Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ML110/SATA対応 Red Hat 9用 DUDの利用方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
28-OCT-04
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは、SATA RAID用 FastTrack.o用インストールディスクイメージの利用方法を中心に ML110/SATAの設定方法について説明いたします。

SATAのセットアップについて

 Red Hat 9のインストール前に SATA RAID上に論理ドライブを作成する必要があります。システム起動中に [Ctrl]+[F]を押して FastBuild(tm)ユーティリティ上で行っておいてください。詳細は ProLiant ML110サーバ本体付属の CD-ROM上のマニュアルを参照してください。
FastTrak S150 SX4 (tm) BIOS Version 2.0.30.19
                    ・
Press  to enter FastBuild (tm) Utility...
                    ↓
    View Drive Assignment    [1]
    Define Array             [2]
        選択 ⇒ Raid5/JBOD/Raid0/Raid1
        選択 ⇒ Stripe Block = 64KB/16KB/32KB
        選択 ⇒ Fast Init = OFF/ON
        選択 ⇒ Gigabyte Boundary = ON/OFF
    Delete Array             [3]
    Controller Configuration [4]
        選択 ⇒ Halt On Error = Disabled/Enabled
        選択 ⇒ Cache Mode = WriteBack/WriteThru/AutoSwitch

FastTrack.oを利用する上での機能制限について

利用可能な kernelが制限される - FastTrack.o用ソースコードは Red Hat Linuxの kernel source treeにマージされていません。また 27-OCT-04時点に於いて Promise社からソースコードが開示されていません。このため HPが提供する Red Hat用 binaryドライバを利用した場合のみが HPがサポートする構成となります。利用できるのは Red Hat 9の base kernelである 2.4.20-8のみとなります。

!  より高い耐障害性を望む場合、kernelの更新を行う予定がある場合には ML110/SCSIモデルに Adaptec 2120S RAIDコントローラを装着するか、上位の ProLiantに SmartArrayを組み合わせて利用される事を強く推奨します

必要となるドライバとモジュールについて

Red Hat 9 driver for 4-port SATA card(S150 SX4)
FILE ml110rh904portSATA1.1.30-56.tgz(ftp-JPN)
(ftp-US) ,README
v1.1.30.56 09-SEP-04 1205KB
追記 #tar xvfzで展開後に作成される 'rh90.img'を #dd等で FDを作成し、Red Hat 9 CD-ROMメディアからシステム起動後、boot: linux ddでインストーラを起動してください。

障害発生時のログ状況

 障害発生時には /var/log/messagesへ状況が記録されます。
【/var/log/messages - 正常・起動時】
localhost kernel: Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
localhost kernel: FastTrak: Installed FastTrak S150 SX4 Local DIMM - 64MB
localhost kernel: scsi0 : FastTrak S150 SX4
localhost kernel:  Vendor: Promise  Model: 3 Disk RAID5  Rev: 1.10
localhost kernel:  Type: Direct-Access  ANSI SCSI revision: 02
localhost kernel: Attached scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 0, lun 0
localhost kernel: SCSI device sda: 624999936 512-byte hdwr sectors (320000 MB)


【/var/log/messages - 障害発生時】
localhost kernel: FastTrak| 1|4132|Warning|Array 1, Status Critical
localhost kernel: FastTrak| 2|4123|Error|Disk Offline: Maxtor 6Y160M0 (Channel 2/Master)
localhost kernel: FastTrak| 3|4103|Warning|Disk Rebuild Started: Array 1, Disk Maxtor 7Y250M0 (Channel 4/Master)


【/var/log/messages - 障害発生後・起動時】
localhost kernel: Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
localhost kernel: FastTrak: Installed FastTrak S150 SX4 Local DIMM - 64MB
localhost kernel: scsi0 : FastTrak S150 SX4
  FastTrak| 1|4132|Warning|Array 1, Status Critical
localhost kernel:  Vendor: Promise  Model: 3 Disk RAID5  Rev: 1.10
localhost kernel:  Type: Direct-Access  ANSI SCSI revision: 02
localhost kernel: Attached scsi disk sda at scsi0, channel 0, id 0, lun 0
localhost kernel: SCSI device sda: 624999936 512-byte hdwr sectors (320000 MB)


【/var/log/messages - ビルド終了時】
localhost kernel: FastTrak| 3|4126|Information|Array 1 Rebuild Completed on Disk Maxtor 7Y250M0 (Channel 4/Master)


【/var/log/messages - ディスク追加時】
localhost kernel: FastTrak| 4|4121|Information|Disk Plugged in: Maxtor 6Y160M0 (Channel 2/Master)

障害発生時のステータス状況

 障害発生時には /proc/scsi/FastTrac/0のステータスが変化します。
【/proc/scsi/FastTrack/0 - 正常時】
Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
Adapter1 - FastTrak S150 SX4
Array    - Array[1] : 2+1 Raid 5 (OK-Gigabyte Boundary)
Drive    -
  1 : Maxtor   IDE1/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  3 : Maxtor   IDE2/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  5 : Maxtor   IDE3/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  7 : Maxtor   IDE4/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - (FREE)


【/proc/scsi/FastTrack/0 - リビルド時】
Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
Adapter1 - FastTrak S150 SX4
Array    - Array[1] : 2+1 Raid 5 (Rebuild)
Drive    -
  1 : Maxtor   IDE1/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  5 : Maxtor   IDE3/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
* 7 : Maxtor   IDE4/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
Rebuild  Array1 - rebuilding drive : *
                - percentage :  10 %
                - spent time :  45m 28s


【/proc/scsi/FastTrack/0 - リビルド中に一旦リブート後】
Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
Adapter1 - FastTrak S150 SX4
Array    - Array[1] : 2+1 Raid 5 (Rebuild)
Drive    -
  1 : Maxtor   IDE1/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  5 : Maxtor   IDE3/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
* 7 : Maxtor   IDE4/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
Rebuild  Array1 - rebuilding drive : *
                - percentage :  13 %
                - spent time :   3m 15s
    ⇒⇒ 'spent time'だけクリアされ、ビルド作業は引き継がれる


【/proc/scsi/FastTrack/0 - リビルド完了、ディスク修理後】
Promise FastTrak S150 SX4 Linux Driver Version 1.01.30.56 (4.Aug.2004)
Adapter1 - FastTrak S150 SX4
Array    - Array[1] : 2+1 Raid 5 (OK-Gigabyte Boundary)
Drive    -
  1 : Maxtor   IDE1/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  3 : Maxtor   IDE2/Master 156290MB IRQ(21) UDMA5 - (FREE)
  5 : Maxtor   IDE3/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
  7 : Maxtor   IDE4/Master 244198MB IRQ(21) UDMA5 - Array[1]
    ⇒⇒ 戻した HDDへの再リビルドは発生しない

v1.1.30.56での改善点

  • 以前 SoftPaqサイトで公開していた v1.1.30.47は、DUD形式に乗っ取っていなかったためインストール時に利用できませんでした。
  • Red Hat 9の Anacondaでコントローラの自動認識が可能になっています。
  • 大容量の論理ドライブ作成時に DiskDruidでの 'inconsistency error'が発生しなくなりました。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項