Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

qla2x00ドライバのインストール方法
Solution Software v8.6 for Linux/Alpha
Red Hat用

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 24-OCT-01
Qlogic HBA
 本ページでは、qla2x00.oドライバを利用する方法を記述します。HBA(host bus adapter)の製品仕様、対応ディストリビューション等についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

設定手順のおおまかな流れ

1 Linuxのインストール
2 FC HBAをサーバにインストール
3 FC HBAの BIOS設定
4 HSG80コントローラのケーブリング
5 サーバーの起動
6 HSG80コントローラの設定
7 Solution Software v8.6 をサーバにインストール
8 SWCC agentの設定
9   システムのリブート
10 SWCC clientのインストールおよび設定
11 fdiskと mke2fsの実行
attention  まず、構成予定のシステムが HSG80コントローラ v8.6の構成規則qla2x00.oドライバの構成規則用件に合致しているかどうかサイト内リンクこちらで確認してください。

1-Linuxのインストール

 AlphaServerに Linuxをインストールします。Enterprise/Modular Storage RAID Array Solution Software v8.6 for Linux/Alphaでサポートされるディストリビューションは下記になります。
  • Red Hat Linux 6.2E
  • Red Hat Linux 7.0E
  • Kondara MNU/Linux 2000*
*Kondara MNU/Linux 2000Jに関してはサイト内リンクこちらをご覧ください。

 インストール終了後、SWCC Clientとなる Windowsマシンの IPアドレスとホスト名を /etc/hostsに追加します。

2-FC HBAをサーバにインストール

 AlphaServerに 64bit/66MHz Fibre Channelホストバスアダプタを装着します。

3-FC HBAの BIOS設定

 FC HBA のBIOS設定は、SRMコンソールより Fast!Utilを起動し行います。このとき SRMバージョンは 5.9以上である必要があります。SRMバージョンとデバイス名の確認は下記の方法で行います。下記の例では pya0が FC HBAのデバイス名になります。
>>> show version
 version V5.9-x Mon DD YYYY HH:MM:SS
 
>>> show bios
 Resetting I/O buses...
  pkc0.7.0.6.0 - Adaptec AIC-7895
  vba0.0.0.7.0 - ELSA Gloria Synergy
  pya0.0.0.9.0 - Qlogic QLA2200
  pka0.7.0.7.1 - NCR 53C895
  pkb0.7.0.8.1 - Qlogic ISP10x0
 
 Fast!Utilの起動は下記の方法で行います。システム構成によってはコンソールに Runbios available only prior to booting. Reinit system and try again.と表示されます。この場合は>>> initを実行してから、再度 >>> run bios pya0を実行してください。
>>> run bios pya0
 
 Press <Alt-Q> for Fast!UTILと表示されたら、<Alt>+<Q>を押して Fast!Utilを起動します。

 Fibre Channel HBAの BIOS設定の詳細については、「MA8000/EMA12000 Fibre Channel Solution Software v8.6 for Linux/Alpha」に付属の「HSG80 Enterprise/Modular Storage RAID Array Fibre Channel Solution Software version 8.6 for Linux Alpha Release Notes」の 14ページ以降にある「Host Adapter BIOS Settings」を参照してください。なお、Fibre Channel Fabricモードと Fibre Channel Arbitrated Loopモードでは設定が異なりますので、ご注意ください。

4-HSG80コントローラのケーブリング

 HSG80コントローラと Fibre Channel集線装置をケーブリングします。
 
 HSG80の設定で Tranparent Failover(FC-AL-SWITCHもしくは FC-SWITCHを 1ヶだけ利用する)モードで利用される場合のケーブリング方法は、添付のマニュアルには記載がありません。この場合、HSG80の port-A, port-Bからのケーブリングは両方共、FC-AL-SWITCHもしくは FC-SWITCHに接続します。
 
 この時点では AlphaServerに装着した FC HBAにはケーブリングしないでください。

5-サーバの起動

 システムの起動後 rootでログインしてください。

6-HSG80コントローラの設定

 HSG80コントローラの設定は、AlphaServerのシリアルポートと HSG80のメインテナンスポートを付属のケーブルでシリアル接続し、CLIインターフェースを利用して設定します。
 
