Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

qla2x00ドライバのインストール方法
Solution Software v8.5B for Linux/Alpha

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 24-OCT-01
Qlogic HBA
 本ページでは、qla2x00.oドライバを利用する方法を記述します。HBA(host bus adapter)の製品仕様、対応ディストリビューション等についてはこちらをご覧ください。

設定手順のおおまかな流れ

1 Fibre Channle HBAの BIOSの設定
2 Fibre Channel HBAをサーバに装着
3 サーバの起動
4 Solution Softwareをサーバにインストール
5 カーネルの再構築
6 qla2x00モジュールの自動ロードの設定
7 サーバの再起動
- 以降の、HSG80の設定、fdisk, mke2fsの実行、SWCCの設定は、サイト内リンクこちらをご覧ください。

1-Fibre Channel HBAの BIOS設定

 Fibre Channel HBAの BIOS設定は Alphaマシンでは行えないため Intelマシン上で実施します。
  • Intelシステムに Fibre Channel HBAを装着します。
  • Intelシステムの電源投入直後に [Alt]+[Q]を押下して Fast!Utilを起動
    • Host Adapter Settings(以下の 2項目をデフォルト値から変更)
      • Frame Size = 2048
      • Hard Loop ID = 125
    • Advanced Adapter Settings(以下の 4項目をデフォルト値から変更)
      • LUNs per Target = 64
      • Enable LIP Reset = Yes
      • Enable Traget Reset = Yes
      • IOCB Allocation = 8
 Fibre Channel HBAの BIOSの設定の詳細については、「MA8000/EMA12000 Fibre Channel Solution Software V8.5B for Linux Alpha」に付属の Release Notesの「2.2 Host Adapter BIOS Settings」を参照してください。

2-Fibre Channel HBAをサーバに装着

 Fibre Channel HBAを Alphaシステムの PCIスロットに装着します。

3-サーバの起動

 Fibre Channel HBAに Fibre Channelケーブルを接続せずにサーバを起動します。

Fibre Channel HBAに Fibre Channelケーブルを接続してサーバを起動しようとすると、HSG80の RAID論理ドライブが Linuxの /dev/sdデバイスにマッピングされるため、デフォルトで指定された /ファイルシステムのマウントに失敗する事があります。

4-Solution Softwareをサーバにインストール

 Solution Softwareをサーバにインストールする手順は以下になります。なお、インストールには、最低 500KBの空き領域が必要です。

 下記の作業で CPQqla2100CPQraidswCPQraiddocsの RPMパッケージがインストールされます。
# mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
# cd /mnt/cdrom/agents/linux
# ./install_stgwks
 
 インストールログファイルが /usr/local/steam/day:time:rpm-name/var/log/day:time:rpm-nameに記録されていますので、RPMパッケージのインストールが正常に行われたか確認してください。

5-カーネルの再構築

 qla2x00-2.17-0ドライバを有効にするために、カーネルの再構築を行います。
#cd /usr/src/linux
  • Red Hat 6.2Eの SMPシステムの場合のみ Makefileの下記の部分を編集します。Kondara 2000Jの場合には SMPシステムであっても下記の編集は不要です。
    編集:EXTRAVERSION = -6.0smp追加
  • Kondara 2000Jでは、Kondara Zoo CDに収められている以下の egcs*パッケージ群をインストールします。Red Hat 6.2Eの場合には不要です。
    追加:#rpm -ivh egcs-objc-1.1.2-24k4.alpha.rpm
    追加:#rpm -ivh egcs-1.1.2-24k4.alpha.rpm
    追加:#rpm -ivh egcs-c++-1.1.2-24k4.alpha.rpm
    追加:#rpm -ivh egcs-g77-1.1.2-24k4.alpha.rpm
#make menuconfig ⇒下記の設定を行う
  • Red Hat 6.2E, Kondara 2000J共に、SMPシステムの場合、General setup内で、Symmetric multi-processing support有効に設定します。
  • SCSI support内で、Probe all LUNs on each SCSI device有効に設定します。
  • SCSI low-level drivers内で、Qlogic QLA2100/2200 FC SCSI supportをモジュールとして組込にします。
  • SCSI low-level drivers内で、Qlogic ISP FC SCSI support無効にします。
#make dep && make clean && make boot && make modules && make modules_install
 
#mv /boot/vmlinuz-`uname -r` /boot/vmlinuz-`uname -r`.org
 
#cp arch/alpha/boot/vmlinux.gz /boot/vmlinuz-`uname -r`
 
#mv /boot/System.map-`uname -r` /boot/System.map-`uname -r`.org
 
#cp System.map /boot/System.map-`uname -r`

6-qla2x00モジュールの自動ロードの設定

 /etc/rc.d/rc.sysinitに下記の 2行を追加します。追加する位置は "mount -a -t nonfs,smbfs,ncpfs,proc"の前になります。
追加:echo "QLogic2200 driver loading..."
追加:insmod qla2x00

7-サーバの再起動

#shutdown -r now

これ以降の作業について…

 HSG80の設定、fdisk, mke2fsの実行、SWCCの設定は、サイト内リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項