Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

bonding interfaceスタートアップ時のワーニングについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 22-NOV-04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは、bonding interfaceスタートアップ時にワーニングメッセージが発生する問題についての原因と注意点を説明します。

対象環境

  • Red Hat EL3 + initscripts-7.31.16.EL-1未満
  • Red Hat EL2.1 + initscripts-6.47.5-1 〜 6.47.8-1
  • Miracle Linux V3.0 + 全ての initscripts version

概要

  Red Hat系ディストリビューションで bonding deviceを利用した時、bonding interfaceスタートアップ時にワーニングメッセージが出力される場合があります。この現象は、特定の initscripts versionとの組み合わせによって発生しますが、teaming機能に影響はありません。
[server name] ifup: Enslaving eth0 to bond0
[server name] ifup: Something broke getting the master's IP address: Cannot assign requested address.
[server name] kernel: bond0: enslaving eth0 as a backup interface with a down link.
[server name] ifup: Something broke getting the master's destination address: Cannot assign requested address.
[server name] ifup: Something broke getting the master's broadcast address: Cannot assign requested address.
[server name] ifup: Something broke getting the master's netmask: Cannot assign requested address.
[server name] ifup: Something broke setting the slave's address: Invalid argument.
[server name] ifup: Error setting the slave (eth0) with SIOCSIFDSTADDR: Invalid argument.
[server name] ifup: Something broke setting the slave (eth0) broadcast address: Invalid argument.
[server name] ifup: Something broke setting the slave (eth0) netmask: Invalid argument.
[server name] kernel: ip_tables: (C) 2000-2002 Netfilter core team
[server name] kernel: e100: eth0 NIC Link is Up 100 Mbps Full duplex
[server name] kernel: bond0: link status definitely up for interface eth0.
[server name] kernel: bond0: making interface eth0 the new active one.
[server name] network: Bringing up interface bond0: succeeded

ネットワーク起動スクリプトのシーケンスについて

 bonding interfaceの正しい設定手順は以下の通りとなります。

1) master deviceへIP情報を設定
  2) ifenslaveコマンドを使用して slave deviceを master deviceへ attach
※attachの際、master deviceのIP情報を slave deviceへ設定

 ワーニングメッセージの発生しない環境では、ネットワーク起動スクリプトのシーケンス(下図参照)が、先の設定手順に従っています。しかし、Red Hat EL3(initscripts-7.31.16.EL-1未満)や Red Hat EL21(initscripts-6.47.5-1〜6.47.8-1)等のようにワーニングメッセージの発生する環境(下図参照)では、master device(この場合 bond0)へ IP情報が設定される前に、ifenslaveが slave deviceの attachを試みるため master deviceのIP情報を取得することができず、slave deviceに対して何も設定することができません。この時、/var/log/messages へワーニングメッセージがログされる現象が発生します。

 master deviceの IP情報は、slave deviceへの attach処理が終了した後に設定されるので、最終的に master deviceのみがIP情報を持つことになります。

master device bond0 に対して slave device eth0,eth1 をattach する例

【ワーニングメッセージの発生する環境】 【ワーニングメッセージの発生しない環境1】
【ワーニングメッセージの発生する環境】   【ワーニングメッセージの発生しない環境1】
【ワーニングメッセージの発生しない環境2】  
【ワーニングメッセージの発生しない環境2】  

SNMPで bonding interfaceを管理する場合の注意点

 slave deviceに IPアドレスが設定されていないため、NIC関連の Trapの IPアドレスが 0.0.0.0 として扱われます。このようなケースが問題になる場合、再enslaveして slave device に IPアドレスを assign してください。

再enslaveの例:
  # slave device を detach します。
/sbin/ifenslave -d bond0 eth0 eth1
# slave device を attach し、slave device へ master deviceのIP設定を反映します。
/sbin/ifenslave bond0 eth0 eth1
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項