Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

bondingドライバとbcm5700ドライバでのワーニングメッセージについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 03-SEP-04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは、bondingドライバのスレーブデバイスとして bcm5700を使用した時にワーニングメッセージが出力される問題について説明します。

 bcm5700-7.2.24e-1から、ドライバopen後6秒間のioctl()処理の動作をモジュールオプション(delay_link)で制御できるようになりました。デフォルト動作(delay_link=0)では、ioctl()の結果として実際のNIC portリンク状態を返すため、本ページで説明するワーニングメッセージが出力されなくなりました。なお、デフォルト動作で問題がある場合は delay_link=1 にすることで -EOPNOSUPP を返すように設定できます。delay_linkオプションの詳細については README をご覧ください。

動作確認環境

  • Red Hat EL 2.1
  • Red Hat EL 3 AS QU1
  • bonding v1.0.4g-1
  • bcm5700 v 7.1.9c-1
+
他のディストリビューションを利用した同等環境でも同様に発生すると思われます

概要

 bondingドライバに miimonオプション (MII監視)を指定し、スレーブデバイスに bcm5700ドライバを使用した場合、マスターデバイスへスレーブデバイスを enslave する時に下記のメッセージが出力されます。

Apr 1 14:04:48 localhost kernel: bond_enslave(): MII and ETHTOOL support not available for interface eth2, and arp_interval/arp_ip_target module parameters not specified, thus bonding will not detect link failures! see bonding.txt for details.

 bondingドライバは、bcm5700ドライバが MII/ETHTOOLをサポートしているにも関わらず、“MII/ETHTOOLを利用できない”と認識してしまいます。しかし、arp_interval/arp_ip_targetオプション(arp監視)が指定された場合は、このようなワーニングメッセージは出力されません。

 これは、MII監視モードを指定された bondingドライバが、スレーブデバイスを enslaveするときに スレーブデバイスが MII/ETHTOOLをサポートしているか確認するために発行する ioctl()コマンド(注1)が失敗するためです。bcm5700ドライバは open(インターフェイスが up)されてから6秒間、MII/ETHTOOLコマンドを受け付けない(注2)ため、bondingドライバはスレーブデバイスの機能を誤認識してしまいます。これらのシーケンスは“bondingドライバ、bcm5700ドライバの起動ダイアグラム”を参照してください。


(注1): 対象となるコマンドは ETHTOOL_GLINK, SIOCGMIIPHY, SIOCGMIIREGの3つです
(注2): ioctl()のリターン値として -EOPNOTSUPP を返します

回避策

 bcm5700ドライバが open(インターフェイスが up)してから 6秒経過すると、bondingドライバは正常にMII/ETHTOOLのリンクステータスを取得できますので、運用上の問題はありません。

bondingドライバ、bcm5700ドライバの起動ダイアグラム

bondingドライバ、bcm5700ドライバの起動ダイアグラム
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