Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

bondingドライバの違いについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
15-MAR-07, revised 20-FEB-09
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

boding利用時の設定項目の概要

 bondingドライバの設定可能な項目は大まかに下記の 3つになります。
  • 負荷分散や冗長化のためのモードが 7つ用意されている
  • 障害発生をチェックするための監視モードが 2つ用意されている
  • NICの link up/downの検出方法のモードが 2つ用意されている

bondingのモードについて

mode 名称 負荷分散 冗長性 異なる
speed/duplex
設定の混在
primary
指定 
Switch
機能 
監視
モード
slave MAC
アドレス注2
送信 受信 MII ARP
0 balance-rr SW依存   ×注3 × Ether Channel A
全スレーブを順繰り(ラウンドロビン)に使ってパケットを送信。
送信のみ負荷分散。
1 active-backup × × 不要 A,C
1つのスレーブのみを active interfaceとしパケットを送信。
active interfaceに障害が発生した場合、他の backup slave を active interfaceに切り替え、冗長性を確保。
2 balance-xor   △注1 SW依存   ×注3 × Ether Channel A
送信元/先 MACアドレスを元に送信スレーブを決定しパケットを送信。
送信のみ負荷分散。
3 broadcast SW依存 不明 × 要(設定不明) A
全スレーブに同一パケットを送信。
このモードは通常の用途で使用されないので無視。
4 802.3ad   △注1 SW依存   △注4 × 802.3ad × A
IEEE 802.3ad(LACP)に準拠したリンクアグリゲーション。
5 balance-tlb SW依存 不要 × B
スレーブの負荷に応じて送信スレーブを決定しパケットを送信。
送信のみ負荷分散。
6 balance-alb 不要 × B
balance-tlbの機能に加え、受信も負荷分散。
注1 負荷分散アルゴリズムが XORスタイルのためトラフィックが偏る場合がある
注2 A = Master Interface の MACアドレスが設定される
B = 受信スレーブが失敗した場合、別スレーブが失敗した受信スレーブの MACアドレスを引き継ぐ
C = fail_over_macが有効な場合、slave interface自身の MACアドレスが設定される
注3 Ether Channel の仕様により speed/duplex設定は同一でなければならない
注4 LACP によって同一設定 NIC がグルーピングされる

ディストリビューション毎の bondingドライバの特徴と推奨ドライバについて

HP提供の bondingについて
HP提供のものは、初期の bondingドライバをバグ修正したものです。
  • モードは 0〜3の 4つのみ
  • arp_ip_targetの設定が 16ではなく 1つしか設定できない
  • link up/downの検出方法の指定が出来ない
  • bonding I/Fの statusを確認するディレクトリ位置が異なる
  • HW VLAN未対応
  • netdump未対応
RHEL2.1装備の bondingについて
  • active-backupモードライクでのみ動作
  • kernel自体が VLAN未対応
  • netdump未対応

  =推奨= RHEL2.1装備の bondingではなく、HP提供の bondingドライバを(v1.0.4v)利用する


RHEL3装備の bondingについて
  • bondingドライバの基本機能が実装される
  • U4で HW VLAN acceleation対応
  • U4で multicast option削除
  • U6で netdump対応
  • U6の場合、iputils-20020927-11.30.5以上にアップデートしないと bonding I/Fの作成に失敗する

  =推奨= RHEL3/U4以降なら HP提供の bondingではなく、Red Hat提供のものを使う。
        U4未満ならどちらでも構わない。


RHEL4装備の bondingについて
  • sysfs経由での bonding interfaceステータス情報取得可能
  • HW VLAN acceleation対応
  • 複数の bonding I/Fは U2以降が必要
     RedHat社の Knowledgebase 日本HP外のウェブサイトへ が2007/12にアップデートされ max_bondsの利用もサポートとなりました。
  • U4で xmit_hash_policy option追加
  • U4で gratuitous arp対応し MII監視時の通信断に対応
  • U6で netdump可能(netdump対応はU4から)
     RHEL4/U6未満で netdump clientのシステムメモリが一定量を超えた場合、メモリイメージ転送が途中で停止する問題を確認しました。問題が発生するシステムメモリ容量は環境によって 128MB〜512MB以上と異なります。このため事実上 RHEL4/U6未満を利用した bonding interface経路の netdumpは利用できません。
  • U6で arp_validate option追加
  • U7で fail_over_mac option追加

  =推奨= HPは RHEL4用に bondingの独自提供をしていないので Red Hat提供のものを使う。


RHEL5装備の bondingについて
  • sysfs経由でのbonding interface設定およびステータス情報取得可能
  • インターフェイス設定ファイルにbondingパラメータ設定用のBONDING_OPTS追加
  • HW VLAN acceleation対応
  • gratuitous arp対応し MII監視時の通信断に対応
  • 5.1(U1)で arp_validate option追加
  • 5.2(U2)で fail_over_mac option追加

  =推奨= HPは RHEL5用に bondingの独自提供をしていないので Red Hat提供のものを使う。


SLES9装備の bondingについて
  • sysfs経由でのbonding interfaceステータス情報取得可能
  • HW VLAN acceleation対応
  • netdump(LKCD)未対応
  • SP3で xmit_hash_policy option追加
  • SP3で gratuitous arp対応し MII監視時の通信断に対応
  • SP4で arp_validate option追加

