Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

e1000 v6.2.15a-1ビルド用ドキュメント

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
19-JAN-06, revised 30-MAR-06
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

本バージョンでの主な変更点について

  • 動作確認済ディストリビューションの範囲が広がりました。

注意事項と既知の問題について

  • RHEL3/U7 または RHEL4/U3 に e1000 driver をインストールした場合、/usr/share/hwdata/pci.idsファイルに不整合(entryの重複)が発生し、lspciコマンドがエラーになってしまう問題があります。これは、e1000 driver インストール時の %installスクリプト(e1000.spec)が pci.idsファイルの entry書き換えに失敗するため発生します。
    # lspci
    lspci: /usr/share/hwdata/pci.ids, line 9826: duplicate entry
    #

    この問題は e1000 driver インストール後 /usr/share/hwdata/pci.ids の以下2行(重複したentry)をコメントアウトまたは削除することで回避できます。
        105e 82571EB Gigabit Ethernet Controller <--- '105e' の 'e' は小文字です
        105f 82571EB Gigabit Ethernet Controller <--- '105f' の 'f' は小文字です

  • SMP環境の RHEL4 で e1000 driver sourceをビルドすると下記 warningが表示されます。しかし、ビルドされた e1000 driver moduleは SMP対応になっていますので、この warningは無視してください。
    # rpmbuild -bb SPECS/e1000.spec
    .....
    Makefile: 177: ***
    Makefile: 182: *** Warning: kernel source configuration (UP)
    Makefile: 183: *** does not match running kernel (SMP)
    Makefile: 185: *** Continuing with build,
    Makefile: 186: *** resulting driver may not be what you want
    Makefile: 187: ***
    .....
    #

動作確認済みディストリビューション

x86
Red Hat EL3AS (2.4.21-4.EL 〜 37.EL)*1
Red Hat EL3ES (2.4.21-4.EL 〜 37.EL)*1
Red Hat EL4AS (2.6.9-5.EL 〜 2.6.9-22.0.1.EL)
Red Hat EL4ES (2.6.9-5.EL 〜 2.6.9-22.0.1.EL)
SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0 (2.4.19-120/113 〜 2.4.21-304)
SUSE Enterprise 9
(2.6.5-7.97 〜 2.6.5-7.244)*2


AMD32(athlon)
Red Hat EL3AS (2.4.21-9.EL 〜 2.4.21-37.EL)
Red Hat EL3ES (2.4.21-9.EL 〜 2.4.21-37.EL)
AMD64
Red Hat EL3AS
(2.4.21-9.EL 〜 37.EL)
Red Hat EL3ES
(2.4.21-9.EL 〜 37.EL)
Red Hat EL4AS
(2.6.9-5.EL〜2.6.9-22.0.1.EL)
Red Hat EL4ES
(2.6.9-5.EL〜2.6.9-22.0.1.EL)
SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0 (2.4.19-191〜 2.4.21-304)
SUSE Enterprise 9
(2.6.5-7.97 〜 2.6.5-7.244)*2


EM64T
Red Hat EL3AS
(2.4.21-9 〜 37.EL)
Red Hat EL3ES
(2.4.21-9 〜 37.EL)
Red Hat EL4AS
(2.6.9-5.EL 〜 2.6.9-22.0.1.EL)
Red Hat EL4ES
(2.6.9-5.EL〜2.6.9-22.0.1.EL)
SUSE Enterprise 9
(2.6.5-7.97 〜 2.6.5-7.244)*2
*1 但し、HPがサポートする kernelは 2.4.21-9以降です
*2 ドライバロード時 tainted kernelになります

HPオフィシャルリリースドライバソース

 ネットワークドライバは適時、最新のものにアップデートしてください。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。e1000ドライバは下記利用してビルドします。
HP Tested and Approved e1000 NIC Driver
FILE RPMe1000-6.2.15a-1.src.rpm(ftp-JPN) サイト外リンク(ftp-US)
166K 13-DEC-05
追記 TEXTREADME_hp, TEXTREADME, TEXTldistrib, TEXTman

ビルド方法

Red Hat 3の場合
#cd /usr/src/linux-<kernel_version>
#make mrproper
#make -e KERNELRELEASE='uname -r' oldconfig
#make -e KERNELRELEASE='uname -r' dep
#rpm -ivh e1000-6.2.15a-1.src.rpm
#cd /usr/src/redhat
#rpmbuild -bb SPECS/e1000.spec
#rpm -ivh RPMS/i386/e1000-6.2.15a-1.i386.rpm
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/e1000-6.2.15a-1.x86_64.rpm"です
#
Red Hat 4の場合
kernel source の setup は必要ありません

#rpm -ivh e1000-6.2.15a-1.src.rpm
#cd /usr/src/redhat
#rpmbuild -bb SPECS/e1000.spec
#rpm -ivh RPMS/i386/e1000-6.2.15a-1.i386.rpm
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/e1000-6.2.15a-1.x86_64.rpm"です
#
SUSE8/United Linux 1.0の場合

# cd /usr/src/linux-<kernel_version>
# make mrproper
# make cloneconfig
# make dep
# rpm -ivh e1000-6.2.15a-1.src.rpm
# cd /usr/src/packages
# rpm -bb SPECS/e1000.spec
# rpm -ivh RPMS/i386/e1000-6.2.15a-1.i386.rpm
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/e1000-6.2.15a-1.x86_64.rpm"です
#

SUSE Enterprise 9の場合
# cd /usr/src/linux
# make mrproper
# make cloneconfig
# rpm -ivh e1000-6.2.15a-1.src.rpm
# cd /usr/src/packages
# rpmbuild -bb SPECS/e1000.spec
# rpm -ivh RPMS/i586/e1000-6.2.15a-1.i586.rpm
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/e1000-6.2.15a-1.x86_64.rpm"です
#
Red Hatと United Linuxの場合は、インストールのためにsedパッケージが必要です

NIC設定の確認

e1000 driverの設定/確認は ethtoolコマンドをご使用ください。
 ethtoolコマンド実行例
# ethtool -i eth0
driver: e1000
version: 6.2.15a-NAPI
firmware-version: N/A
bus-info: 0000:01:06.0
# ethtool eth0
Settings for eth0:
    Supported ports: [ TP ]
    Supported link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
                   100baseT/Half 100baseT/Full
                   1000baseT/Full
    Supports auto-negotiation: Yes
    Advertised link modes: 10baseT/Half 10baseT/Full
                    100baseT/Half 100baseT/Full
                    1000baseT/Full
    Advertised auto-negotiation: Yes
    Speed: 1000Mb/s
    Duplex: Full
    Port: Twisted Pair
    PHYAD: 0
    Transceiver: internal
    Auto-negotiation: on
    Supports Wake-on: umbg
    Wake-on: g
    Current message level: 0x00000007 (7)
    Link detected: yes
#
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項