Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Fibre Channelについての技術情報
ProLiant向け情報 (旧版ドライバー)

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
 下記の文書は旧版です。最新版の技術文書とドライバーモジュールに関しては サイト内リンクこちらをご覧ください。

qla2x00ドライバー関連

MSA1000, MSA1500関連

RA4100関連

MA8000/EMA12000関連

Fibre-to-SCSI関連

Qlogicドライバー関連

 Qlogicドライバー リリースノート












































Qlogic用 qla2300.o/qla2300.ko/qla2400.koドライバーソースキット
DRIVER v7.07.03p3-19a- RHEL3, SLES8用
v8.01.03p4-20b - RHEL4, SLES9用
15-JUN-2006
追記
PSP-Ready  本ソフトウェアは ProLiant Support Pack(PSP)に対応しておりサイト内リンクv7.52に同梱されています。
 kernel2.4(RHEL3とSLE8)で multi-path構成時、Failover実行時の copy処理再開までに時間がかかる場合があります。
 この問題は4Gb Fibre Channel(Qlogic)〜SANスイッチ間のケーブル断線時の Failover動作で発生する事を確認しています(copy処理再開まで通常約30秒→約4分半)。
 2Gb Fibre Channelでは問題ありません。

 x86_64版 kernel2.6(RHEL4とSLES9)では、SANSurfer v2.00.30b66-1/v2.00.30b78-1が正常に起動できません。hpasmを一旦停止し SANSurfer v2.00.30b66-1/v2.00.30b78-1をインストールする事で、正常に起動できるようになります。




Qlogic用 qla2300.o/.koドライバーソースキット
DRIVER v7.05.00-9 - RHEL21, RHEL3, SLES8用
v8.00.02-11 - RHEL4, SLES9用
04-MAY-2005
追記
PSP-Ready  本ソフトウェアは ProLiant Support Pack(PSP)に対応しており サイト内リンクv7.30に同梱されています。

Emulexドライバー関連

 Emulex ホストバスアダプター リリースノート














































Brocadeドライバー関連

 Brocadeホストバスアダプター リリースノート



cpqfcドライバーダウンロード(RPM)

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項