Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

e1000.o v3.0.7-1のビルド方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
Intelシステムでのみ確認、revised 19-OCT-01
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

ビルドする前に...

 e1000.oを buildする前に必要なツールをインストールされている事を確認してください。下記は Red Hat 7.0J/改訂版で必要となるパッケージです(本ページでは Red Hat 7.0J/改訂版を利用することを前提に説明します)。
  • ネットワーク接続ワークステーション
  • ダイアルアップワークステーション
  • ユーティリティ
  • 開発
  • カーネル開発
 上記パッケージの他に、下記ソースが必要です。
  • e1000.o v3.0.7-1用ソース...サイト内リンクこちら
  • kernel-source-2.2.16-22.i386.rpm(CD-ROM #1)
  • kernel-2.2.16-22.src.rpm(CD-ROM #4もしくは サイト外リンクftp://rpmfind.netより:21MB)

HPオフィシャルリリースドライバソース

HP Tested and Approved e1000 Linux NIC Driver
FILE RPMe1000-3.0.7-1.src.rpm(ftp-JPN) サイト外リンク(ftp-US)
85K 16-AUG-01
VERSION 3.0.7-1
SUPPORT NC6132 Gigabit Module, NC6133 Gigabit Module, NC6134 Gigabit NIC, NC6136 Gigabit Server Adapter, NC7131 Gigabit Server Adapter, NC7132 Gigabit Upgrade Modul
OS Red Hat Linux 7.0, Red Hat Linux 7.1, SUSE Linux 7.0, Caldera OpenLinux eServer 3.1
追記 TEXTREADME,TEXTRH70.txt
e1000.oを buildするのに必要なソースです。
解凍後のTEXTREADME

Red Hat 7.0J/改訂版での build (UNI/SMP kernel用)

#cd /usr/src/redhat/SOURCES
#rpm -ivh e1000-3.0.7-1.srm.rpm
#tar xvfz e1000-3.0.7.tar.gz
#cd e1000-3.0.7/src
#make -C /usr/src/linux oldconfig
#make install
  [/usr/src/linux]を指定(通常デフォルト)
  利用する kernelを指定
  [kgcc]利用する compilerを指定(通常デフォルト)
  Intel Advanced Networking Servicesを利用するか"n"に変更
 
#shutdown -r now

UNI kernel利用時には warning messagesが表示されます

Red Hat 7.0J/改訂版での build (Enterprise kernel用)

#rpm -ivh kernel-source-2.2.16-22.i386.rpm
#rpm -ivh kernel-2.2.16-22.src.rpm
#cd /usr/src
#mkdir linux-2.2.16enterprise
#cp -a linux-2.2.16/* linux-2.2.16enterprise
#ln -s -f linux-2.2.16enterprise linux
#patch -p0 < redhat/SOURCES/linux-2.2.16-lfs-bigmem.patch
#patch -p0 < redhat/SOURCES/linux-2.2.16-lfs.patch(SPARC用 patchは全て skip)
#cd linux
#make mrproper
#cp configs/kernel-2.2.16-i686-enterprise.config .config
#make oldconfig
#make dep
 
#cd /usr/src/redhat/SOURCES
#rpm -ivh e1000-3.0.7-1.srm.rpm
#tar xvfz e1000-3.0.7.tar.gz
#cd e1000-3.0.7/src
#make install
  [/usr/src/linux]を指定(通常デフォルト)
  利用する kernelを指定
  [kgcc]利用する compilerを指定(通常デフォルト)
  Intel Advanced Networking Servicesを利用するか"n"に変更
 
#cd /lib/modules/2.2.16-22enterprise/net
#mv e1000.o e1000.o.org
#cp /usr/src/redhat/SOURCES/e1000-3.0.7/src/e1000.o ./
 
#shutdown -r now
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項