパッチが適用される以前の情報です


infomation  細かなバグフィックス等がドライバ開発チームによって常に行われております。必要に応じて最新のドライバを適用してください。

利用するコントローラの種類を調べる

 現在、i82559を利用している Linux-readyシステム、Linux-readyオプションは下記の製品になります。詳細は各サイト内リンク製品情報をご覧ください。
  • ProLiant MLシリーズ
  • ProLiant DLシリーズ
  • オプションの Ethernetカードで i82559を利用しているもの

利用しているモジュールの確認

 i82557, i82558を利用している製品であってもドライバのアップデートをお勧めします。ProLiant ML, DLシリーズ以外の製品をご利用の場合で、i8255xが利用されているかどうか、もしくは当該コントローラを利用したオプションが利用されているかは、既に Linuxが稼動しているマシンであれば #lsmodコマンドでロードされているモジュールが確認できます。
 
 HPの Intelサーバが利用する Ethernetコントローラは大きく分けて下記の 2種類になりますので、i8255xが利用されているかどうかをモジュール名で判断してください。
 
ベンダ コントローラ名称 利用モジュール
TI社製 ThunderLAN tlan.o
or
Intel社製 i8255xコントローラ
 (EtherExpress Pro 100相当)
eepro100.o
 もしくは
e100.o

ディストリビューション毎のドライバ対応表

 まず、利用されている Linuxディストリビューションのドライバ構成を サイト内リンクこちらで確認してください。この対応表は、新規のディストリビューションが発売された時点で随時更新していく予定です。

e100.oを標準装備しているディストリビューションの対応方法

 ディストリビューション自身に e100.oが含まれている場合、対処方法は簡単です。ロードするモジュールの指定を変更するだけで対応が可能です。/etc/conf.modulesもしくは /etc/modules.conf内の alias eth0 eepro100等の記述を探し eepro100e100に変更しリブートを行ってください。

e100.oを標準装備していないディストリビューションの対応方法

 サイト内リンクこちらで利用するドライバの情報を参照してください。

リブートテストによるロックアップ現象の確認

  • Red Hat 6.1J改訂版…ロックアップ確認
     kernel 2.2.12-32
     eepro100 v1.09l
     IRQ no sharing
  • Red Hat 6.2J…ロックアップ確認
     kernel 2.2.14-5.0
     eepro100 v1.09j-t
     IRQ no sharing
  • TurboLinux 6.0J Server/SOHO…ロックアップ確認
     kernel 2.2.13-10
     eepro100 v1.09l
     IRQ no sharing
  • TurboLinux 6.0J Workstation…ロックアップ確認
     kernel 2.2.13-33
     eepro100 v1.09l
     IRQ no sharing
  • TurboLinux 6.0J Workstation…現在のところ障害は発生していない
     kernel 2.2.13-33
     e100 v1.0.0に換装
     IRQ no sharing
  • Kondara v1.1J…現在のところ障害は発生していない
     kernel 2.2.14-5k
     eepro100 v1.06
     IRQ no sharing

インストール時点でのロックアップ現象の確認

  • Kondara Linux v1.1J…現在のところ障害は発生していない
  • Laser5 6.0J Server Edition…現在のところ障害は発生していない
  • Red Hat 6.0J Server Edition…現在のところ障害は発生していない
  • Red Hat 6.1J…現在のところ障害は発生していない
  • Red Hat 6.1J改訂版…現在のところ障害は発生していない
  • Red Hat 6.2J…現在のところ障害は発生していない
  • TurboLinux 6.0J Workstation…現在のところ障害は発生していない
  • TurboLinux 6.0J Server/SOHO…発生することがある
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項