Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit
についての技術情報 旧版

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
02-MAR-2010, revised 18-FEB-2014

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit v4.4.1
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.4.1.tar.gz(ftp-JPN) サイト外リンク(ftp-US) 14-JAN-2011 2464KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV450) XCS 0950 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
 MSA2312sa / MSA2324sa fw rev M110R20 or later
 MSA2312i / MSA2324i fw rev M110R20 or later
P2000 fc fw rev TS100R023 or later
P2000 fc/iSCSI fw TS100R023 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 〜 U8
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.2 〜 5.5
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP2 & SP3
SUSE Enterprise 11(i586, x86_64)
Driver
(Qlogic HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.01.07.25以降*1
RHEL4.7 / RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.02.11以降*1
Red Hat EL5.3以降 / SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Qlogicドライバーは v8.02.09.02.04.08-dです。
Driver
(Emulex HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.0.16.32以降*1
RHEL4.7の場合   HP製ドライバー v8.0.16.40以降*1
RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.2.0.22以降*1
Red Hat EL5.3以降 / /SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Emulexドライバーは v8.0.16.46です。
Driver
(SC08Ge HBA)
RHEL4の場合   HP製ドライバー v3.12.14.00-2以降
RHEL5 / SLES10の場合   HP製ドライバー v4.00.13.04-2以降
Driver
(Smart Array P700m)
HP製ドライバー    
Driver
(Brocade HBA)
v1.1.0.10
追記  Red Hat EL5.5がサポートされました。
 Device Mapper Enablement Kit v4.4.1は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、Red Hat EL4U6用の Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 Red Hat EL4U6では、Device Mapper Enablement Kit v4.4.1をインストールする事により、HP提供の Device Mapper Multipathと Template file(multipath.conf)が提供されます。
 Red Hat EL4U6以外のディストリビューションでは、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.4.1をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDFDevice Mapper Enablement Kit v4.4.1 リリースノート 2010年4月版(local)

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit v4.4.0
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.4.0.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 16-FEB-2010 2514KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV450) XCS 0950 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
 MSA2312sa / MSA2324sa fw rev M110R20 or later
 MSA2312i / MSA2324i fw rev M110R20 or later
P2000 fc fw rev TS100R017 or later
P2000 fc/iSCSI fw TS100R017 rev or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 〜 U8
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.2 〜 5.4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP2 & SP3
SUSE Enterprise 11(i586, x86_64)
Driver
(Qlogic HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.01.07.25以降*1
RHEL4.7 / RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.02.11以降*1
Red Hat EL5.3以降 / SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Qlogicドライバーは v8.02.09.02.04.08-dです。
Driver
(Emulex HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.0.16.32以降*1
RHEL4.7の場合   HP製ドライバー v8.0.16.40以降*1
RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.2.0.22以降*1
Red Hat EL5.3以降 / /SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Emulexドライバーは v8.0.16.46です。
Driver
(SC08Ge HBA)
RHEL4の場合   HP製ドライバー v3.12.14.00-2以降
RHEL5 / SLES10の場合   HP製ドライバー v4.00.13.04-2以降
Driver
(Smart Array P700m)
HP製ドライバー    
Driver
(Brocade HBA)
v1.1.0.10
追記  HP StorageWorks Disk Arrays P2000FC and P2000FC/iSCSIがサポートされました。
 Brocade FC HBAがサポートされました。
 Device Mapper Enablement Kit v4.4.0は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、Red Hat EL4U6用の Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 Red Hat EL4U6では、Device Mapper Enablement Kit v4.4.0をインストールする事により、HP提供の Device Mapper Multipathと Template file(multipath.conf)が提供されます。
 Red Hat EL4U6以外のディストリビューションでは、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.4.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDFDevice Mapper Enablement Kit v4.4.0 リリースノート 2010年2月版(local)(ftp-US)