 以降の、HSG80コントローラの設定方法の詳細に関しては「MA8000/EMA12000 Fibre Channel Solution Software v8.6 for Linux/Alpha」に付属の「Installation and Configuration Guide」の「Chapter 5」および「CLI Reference Guide」を参照してください。
  • /etc/minirc.dflファイルを作成し、以下の様に編集します。この例で利用する RS-232Cポートは COM#1を想定しています。
    pr port /dev/ttyS0
    pu baudrate 9600
    pu minit
    pu backspace DEL
    pu rtscts No
  • X Window Systemを起動します。
  • #minicomでシリアル端末を起動します。
  • [Enter]キーを数度叩きます。HSG80>プロンプトが表示されます。
  • >show connectionで以前のコネクションが残っていない事を確認します。残っている場合は >del connection-nameで全てのコネクションを削除します。
  • >show thisコマンドで NODE_IDが設定されているか確認します。全て "0"になっている場合、コントローラエンクロージャに貼られたステッカーをに記載されている ID(NNNN-NNNN-NNNN-NNNN)と checksum(nn)を設定してください。
    >set this node_id=5000-1FE1-0007-A9A0 0E (例)
  • SCSI_VERSIONが "SCSI-3"に設定されている事を確認します。設定されていない場合は >set this scsi_version=scsi-3を実行します。
  • topologyを設定します。
  •   FABRICの場合 Arbitrated Loopの場合
    >set this port_1_topology=offline
    >set this port_2_topology=offline
    >set this port_1_topology=fabric
    >set this port_2_topology=fabric
    >set this port_1_topology=offline
    >set this port_2_topology=offline
    >set this port_1_topology=loop_hard
    >set this port_2_topology=loop_hard
    >set this port_1_al_pa=71
    >set this port_2_al_pa=72

  • >restart thisを実行して、HSG80コントローラを再起動します。CLIプロンプトが表示されるまで数分掛かります。
  • >set this time=DD-MMM-YYYY:HH:MM:SSを実行して、時刻の設定を行います。
  • HSG80コントローラがもう一枚ある場合、上記の show connectionset this time=までの設定を同様に行います。
  • 上記の作業終了後の >show this fullコマンドの結果です(topology=FABRIC)。
    Controller:
    HSG80 ZG80900522 Software V86F-1, HardwareE02
    NODE_ID= 5000-1FE1-0007-A9A0
    ALLOCATION_CLASS = 0
    SCSI_VERSION = SCSI-3
    Configured for dual-redundancy with ZG94416942
    In dual-redundant configuration
    Device Port SCSI address 7
    Time: NOT SET
    Command Console LUN is lun 0 (IDENTIFIER = 1)
    Host PORT_1:
    Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0007-A9A1
    PORT_1_TOPOLOGY= FABRIC (fabric up)
    Address= 0A1000
    Host PORT_2:
    Reported PORT_ID = 5000-1FE1-0007-A9A2
    PORT_2_TOPOLOGY= FABRIC (standby)
    NOREMOTE_COPY
    Cache:
    256 megabyte write cache, version 0022
    Cache is GOOD
    No unflushed data in cache
    CACHE_FLUSH_TIMER = DEFAULT (10 seconds)
    Mirrored Cache:
    256 megabyte write cache, version 0022
    Cache is GOOD
    No unflushed data in cache
    Battery:
    NOUPS
    FULLY CHARGED
    Expires: 15-OCT-2003
    Extended information:
    Terminal speed 9600 baud, eight bit, no parity, 1 stop bit
    Operation control: 00000000Security state code: 37373
    Configuration backup disabled

  • AlphaServerの FC HBAと AL-HUBもしくは Switchをケーブリングします。
  • >show connectionで現在のコネクションを確認します。
  • >rename !newcn01 alpha-1等としてコネクション名を分かりやすいものに変更します。コネクション名の設定ルールについては「Installation and Configuration Guide」の 1-11ページを参照してください。
  • >show connectionで現在のコネクションを確認します。Operating systemSUNになっていない場合、>set alpha-1 operating_system=sunとします。
  • 全てのコネクションに対して >renameを行い、Operating systemの確認を行ってください。

7-Solution Software v8.6をサーバにインストール

 Solution Softwareを AlphaServerのローカル HDDにインストールします。下記のコマンドでインストールスクリプトを起動します。
#mount /mnt/cdrom
#cd /mnt/cdrom/agents/linux
#./install_stgwks
 
 以降、スクリプトに対して設定項目を入力していきます。下記は Red Hat 6.2E環境での参考例です。利用されるシステム構成に応じて設定を変更してください。
Are you ready to continue the installation?[Y,n][Enter]を入力
 [The Hardware Architecture: Alpha]
 [The Linux Distribution: RedHat(Release:6.2).]
 [Driver: qla2x00  Version: 4.28b]
 [Driver: sg  Version: N/A]
 [1 01:01.0 3 Q Logic QLA2200  0]
 
The package CPQraidsw(Ver. 2.3.2-85) should be installed into your Linux environment... [Y,n,q][Enter]を入力
 
The package CPQqla2x00(Ver. 4.28b-1.0) should be installed into your Linux environment... [Y,n,q][Enter]を入力
 
#W00009f: Warning: The driver /lib/modules/2.2.16-22/scsi/sg.o is already installed, it will be saved as sg-old.o... [Y,n][Enter]を入力
 
#W00009a: Warning: We found that your Linux kernel has the following embeddeddriver(s): isp2x00
 
#W00009b: Warning: This Linux PK installation DOES NOT support embedded kernel drivers for FC HBAs.
In order to create a supported configuration, the Linux kernel should be modified. This operation should be performed by a qualified Linux system administrator, because there are many factors involved in the success of this operation.
For your convenience, we could try to perform this operation right now.
Depending on your CPU speed and installed Linux environment, this process can take from 5 to 20 minutes.
 Please make a choice: [Enter]を入力
 
