Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ATA HDDの壁問題について
8.4/33.8/137GB

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
10-AUG-04, revised 28-APR-05
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 PC/AT本来の仕様等による BIOS、CHS geometry問題が及ぼす問題について記述します。

ATA HDDの壁問題(8.4GBと 33.8GB)

 ATA HDDが本来持つ CHS(cylinder, head, sector)情報は cylinderの値を小さくして利用しようとするため、ネイティブな値のまま利用されるのではなくある種の変換を受けてから利用されます。
 但し、システム構成によってはこの変換機能が巧く働かない場合があります。この問題は、ATAコントローラ、CHS translation、ATAドライバ、パーティションツールの仕様、同居する他パーティションによる影響等の組み合わせにより発生し、システムは各種の制限を受けることになります。
 これらの制限は「8.4GBの壁」、「33.8GBの壁」、「137GBの壁」問題と一般に呼ばれます。これらは ATA HDDの全容量が認識されない問題等となってシステム上にあらわれます。
 比較的古い、8.4GBの壁問題と 33.8GBの壁問題に関してはサイト内リンク20GB HDDの容量認識レポートサイト内リンク40GB HDDの容量認識レポートをご覧ください。

ATA HDDの壁問題(137GB)

 ProLiant用 180GB ATA HDDがリリースされた事により「137GBの壁」問題が生じます。
 各ディストリビューション毎の 137GBを超える HDDの取り扱い状況についてサイト内リンク160GB HDDの容量認識レポート(非 ATA-RAID)を作成いたしましたので参照してください。

137GB問題: MegaRAID IDEal 100の POSTでの問題

 下記機種のシステム起動直後の POST表示が 137GBを超えられない。
  • ProLiant DL320 G2
  • ProLiant ML330 G2/ATA
  • ProLiant ML310/ATA

 これら 3機種に共通しているのは、megaide.oと云う ATA-RAIDドライバを利用する ProLiantです。これらの機種で 160GB HDDを 160GBの RAID-0として作成した場合、POSTで表示されるディスク容量は 131071M(logical drive)、131069M(RAID-0 volume)となります。
 
 この問題は、02-AUG-04時点で最新の system firmware v2004.06.23/01-JUL-04, MegaIDE v2.7.06161330C, MegaRAID Setup Util. v2.7.0423Cで確認しています。
 
 但し、これは表示上だけの問題であり、汎用 IDEドライバを利用するディストリビューションで、且つ 137GBを超えられるディストリビューションに於いては POSTでの表示に関係なく 137GBを超える事が可能です。

137GB問題: Red Hat EL2.1 ASでの問題

 Red Hat EL2.1 ASの 2.4.9-e.3〜-e.10の smp kernelを megaide.oを利用 'せず'、下記の機種で利用した場合、システム起動時にロックアップします。
  • ProLiant DL320 G2
  • ProLiant ML330 G2/ATA
  • ProLiant ML310/ATA

 この問題を回避するには、一旦 UNI kernelで起動して 2.4.9-e.12以降の kernelを適用する事で回避が可能です。もしくは、インストール時に Red Hat EL 2.1の U2以降のメディアを利用してください。
 
 また、Red Hat EL2.1 ESは、BASE kernelが 2.4.9-e.12であるため、この問題は発生しません。

137GB問題: megaide.oを利用した場合の容量認識

 下記の機種で、Red Hat EL2.1と Miracle Linux 2.1/U3で megaide.oを利用 'して' ATA-RAID機能を利用した場合、logical volumeは 131069MB迄しか認識できません。
  • ProLiant DL320 G2
  • ProLiant ML330 G2/ATA
  • ProLiant ML310/ATA

 megaide-2.26j-1/DUDと lsi_megaide-ul10-sp2a_v2.26i-1は利用できないため、SUSE Enterprise 8/United Linux 1.0での megaide.oを利用した ATA-RAIDに関しては 137GBを超えられるのか不明です。

137GB問題: lsicsb6を利用した場合の容量認識

 ML330G3/ATAで、Red Hat EL2.1で lsicsb6を利用して ATA-RAID機能を利用した場合、logical volumeは137GB壁問題の影響を受けません。

Miracle 2.1SE/U3の利用に関して

 Miracle LINUX 2.1 Standard/U3を利用した場合の ATA-RAIDの問題に関しては、別途サイト内リンクATA/SATA-RAIDについての技術情報をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項