Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

iswraid/aarichでのリビルド方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
28-APR-05
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは、Intel ICH6R chipsetを利用した SATA-RAIDでの復旧方法について説明いたします。

Adaptec RAID管理ツールについて

 RAID状況の確認と論理ドライブ操作用に Adaptec UCLIツールと Adaptec Storage Manager(StorMan)が提供されています。Linux用管理ツールについての技術情報で入手してください。

リビルド方法について - Adaptec StorMan対応構成の場合

 StorManがサポートされている構成の場合、GUIのメニューに従いリビルドする事が可能です。

 ProLiantの機種によって HDDのホットプラグがサポートされていない場合、一旦電源を落としてから HDDの交換を行ってください。

リビルド方法について - Adaptec UCLIを利用する場合、ホットプラグ対応機種の場合

 SATA HDDのホットプラグ対応機種の場合、UCLI(hrconfコマンド) で障害復旧を行います。下記に Device #0が故障した状況での手順を示します。

  hrconfコマンドのオプションは以下の通りです。
 
  # hrconf コマンドオプション コントローラー番号(1〜)

1. 故障した Diskを正常な Diskと交換します。
2. degradeの状態は GETCONFIGオプションで確認します。
 
# hrconf GETCONFIG 1
Controllers found: 1
----------------------------------------------------------------------
Controller information
----------------------------------------------------------------------
 Controller Status
 Channel description
 Defunct disk drive count
 Logical drives/Offline/Critical
: OK
: SATA
: 1
: 1/0/1

----------------------------------------------------------------------
Logical drive information
----------------------------------------------------------------------
Logical drive number 1
 Status of logical drive
 RAID level
 Size (in MB)
 Write cache status
 Number of chunks
 Stripe order (Channel,Device)

: Critical (CRT)
: 1
: 152555
: Write through (WT)
: 2
: 0,0 0,1

----------------------------------------------------------------------
Physical device information
----------------------------------------------------------------------
Channel #0:
 Transfer Speed
 Device #0
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU
 Device #1
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU

Command completed successfully.

: SATA 1.5 Gb/s


: No
: Defunct Disk Drive (DDD)
: 152587/312500000
: Maxtor  6Y160M0   YAR5
: none


: No
: Online (ONL)
: 152587/312500000
: Maxtor  6Y160M0   YAR5
: none
3. 交換された Diskは自動認識されないので、RESCANオプション で Diskを認識させます。
 
# hrconf RESCAN 1
4. RESCAN後、リビルドが自動的にスタートします。リビルドが実行中であることは GETCONFIGオプション、リビルドの進行状況は GETSTATUSオプションで確認できます。
 
# hrconf GETCONFIG 1
Controllers found: 1
----------------------------------------------------------------------
Controller information
----------------------------------------------------------------------
 Controller Status
 Channel description
 Defunct disk drive count
 Logical drives/Offline/Critical
: OK
: SATA
: 0
: 1/0/1

----------------------------------------------------------------------
Logical drive information
----------------------------------------------------------------------
Logical drive number 1
 Status of logical drive
 RAID level
 Size (in MB)
 Write cache status
 Number of chunks
 Stripe order (Channel,Device)

: Critical (CRT)
: 1
: 238386
: Write through (WT)
: 2
: 0,0 0,1

----------------------------------------------------------------------
Physical device information
----------------------------------------------------------------------
Channel #0:
 Transfer Speed
 Device #0
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU
 Device #1
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU

Command completed successfully.

: SATA 1.5 Gb/s


: No
: Rebuilding (RBL)
: 238418/488281250
: Maxtor  7Y250M0   YAR5
: none


: No
: Online (ONL)
: 238418/488281250
: Maxtor  7Y250M0   YAR5
: none

# hrconf GETSTATUS 1
Controllers found: 1
 Current/most recent operation
 Logical drive
 Status
 Percentage complete

Command completed successfully.
: Rebuild
: 1
: In Progress
: 3
5. リビルドが正常に完了した時の hrconfコマンドの結果です。
 
# hrconf GETCONFIG 1
Controllers found: 1
----------------------------------------------------------------------
Controller information
----------------------------------------------------------------------
 Controller Status
 Channel description
 Defunct disk drive count
 Logical drives/Offline/Critical
: OK
: SATA
: 0
: 1/0/0

----------------------------------------------------------------------
Logical drive information
----------------------------------------------------------------------
Logical drive number 1
 Status of logical drive
 RAID level
 Size (in MB)
 Write cache status
 Number of chunks
 Stripe order (Channel,Device)

: Okay (OKY)
: 1
: 238386
: Write through (WT)
: 2
: 0,0 0,1

----------------------------------------------------------------------
Physical device information
----------------------------------------------------------------------
Channel #0:
 Transfer Speed
 Device #0
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU
 Device #1
   Device is a Hard drive
   PFA
   State
   Size (in MB)/(in sectors)
   Device ID
   FRU

Command completed successfully.

: SATA 1.5 Gb/s


: No
: Online (ONL)
: 238418/488281250
: Maxtor  7Y250M0   YAR5
: none


: No
: Online (ONL)
: 238418/488281250
: Maxtor  7Y250M0   YAR5
: none

リビルド方法について - ホットプラグ非対応機種の場合

 SATA HDDのホットプラグ対応機種の場合、POST画面から起動する Adaptec RAID Configuration Utilityで障害復旧を行います。下記に Device #0が故障した状況での手順を示します。

1. Power OFF状態で、故障したDiskを正常なDiskと交換します。
2. Power ON後、POST画面から 〔Ctrl〕+〔A〕で Adaptec RAID Configuration Utilityを起動します。 bios
3. メインメニューから "Adaptec Configuration Utility" を選択します。 main menu
4. degradeの詳細を確認する場合、メニュー"Manage Array" から論理デバイスを選択して Enterを押下します。薄いグレーで表示されている Array Member(図では Array #00)が degradeした Diskになります。 degrade
5. リビルドは、メニュー"Manage Array" から論理デバイスを選択して〔Ctrl〕+〔R〕を押下します。 logicalVol
6. 〔Ctrl〕+〔R〕押下後、リビルドがスタートします。リビルドの進行状況は "Array Status" に表示されます。 rebuilding
7. リビルドが完了すると メッセージが表示されます。

参考:ML320G3の場合、160GB Diskのリビルド時間は約1時間です。
complete
8. Adaptec RAID Configuration Utilityを終了し、rebootします。 ExitUtility
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項