Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Turbolinux 10SEにおける ICH6R/7R利用方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
08-AUG-06, revised 15-AUG-07
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

  本ページでは Turbolinux 10 Server/x64のインストーラが Intel ICH6R/7Rコントローラをどの様に認識するかについて説明いたします。

Turbolinuxが装備する SATA用ドライバについて

 Turbolinux 10 Server/x86版と Turbolinux Server 10 Server x64のそれぞれが装備している SATAドライバには ata_piixドライバ、adpahciドライバがあります。前者は ICH6R/7Rを non-RAIDモードで利用するための一般的なドライバです。後者は ICH6R/7Rを RAIDモードで利用するためのドライバになります。

 ICH6R/7Rを Linuxで利用するには予め RBSUでコントローラのモードを RAIDモードと non-RAIDモードに適した設定にする必要があります。詳細はサイト内リンクIntel ICH6R/7R対応、aarich/adpahciドライバ利用方法の 'BIOS設定の方法と RAIDボリュームの作成方法について'をご覧ください。また、この文書には RAIDモードを利用する場合に注意しなければならない事項が記述されていますので、RAIDモードを利用する場合には予め目を通しておいてください。

インストーラでの自動認識結果

 Turbolinux 10 Serverの x86版、x86_64版の BASEメディアと SP1メディアそれぞれでの ICH6R/7Rの認識状況は下記になります。この結果は ML310G3を利用して行いました。

Non_RAID環境
  インストール 利用ドライバ 備考
TL10SE(x86)baseメディア ata_piix 要DUD(dd050907.img)
TL10SE(x86_64)baseメディア ata_piix  
TL10SE(x86)SP1メディア ata_piix  
TL10SE(x86_64)SP1メディア ata_piix  

RAID環境
  インストール 利用ドライバ 備考
TL10SE(x86)baseメディア adpahci 要DUD(adpahci-v1.1.810.img)
TL10SE(x86_64)baseメディア × NA 要DUD(adpahci-v1.1.81.0.img)だがインストーラがUSBメディアを認識しない(ICHRAID=adpahciは無効)
TL10SE(x86)SP1メディア adpahci インストーラ起動時、ICHRAID=adpahci必要
TL10SE(x86_64)SP1メディア adpahci インストーラ起動時、ICHRAID=adpahci必要

 利用 DUDは下記になります。
RPMdd050907.img
RPMadpahci-v1.1.81.0.img
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項