Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

qla2x00.oの構成ルールについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
26-NOV-01
for qla2x00
 本ページでは 64bit/66MHz Fibre Channel Host Bus Adapter(Q Logicコントローラ)を利用するための qla2x00.oの構成ルールについて記述します。
infomation  本ルールとは別に、qla2x00.oドライバのバージョン毎の制限も合わせて、サイト内リンクこちらでご確認ください。

qla2x00.oドライバ側の制限 v4.28b

  • 本バージョンドライバの識別可能な LUNの最大数は 32(D1D16, D101D116が利用可能)
  • ホスト接続数の最大数は、本バージョンドライバの LUNの最大数(32)に影響を受ける
  • ストレージセットの最大数は、本バージョンドライバの LUNの最大数(32)に影響を受ける
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項