  =推奨= HPは SLES9用に bondingの独自提供をしていないので SUSE提供のものを使う。


SLES10装備の bondingについて
  • sysfs経由でのbonding interface設定およびステータス情報取得可能
  • インターフェイス設定ファイルにbondingパラメータ設定用のBONDING_OPTS追加
  • HW VLAN acceleation対応
  • gratuitous arp対応し MII監視時の通信断に対応
  • SP1で bonding interfaceが yastで作成可能
  • SP2で arp_validate option追加

  =推奨= HPは SLES10用に bondingの独自提供をしていないので SUSE提供のものを使う。

bonding ドライバ機能一覧

拡張機能
  kernel version driver version HW VLAN
Acceleration対応
netdump
対応
gratuitous arp
対応
HP製 1.0.4z-1 × × ×
RHEL21/
BASE〜U7
2.4.18-e.3 〜
2.4.18-e.62
0.2注1 × × ×
RHEL3/GA 2.4.21-4 2.2.14 × × ×
RHEL3/U1 2.4.21-9 2.2.14 × × ×
RHEL3/U2 2.4.21-15 2.4.1 × × ×
RHEL3/U3 2.4.21-20 2.4.1 × × ×
RHEL3/U4 2.4.21-27 2.6.0 × ×
RHEL3/U5 2.4.21-32 2.6.0 × ×
RHEL3/U6 2.4.21-37 2.6.0 ×
RHEL3/U7 2.4.21-40 2.6.0 ×
RHEL3/U8 2.4.21-47 2.6.0 ×
RHEL3/U9 2.4.21-50 2.6.0 ×
RHEL4/GA 2.6.9-5 2.6.0 × ×
RHEL4/U1 2.6.9-11 2.6.1 × ×
RHEL4/U2 2.6.9-22 2.6.1 × ×
RHEL4/U3 2.6.9-34 2.6.1 × ×
RHEL4/U4 2.6.9-42 2.6.3
RHEL4/U5 2.6.9-55 2.6.3-rh ×
RHEL4/U6 2.6.9-67 2.6.3-rh
RHEL4/U7 2.6.9-78 2.6.3-rh
RHEL5 2.6.18-8 3.0.3 N/A
RHEL5/U1 2.6.18-53 3.1.2 N/A
RHEL5/U2 2.6.18-92 3.2.4 N/A
RHEL5/U3 2.6.18-128 3.2.4 N/A
SLES9/GA 2.6.5-7.104 2.6.0 × ×
SLES9/SP1 2.6.5-7.139 2.6.0 × ×
SLES9/SP2 2.6.5-7.191 2.6.0 × ×
SLES9/SP3 2.6.5-7.244 2.6.5 ×
SLES9/SP4 2.6.5-7.308 2.6.5 ×
SLES10 2.6.16.21-0.8 3.0.1 N/A
SLES10/SP1 2.6.16.46-0.12 3.0.1 N/A
SLES10/SP2 2.6.16.60-0.21 3.0.3 N/A

指定可能 mode

 

kernel version driver version balance
-rr
(0)
active-backup
(1)
balance-
xor
(2)
boadcast
(3)
802.3ad
(4)
balance-
tlb
(5)
balance-
alb
(6)
HP製 1.0.4z-1 × × ×
RHEL21/
BASE〜U7
2.4.18-e.3 〜
2.4.18-e.62
0.2注1 × × × × × × ×
RHEL3/GA 2.4.21-4 2.2.14
RHEL3/U1 2.4.21-9 2.2.14
RHEL3/U2 2.4.21-15 2.4.1
RHEL3/U3 2.4.21-20 2.4.1
RHEL3/U4 2.4.21-27 2.6.0
RHEL3/U5 2.4.21-32 2.6.0
RHEL3/U6 2.4.21-37 2.6.0
RHEL3/U7 2.4.21-40 2.6.0
RHEL3/U8 2.4.21-47 2.6.0
RHEL3/U9 2.4.21-50 2.6.0
RHEL4/GA 2.6.9-5 2.6.0
RHEL4/U1 2.6.9-11 2.6.1
RHEL4/U2 2.6.9-22 2.6.1
RHEL4/U3 2.6.9-34 2.6.1
RHEL4/U4 2.6.9-42 2.6.3
RHEL4/U5 2.6.9-55 2.6.3-rh
RHEL4/U6 2.6.9-67 2.6.3-rh
RHEL4/U7 2.6.9-78 2.6.3-rh
RHEL5 2.6.18-8 3.0.3
RHEL5/U1 2.6.18-53 3.1.2
RHEL5/U2 2.6.18-92 3.2.4
RHEL5/U3 2.6.18-128 3.2.4
SLES9/GA 2.6.5-7.104 2.6.0
SLES9/SP1 2.6.5-7.139 2.6.0
SLES9/SP2 2.6.5-7.191 2.6.0
SLES9/SP3 2.6.5-7.244 2.6.5
SLES9/SP4 2.6.5-7.308 2.6.5
SLES10 2.6.16.21-0.8 3.0.1
SLES10/SP1 2.6.16.46-0.12 3.0.1
SLES10/SP2 2.6.16.60-0.21 3.0.3