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit v4.3.1
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.3.1.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 16-NOV-2009 2606KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV500) XCS 0950 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
 MSA2312sa / MSA2324sa fw rev M110R20 or later
 MSA2312i / MSA2324i fw rev M110R20 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 〜 U8
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.2 〜 5.4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP2 & SP3
SUSE Enterprise 11(i586, x86_64)
Driver
(Qlogic HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.01.07.25以降*1
RHEL4.7 / RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.02.11以降*1
Red Hat EL5.3以降 / SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Qlogicドライバーは v8.02.09.02.04.08-dです。
Driver
(Emulex HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.0.16.32以降*1
RHEL4.7の場合   HP製ドライバー v8.0.16.40以降*1
RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.2.0.22以降*1
Red Hat EL5.3以降 / /SLES10SP3以降 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Emulexドライバーは v8.0.16.46です。
Driver
(SC08Ge HBA)
RHEL4の場合   HP製ドライバー v3.12.14.00-2以降
RHEL5 / SLES10の場合   HP製ドライバー v4.00.13.04-2以降
Driver
(Smart Array P700m)
HP製ドライバー    
追記  Red Hat EL5.4 / SLES10 SP3がサポートされました。
 Device Mapper Enablement Kit v4.3.1は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、Red Hat EL4U6用の Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 Red Hat EL4U6では、Device Mapper Enablement Kit v4.3.1をインストールする事により、HP提供の Device Mapper Multipathと Template file(multipath.conf)が提供されます。
 Red Hat EL4U6以外のディストリビューションでは、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.3.1をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDFDevice Mapper Enablement Kit v4.3.1 リリースノート 2009年11月版(local)(ftp-US)

HP Device Mapper Multipath Enablement Kit v4.3.0
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.3.0.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 01-JUN-2009 546KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV500) XCS 0950 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
 MSA2312sa / MSA2324sa fw rev M110R20 or later
 MSA2312i / MSA2324i fw rev M110R20 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 〜 U8
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.2(U2) & 5.3(U3)
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP2
SUSE Enterprise 11(i586, x86_64)
Driver
(Qlogic HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.01.07.25以降*1
RHEL4.7 / RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.02.11以降*1
Red Hat EL5.3 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Qlogicドライバーは v8.02.09.02.04.08-dです。
Driver
(Emulex HBA)
RHEL4.6の場合   HP製ドライバー v8.0.16.32以降*1
RHEL4.7の場合   HP製ドライバー v8.0.16.40以降*1
RHEL5.2 / SLES10SP2の場合   HP製ドライバー v8.2.0.22以降*1
Red Hat EL5.3 / SLES11の場合   ディストリビューション標準ドライバー
RHEL4.8の場合   ディストリビューション標準ドライバー*2、もしくは
ディストリビューションより新しいバージョンの HP製ドライバー*1
     
*1 HP製ドライバーは、シングルパスモードでインストールする必要があります。
*2 RHEL4.8標準の Emulexドライバーは v8.0.16.46です。
Driver
(SC08Ge HBA)
RHEL4の場合   HP製ドライバー v3.12.14.00-2以降
RHEL5 / SLES10の場合   HP製ドライバー v4.00.13.04-2以降
Driver
(Smart Array P700m)
HP製ドライバー    
追記  MSA2312sa / MSA2324sa / MSA2312i / MSA2324iがサポートされました。
 Red Hat EL4U8がサポートされました。
 Device Mapper Enablement Kit v4.3.0は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、Red Hat EL4U6用の Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 Red Hat EL4U6では、Device Mapper Enablement Kit v4.3.0をインストールする事により、HP提供の Device Mapper Multipathと Template file(multipath.conf)が提供されます。
 Red Hat EL4U6以外のディストリビューションでは、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.3.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.3.0 リリースノート 2009年6月版(local)(ftp-US)

Device Mapper Enablement Kit v4.2.1
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.2.1.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 07-APR-2009 78KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV500) XCS 0950 or later
EVA iSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P24 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
OS SUSE Enterprise 11(i586, x86_64)
追記  SLES11では、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。
 Device Mapper Enablement Kit v4.2.1は、SLES11用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)を提供します。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.2.1 リリースノート 2009年3月版(local)(ftp-US)

