Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

HSG80コントローラ v8.5Fの構成規則

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 23-OCT-01
HSG80  本ページでは StorageWorks Modular Array 8000(MA8000), Enterprise Modular Array 12000(EMA12000)の RAIDコントローラである HSG80の構成仕様に関して説明いたします。
infomation  本ルールとは別に、qla2x00.oドライバのバージョン毎の制限も合わせて、こちらでご確認ください。

HSG80のコンフィギュレーションルール v8.5F

  • Maximum 128 visible LUNs
  • Maximum 200 assignable unit numbers
  • Maximum 512GB LUN capacity
  • Maximum 72 physical devices
  • Maximum 20 RAID-5 storagesets
  • Maximum 30 RAID-5 and RAID-1 storagesets
  • Maximum 45 RAID-5,RAID-1,and RAID-0 storagesets
  • Maximum 8 partitions of a storageset or individual disk
  • Maximum 6 members per mirrorset
  • Maximum 14 members per RAID-5 storageset
  • Maximum 24 members per Stripeset
  • Maximum 48 physical devices per striped mirrorset
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項