Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

e1000.o v3.0.10のビルド方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
Intelシステムでのみ確認、25-JUL-01
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

ビルド確認済みディストリビューション

 後述する方法で e1000.o v3.0.10がビルド可能なことを確認しているのは下記のディストリビューションになります。
  • Kondara MNU/Linux 2000J(UNI/SMP kernel)
  • Kondara MNU/Linux 1.1J Server(UNI/SMP kernel)
  • Miracle LINUX Standard Edition V1.1(UNI/SMP kernel)
  • Red Hat Linux 6.2E(UNI/SMP kernel)
  • Red Hat Linux 6.2J(UNI/SMP kernel)
  • Red Hat Linux 6.2J改訂版(UNI/SMP kernel)
  • Turbolinux 6.5J Server(UNI/SMP kernel)

e1000.oのビルド例(Red Hat 6.2J)

  • e1000-3.0.10.tar.gzを解凍します。
    #tar xvfz e1000-3.0.10.tar.gz

  • モジュールをビルドします。
    #cd e1000.3.0.10/src
    #make

  • 現在ロードしているモジュールを #lsmodで確認します。e1000がロードされていたら #rmmod e1000としてアンロードします。

  • モジュールのロードを行いテストします。下記のメッセージが表示されます。
    #insmod ./e1000.o
     
    Intel(R) PRO/1000 Network Driver - version 3.0.10
    Copyright(c) 1999-2001 Intel Corporation
     
    Compaq Gigabit Ethernet Server Adapter
    eth2: Mem:0xf4fc0000 IRQ:3 Speed:N/A Duplex:N/A
    #

  • モジュールのインストールを行います。
    #make install

  • モジュールロード用の設定ファイルに e1000の aliasを追加します。システム構成に合わせて alias numberは変更してください。
     alias scsi_hostadapter cpqarray
     alias eth0 e100
     alias eth1 e100
     alias eth2 e1000 追加
     alias parport_lowlevel parport_pc

  • システムを再起動し、#netconf等でネットワークの設定を行った後、ping等でネットワークが利用できることを確認してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項