Device Mapper Enablement Kit v4.2.0
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.2.0.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 02-MAR-2009 708KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.200 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.200 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.200 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.200 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVA6400 (HSV400) XCS 0950 or later
EVA8400 (HSV500) XCS 0950 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA1000 / MSA 1500 fw rev 7.0.0 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc / MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300P13-01 or later
 MSA2312fc / MSA2324fc fw rev M100R18 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 & U7
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.2(U2) & 5.3(U3)
SUSE Enterprise 9(i586, x86_64)SP4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP2
追記  MSA2312fc / MSA2324fc / EVA6400 /EVA8400がサポートされました。
 Red Hat EL5.3(Update3)がサポートされました。
 Red Hat EL5.3(Update3)以外のディストリビューションで、Device Mapper Enablement Kit v4.2.0をFC HBAで使用する為には、事前に下記のバージョンの HP製 Qlogic / Emulexドライバーをシングルパスモードでインストールする必要があります。Red Hat EL5.3(Update3)は、ディストリビューションに標準搭載されているドライバーを使用します。
 ・Emulex HBAの場合   v8.0.16.32以降(RHEL4U6 & SLES9SP4)
    v8.0.16.40以降(RHEL4U7)
    v8.2.0.22以降(RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)
 ・Qlogic HBAの場合    v8.01.07.25以降(RHEL4U6 & SLES9SP4)
    v8.02.11以降(RHEL4U7 & RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)

  Device Mapper Enablement Kit v4.2.0は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、SLES9SP4 / SLES10SP2用の Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 SLES9SP4 / SLES10SP2では、Device Mapper Enablement Kit v4.2.0をインストールする事により、HP提供の Device Mapper Multipathと Template file(multipath.conf)が提供されます。
 RHEL4U7 / RHEL5.2(U2) / RHEL5.3(U3)では、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipath(device-mapper-multipath rpm)を使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.2.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 RHEL4U6では、 事前に Device Mapper Enablement Kit v4.0.0を使用し HP提供の Device Mapper Multipathをインストールします。その後、Device Mapper Enablement Kit v4.2.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.2.0 リリースノート 2009年3月版(local)(ftp-US)

Device Mapper Enablement Kit v4.1.0-1
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.1.0-1.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 16-FEB-2009 2147KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA3000 (HSV101) VCS 4.007 or later
EVA5000 (HSV111) VCS 4.007 or later
EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.100 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.110 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA1000/MSA 1500 fw rev 7.0.0 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc/MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300R24-01 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 & U7
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.1(U1)〜5.2(U2)
SUSE Enterprise 9(i586, x86_64)SP3(errata 2.6.5-7.283以降) & SP4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP1〜SP2
追記  Device Mapper Enablement Kit v4.1.0-1をFC HBAで使用する為には、事前に下記のバージョンの HP製 Qlogic/Emulexドライバーをシングルパスモードでインストールする必要があります。
 ・Emulex HBAの場合   v8.0.16.32以降(RHEL4U6 & SLES9)
    v8.0.16.40以降(RHEL4U7)
    v8.1.10.11以降(RHEL5.1(U1) & SLES10SP1)
    v8.2.0.22以降(RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)
 ・Qlogic HBAの場合    v8.01.07.25以降(RHEL4U6 & RHEL5.1(U1) & SLES9 & SLES10SP1)
    v8.02.11以降(RHEL4U7 & RHEL5.3(U2) & SLES10SP2)

  Device Mapper Enablement Kit v4.1.0-1は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、Device Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 RHEL4U6 / RHEL5.1(U1) / SLES9SP3 / SLES9SP4 / SLES10SP1 / SLES10SP2では、Device Mapper Enablement Kit v4.1.0-1をインストールする 事により、HP提供の Device Mapper MultipathとTemplate file(multipath.conf)が提供されます。
 RHEL4U7 / RHEL5.2(U2)では、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipath(device-mapper-multipath rpm)を使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.1.0-1をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.1.0 リリースノート 2008年11月版(local)(ftp-US)

