Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

bcm5700 v8.3.17b-1/v8.3.17c-1ビルド用ドキュメント

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
16-MAY-06, revised 01-JUN-06
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

本バージョンでの主な変更点について

  • 動作確認済ディストリビューションの範囲が広がりました。
  • v8.3.17b-1 から v8.3.17c-1の変更点は NC325m/NC326mメザニンカードのサポートのみです。機能的な変更はありません。

動作確認済みディストリビューション

x86
Red Hat EL3AS(2.4.21-4.EL〜2.4.21-40.EL)*1
Red Hat EL3ES(2.4.21-4.EL〜2.4.21-40.EL)*1
Red Hat EL4AS(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
Red Hat EL4ES(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
SUSE Enterprise 8(2.4.19-120/113〜2.4.21-304)
SUSE Enterprise 9(2.6.5-7.97〜2.6.5-7.252)*2*3


AMD64
Red Hat EL3AS(2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)
Red Hat EL3ES(2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)
Red Hat EL4AS(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
Red Hat EL4ES(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
SUSE Enterprise 8(2.4.19-191〜 2.4.21-304)
SUSE Enterprise 9(2.6.5-7.97〜2.6.5-7.252)*2*3
AMD32(athlon)
Red Hat EL3AS (2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)
Red Hat EL3ES (2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)






EM64T
Red Hat EL3AS(2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)
Red Hat EL3ES(2.4.21-9.EL〜2.4.21-40.EL)
Red Hat EL4AS(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
Red Hat EL4ES(2.6.9-5.EL〜2.6.9-34.EL)
SUSE Enterprise 9(2.6.5-7.97〜2.6.5-7.252)*2*3
*1 但し、HPがサポートする kernelは 2.4.21-9以降です
*2 ドライバロード時 tainted kernelになります
*3 FTP転送速度が極端に遅い問題が確認されています。回避策はサイト内リンクこちらを参照してください

ビルド方法

Red Hat 3の場合
#cd /usr/src/linux-<kernel_version>
#make mrproper
#make -e KERNELRELEASE=`uname -r` oldconfig
#make -e KERNELRELEASE=`uname -r` dep
#rpm -ivh bcm5700-8.3.17b-1.src.rpm
#cd /usr/src/redhat
#rpmbuild -bb SPECS/bcm5700.spec
#rpm -ivh RPMS/i386/bcm5700-8.3.17b-1.i386.rpm --force
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/bcm5700-8.3.17b-1.x86_64.rpm --force"です
#
Red Hat 4の場合
kernel source の setup は必要ありません

#rpm -ivh bcm5700-8.3.17b-1.src.rpm
#cd /usr/src/redhat
#rpmbuild -bb SPECS/bcm5700.spec
#rpm -ivh RPMS/i386/bcm5700-8.3.17b-1.i386.rpm --force
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/bcm5700-8.3.17b-1.x86_64.rpm --force"です
#
SUSE8/United Linux 1.0の場合
# cd /usr/src/linux-<kernel_version>
# make mrproper
# make cloneconfig
# make dep
# rpm -ivh bcm5700-8.3.17b-1.src.rpm
# cd /usr/src/packages
# rpm -bb SPECS/bcm5700.spec
# rpm -ivh RPMS/i386/bcm5700-8.3.17b-1.i386.rpm --force
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/bcm5700-8.3.17b-1.x86_64.rpm --force"です
#
SUSE Enterprise 9の場合
#cd /usr/src/linux
# make mrproper
# make cloneconfig
# rpm -ivh bcm5700-8.3.17b-1.src.rpm
# cd /usr/src/packages
#rpmbuild -bb SPECS/bcm5700.spec
# rpm -ivh RPMS/i586/bcm5700-8.3.17b-1.i586.rpm --force
 ⇒ 64bit kernelの場合、"rpm -ivh RPMS/x86_64/bcm5700-8.3.17b-1.x86_64.rpm --force"です
#
旧バージョンのパッケージがインストールされている場合、パッケージを uninstallしてからビルドしてください

ネットワークの設定方法

 インストール時点でコントローラを自動認識できない構成の場合、上記の方法でドライバを稼動させ eth0等の設定を下記の方法で行ないます。 SUSE Enterprise 9の場合はサイト内リンクこちらをご覧ください。
  • #linuxconf#netconfig等のツールを利用してネットワークの設定を行います。ツールが導入されていない場合、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0もしくは、下記の例を参考に ifcfg-ethNを作成・設定してください。
固定 IPアドレスの場合 DHCPから取得する場合
DEVICE=eth1
BROADCAST=xx.xx.xx.xx
IPADDR=xx.xx.xx.xx
NETMASK=xx.xx.xx.xx
NETWORK=xx.xx.xx.xx
ONBOOT=yes
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
  • #/etc/rc.d/init.d/network restartとしネットワークサービスを再起動します。

  • #vi /etc/modules.confで設定ファイルを開き、alias eth0 bcm5700の 1行を追加します。eth1を利用する場合は alias eth1 bcm5700も追加してください。

  • システムを再起動し、ネットワークが正常に動作している事を確認します。

ダウンロード

PSP-Ready   本ソフトウェアは ProLiant Support Pack(PSP)に対応しておりv7.50, v7.51に同梱されています。

 下記はドライバパックから抜き出した README等です。
 v8.3.17b-1:TEXTREADME_hp, TEXTREADME, TEXTrelease, TEXTldistrib, TEXTman
 v8.3.17c-1:TEXTREADME_hp, TEXTREADME, TEXTrelease, TEXTldistrib, TEXTman

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項