指定可能 driver option

 

kernel version driver version max_bonds mii_mon updelay downdelay use_carrier mode primary
HP製 1.0.4z-1 ×
RHEL21/
BASE〜U7
2.4.18-e.3 〜
2.4.18-e.62
0.2注1 × × × × × × ×
RHEL3/GA 2.4.21-4 2.2.14
RHEL3/U1 2.4.21-9 2.2.14
RHEL3/U2 2.4.21-15 2.4.1
RHEL3/U3 2.4.21-20 2.4.1
RHEL3/U4 2.4.21-27 2.6.0
RHEL3/U5 2.4.21-32 2.6.0
RHEL3/U6 2.4.21-37 2.6.0
RHEL3/U7 2.4.21-40 2.6.0
RHEL3/U8 2.4.21-47 2.6.0
RHEL3/U9 2.4.21-50 2.6.0
RHEL4/GA 2.6.9-5 2.6.0
RHEL4/U1 2.6.9-11 2.6.1
RHEL4/U2 2.6.9-22 2.6.1
RHEL4/U3 2.6.9-34 2.6.1
RHEL4/U4 2.6.9-42 2.6.3
RHEL4/U5 2.6.9-55 2.6.3-rh
RHEL4/U6 2.6.9-67 2.6.3-rh
RHEL4/U7 2.6.9-78 2.6.3-rh
RHEL5 2.6.18-8 3.0.3
RHEL5/U1 2.6.18-53 3.1.2
RHEL5/U2 2.6.18-92 3.2.4
RHEL5/U3 2.6.18-128 3.2.4
SLES9/GA 2.6.5-7.104 2.6.0
SLES9/SP1 2.6.5-7.139 2.6.0
SLES9/SP2 2.6.5-7.191 2.6.0
SLES9/SP3 2.6.5-7.244 2.6.5
SLES9/SP4 2.6.5-7.308 2.6.5
SLES10 2.6.16.21-0.8 3.0.1
SLES10/SP1 2.6.16.46-0.12 3.0.1
SLES10/SP2 2.6.16.60-0.21 3.0.3

指定可能 driver option

 

kernel version driver version lacp_rate multicast xmit_
hash_policy
arp_
interval
arp_ip_
taget 注2
arp_
validate
fail_
over_mac
HP製 1.0.4z-1 × × ○(1) × ×
RHEL21/
BASE〜U7
2.4.18-e.3 〜
2.4.18-e.62
0.2注1 × × × × × × ×
RHEL3/GA 2.4.21-4 2.2.14 × ○(16) × ×
RHEL3/U1 2.4.21-9 2.2.14 × ○(16) × ×
RHEL3/U2 2.4.21-15 2.4.1 × ○(16) × ×
RHEL3/U3 2.4.21-20 2.4.1 × ○(16) × ×
RHEL3/U4 2.4.21-27 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL3/U5 2.4.21-32 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL3/U6 2.4.21-37 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL3/U7 2.4.21-40 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL3/U8 2.4.21-47 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL3/U9 2.4.21-50 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL4/GA 2.6.9-5 2.6.0 × × ○(16) × ×
RHEL4/U1 2.6.9-11 2.6.1 × × ○(16) × ×
RHEL4/U2 2.6.9-22 2.6.1 × × ○(16) × ×
RHEL4/U3 2.6.9-34 2.6.1 × × ○(16) × ×
RHEL4/U4 2.6.9-42 2.6.3 × ○(16) × ×
RHEL4/U5 2.6.9-55 2.6.3-rh × ○(16) × ×
RHEL4/U6 2.6.9-67 2.6.3-rh × ○(16) ×
RHEL4/U7 2.6.9-78 2.6.3-rh × ○(16)
RHEL5 2.6.18-8 3.0.3 × ○(16) × ×
RHEL5/U1 2.6.18-53 3.1.2 × ○(16) ×
RHEL5/U2 2.6.18-92 3.2.4 × ○(16)
RHEL5/U3 2.6.18-128 3.2.4 × ○(16)
SLES9/GA 2.6.5-7.104 2.6.0 × × ○(16) × ×
SLES9/SP1 2.6.5-7.139 2.6.0 × × ○(16) × ×
SLES9/SP2 2.6.5-7.191 2.6.0 × × ○(16) × ×
SLES9/SP3 2.6.5-7.244 2.6.5 × ○(16) × ×
SLES9/SP4 2.6.5-7.308 2.6.5 × ○(16) ×
SLES10 2.6.16.21-0.8 3.0.1 × ○(16) × ×
SLES10/SP1 2.6.16.46-0.12 3.0.1 × ○(16) × ×
SLES10/SP2 2.6.16.60-0.21 3.0.3 × ○(16) ×
注1 明確なバージョンが定義されていないので bonding draiverソースコードコメントから引用
注2 ( )内は arp_ip_targetで指定できるIPの数
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項