#W00010b: Warning: Do you want to rebuild the Linux kernel?
 Please make a choice: [Enter]を入力
 
 ここでスクリプトはカーネルの再構築を開始します。Red Hat 7.0E環境の場合、kernelの再構築は行わずにスクリプトは終了します。
 
#W00010d: Warning: We've modified the Linux kernel. Please check /etc/lilo.conf file (for Intel systems) or /etc/aboot.conf (for Alpha systems). If those files seem OK, reboot your machine by using the LILO label "linux-cpq" (for Intel systems) or by using "-flag 0"(for Alpha systems) when booting from the SRM.
If the system does not boot up, use the previous label (for Intel systems) or by using "-flag 1" (for alpha systems). In this case you have to rebuild your kernel manually. Consult the kernel documentation on how to build a custom kernel.
If you rebooted your machine with the new kernel successfully, please run this script again in order to complete the installation.
-- Press Return to Continue -- [Enter]を入力
 
 ここでインストールスクリプトは終了します。
 
 システムを再起動します。このとき起動フラグは "0"を指定します。
 
 システム起動後、再度インストールスクリプトを起動します。下記の質問まですべて [Enter]を入力して、残りのインストール作業を続行します。
We are going to check if your configuration includes an initialramdisk image.
Please enter the ID, or 'q' to disregard this operation: [0]を入力

 以上でインストールは終了です。本スクリプトは終了させずに引き続き作業を行います。

8-SWCC Agentの設定

 HSG80と通信するための SWCC Agentを AlphaServerのローカル HDDにインストールします。下記のスクリプトは、6-Solution Software v8.6をサーバにインストールから引き続いているものです。以降、同様にスクリプトに対して設定項目を入力していきます。下記は参考例ですので、利用されるシステム構成に応じて変更してください。
You may configure the SWCC Agent(if applicable) right now...[Y,n][Enter]を入力
 
Would you like to add the new subsystem(s)[m,A]"A"utomaticallyを入力
 HSG80の構成情報が表示される…
Would you like to add this subsystem to the 'storage.ini' file?[Y,n][Enter]を入力
 
A subsystem name:小文字で任意のサブシステム名を入力
 
Monitoring interval, in secs"300"
 
Enter the host name of the Client system:SWCC clientをインストールするシステムのホスト名を入力
 
Enter the subsystem access priviledge...[0,1,2]"2"(Navigation Tree monitoring, Storage Window monitoring and Confiugration)を入力
 
The Agent server can notify a client when an error..."3"(Notificaiton via both TCP/IP and SNMP)を入力
 
Enter Error Notification Level[0,1,2,3]"3"を入力
 
Would you like to disable Agent error logging?[y,N][Enter]を入力
 
Would you like to disable Agent startup at boot?[y,N][Enter]を入力
 
 [Installtion complete]...と表示される
 
Do you want to start the Agent now?[Y,n][Enter]を入力
 
 以上でインストールは終了です。
 
 Solution Software v8.6のインストールおよび、SWCC Agentの設定が終了すると、下記のログファイルが作成されます。作業が正常に終了したかどうかログファイルを参照してください。
  • /var/local/CPQinstall/log/CPQinstall.date:time
  • /var/local/CPQqla2x00/log/CPQinstall.date:time
  • /var/local/CPQraidsw/log/CPQinstall.date:time

9-システムのリブート

 システムをリブートをします。

10-SWCC clientのインストールおよび設定

 SWCC clientのインストールおよび設定を行います。SWCC client用の OSは、Windows NT4.0 Service Pack 4以上Windows 2000 Service Pack 1以上が必要です。SWCC Clientに必要なハードウェアおよびソフトウェアの条件については、「Enterprise/Modular Storage RAID Array Solution Software v8.6 for Linux/Alpha」に付属の「Command Console v2.4 User Guide」の「1-4 Command Console Client Minimum Hardware and Software Requirements」を参照してください。
 
 SWCC clientのインストールおよび設定に関する詳細については、「Command Console v2.4 User Guide」および「Installation and Configuration Guide」の「Appendix B」を参照してください。また、SWCC clientから SWCC Agentに接続するために、\WINNT\SYSTEM32\DRIVERS\ETC\HOSTSファイル(Windows 2000の場合)に、SWCC Agent用マシンの IPアドレスとホスト名および SWCC Client用マシンの IPアドレスとホスト名を追加してください。

11-fdiskと mke2fsの実行

 SWCCを利用する等して、RAID論理ドライブを作成します。この論理ドライブは /dev/sda等デバイスファイルからアクセスが可能です。#fdisk, #mke2fs等を利用して Linuxから利用してください。

その他の Fibre Channelに関する技術情報

 HSG80の設定、fdisk, mke2fsの実行、SWCCの設定方法等に関しての技術情報を用意しております。詳細はサイト内リンクFibre Channelについての技術情報をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項