Device Mapper Enablement Kit v4.1.0
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.1.0.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 14-NOV-2008 804KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Smart Array P700m
Storage EVA3000 (HSV101) VCS 4.007 or later
EVA5000 (HSV111) VCS 4.007 or later
EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.100 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.110 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA1000/MSA 1500 fw rev 7.0.0 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc/MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300R24-01 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U6 & U7
Red Hat EL5(i686, x86_64) 5.1(U1)〜5.2(U2)
SUSE Enterprise 9(i586, x86_64)SP3(errata 2.6.5-7.283以降) & SP4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP1〜SP2
追記  Smart Array P700mを装着した HP Blade Systemと MSA2012saの接続環境での冗長化がサポートされました。
 Device Mapper Enablement Kit v4.1.0をFC HBAで使用する為には、事前に下記のバージョンの HP製 Qlogic/Emulex ドライバーをシングルパスモードでインストールする必要があります。
 ・Emulex HBAの場合   v8.0.16.32以降(RHEL4U6 & SLES9)
    v8.0.16.40以降(RHEL4U7)
    v8.1.10.11以降(RHEL5.1(U1) & SLES10SP1)
    v8.2.0.22以降(RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)
 ・Qlogic HBAの場合    v8.01.07.25以降(RHEL4U6 & RHEL5.1(U1) & SLES9 & SLES10SP1)
    v8.02.11以降(RHEL4U7 & RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)

  Device Mapper Enablement Kit v4.1.0は、サポートされる各ディストリビューション用の HP製ストレージ対応 Template file (multipath.conf)と、SLES9SP4 / SLES10SP2用のDevice Mapper Multipath(multipath-tools rpm)等を提供します。
 SLES9SP4 / SLES10SP2では、Device Mapper Enablement Kit v4.1.0をインストールする事により、HP提供の Device Mapper MultipathとTemplate file(multipath.conf)が提供されます。
 RHEL4U7 / RHEL5.2(U2)では、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipath(device-mapper-multipath rpm)を使用します。Device Mapper Enablement Kit v4.1.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 RHEL4U6 / RHEL5.1(U1) / SLES9SP3 / SLES10SP1では、 事前に Device Mapper Enablement Kit v4.0.0を使用し HP提供の Device Mapper Multipathをインストールします。その後、Device Mapper Enablement Kit v4.1.0をインストールする事により、Template file(multipath.conf)が提供されます。
 PSP v8.40/v8.41で提供されるHP製 cciss driverがロードされている環境で、HP Device Mapper Multipath Enablement Kitをインストールすると、システムがハングする場合があります。詳細は サイト内リンクHP DMMPをインストールするとハングするが?をご参照ください。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.1.0 リリースノート 2008年11月版(local)(ftp-US)

Device Mapper Enablement Kit v4.0.2
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.0.2.tar.gz(ftp-JPN) 18-SEP-2008 158KB
FC HBA http://h18006.www1.hp.com/storage/networking/index.html
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/adapters/index.html
Storage EVA3000 (HSV101) VCS 4.007 or later
EVA5000 (HSV111) VCS 4.007 or later
EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.100 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.110 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
EVAiSCSI Connectivity Option
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA1000/MSA 1500 fw rev 7.0.0 or later
MSA2000 Storage product family
 MSA2012fc/MSA2212fc fw rev J200P19 or later
 MSA2012i fw rev J210R10 or later
 MSA2012sa fw rev J300R24-01 or later
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U5〜U7
Red Hat EL5(i686, x86_64) errata 2.6.18-8.1.6以降〜5.2(Update2)
SUSE Enterprise 9(i586, x86_64)SP3(errata 2.6.5-7.283以降) & SP4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP0〜SP2
追記  Device Mapper Enablement Kit v4.0.2を使用する為には、事前に下記のバージョンの HP製 Qlogic/Emulex ドライバーをシングルパスモードでインストールする必要があります。

 ・Emulex HBAの場合   v8.0.16.32以降(RHEL4U6 & SLES9)
    v8.0.16.40以降(RHEL4U7)
    v8.1.10.11以降(RHEL5.1(U1) & SLES10SP1)
    v8.2.0.22以降(RHEL5.2(U2) & SLES10SP2)
 ・Qlogic HBAの場合    v8.01.07.25以降(RHEL4U6 & RHEL5.1(U1) & SLES9 & SLES10SP1)
    v8.02.11以降(RHEL4U7 & RHEL5.3(U2) & SLES10SP2)

  Device Mapper Enablement Kit v4.0.2では、 HP製ストレージ用の Template fie (multipath.conf)とドキュメントを提供します。
 RHEL4U7 / RHEL5.2(U2) / SLES10SP2では、ディストリビューション標準の Device Mapper Multipathを使用します。
 RHEL4U5 & U6 / RHEL5 & 5.1(U1) / SLES9SP3 & SP4 / SLES10SP0 & 10 SP1では、 HP提供の Device Mapper Enablement Kit v4.0.0を使用します。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.0.2 リリースノート 2008年9月版(local)

Device Mapper Enablement Kit v4.0.0
FILE TAR.GZHPDMmultipath-4.0.0.tar.gz(ftp-JPN) (ftp-US) 28-FEB-2008 1851KB
FC HBA FCA2214, FCA2214DC, FC1142SR, FC1242SR, FC1143, FC1243
QMH 2462 4Gbps Mezzanine for HP Blade Servers
FC2142SR, FC2242SR, FC2143, FC2243
Storage EVA3000 (HSV101) VCS 4.007 or later
EVA5000 (HSV111) VCS 4.007 or later
EVA4000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA6000 (HSV200) XCS 5.110/6.100 or later
EVA8000 (HSV210) XCS 5.110/6.100 or later
EVA4100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA6100 (HSV200) XCS 6.110 or later
EVA8100 (HSV210) XCS 6.110 or later
EVA4400 (HSV300) XCS 0900 or later
XP128 fw rev 21-14-18-00/00 or later
XP1024 fw rev 21-14-18-00/00 or later
XP10000 fw rev 50-07-30-00/00 or later
XP12000 fw rev 50-09-34-00/00 or later
XP20000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
XP24000 fw rev 60-02-04-00/00 or later
MSA1000/MSA 1500 fw rev 7.0.0 or later
MSA2000 Storage product family(MSA2012fc/MSA2212fc/MSA2012i)
OS Red Hat EL4(i686, x86_64) U5 & U6
Red Hat EL5(i686, x86_64) errata 2.6.18-8.1.6以降 & 5.1(Update1)
SUSE Enterprise 9(i586, x86_64)SP3(errata 2.6.5-7.283以降) & SP4
SUSE Enterprise 10(i586, x86_64)SP0 & SP1
追記  Device Mapper Enablement Kit v4.0.0を使用する為には、事前に下記のバージョンの HP製 Qlogic/Emulex ドライバーをシングルパスモードでインストールする必要があります。

 ・Emulex HBAの場合  v8.0.16.32以降(SLES9 & RHEL4)
  v8.1.6.8以降(SLES10)
  v8.1.10.11以降(RHEL5 & SLES10SP1)
 ・Qlogic HBAの場合  v8.01.07.25以降

  コントローラの障害復旧時には、active parh groupの自動 Failbackは行われません。

PDF Device Mapper Enablement Kit v4.0.0 リリースノート 2008年2月版(local)(ftp-US)
PDF Device Mapper Enablement Kit v4.0.0 インストール&リファレンスガイド 2008年2月版(local)(ftp-US)

よく聞かれる質問

サイト内リンクFAQ・・・よく聞かれる質問に Device Mapper Multipathに関するものを用意しています。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項