Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ATAコントローラ技術情報
CD-ROMの DMAモードでの利用について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 20-AUG-03
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

発生する問題について

 CD-ROMを DMAモードで mountするとシステムがロックアップすることがあります。

 従来、殆どのディストリビューションでは ATA接続された CD-ROMは PIOモードで利用していました。最近ではデバイスを PIOモードではなく DMAモードで利用するディストリビューションが出始めています。

 ProLiantシリーズの CD-ROMは通常 ServerWorks chipsetの ATAコントローラに接続されています。後述する該当製品とディストリビューションの組み合わせに於いては CD-ROMドライブに対し mountコマンドを発行した時点で下記のメッセージを consoleに表示し、システムがロックアップする事を確認しています。
Serverworks OSB4 in impossible state.
Disable UDMA or if you are using Seagate then try switching disk types
on this controller. Please report this event to osb4-bug@ide.cabal.tm
OSB4: continuing might cause disk corruption.

 なお、本現象は Compaq製品に特化した問題ではありません。

該当する製品、ディストリビューションについて

 発生する ProLiantは、ML/DL/BLシリーズ全般になります。
  • Red Hat Linux 7.2*
  • Red Hat Linux 7.3
  • Red Hat Linux 8.0
  • Red Hat Linux 2.1 Advanced Server
  • United Linux 1.0/SUSE Enterprise 8
*特定の DVD-ROMとの組合わせで発生する場合があります
 比較的古い ServerWorks chipsetを利用しているシステムの場合には本現象は発生しません。現時点に於いて、社内で問題発生が確認されているシステムは ProLiant DL360G2, ML530G2になります。

 上記のディストリビューション以外を利用している場合、もしくは本現象が発生していない ProLiantをご利用の場合であっても、将来の kernelアップデートを行う事による影響を考え、安定動作が可能な PIOモードで CD-ROMを利用する様に予め構成変更を行っておく事を強くおすすめします。

回避方法 - インストール時

 インストール時に CD-ROMメディアの読み取りエラーが頻発する場合、'ide=nodma'パラメータを BOOT kernelに引渡してください。
boot: linux ide=nodma

回避方法 - インストール後

 本現象は CD-ROMを PIOモードで利用する事で回避可能です。kernel parameterで ide=nodmaオプションを引き渡してください。下記は /etc/lilo.confでの設定例です。
liloの例
#vi /etc/lilo.conf
 image=/boot/vmlinuz-2.4.18-3smp
   label=linux
   initrd=/boot/initrd-2.4.18-3smp.img
   read-only
   root=/dev/cciss/c0d0p2
   append="ide=nodma"
grubの例
#vi /boot/grub/grub.conf
 default=0
 timeout=10
 splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
 title Red Hat Linux (2.4.18-3smp)
   root (hd0,0)
   kernel /vmlinuz-2.4.18-3smp ro root=/dev/cciss/c0d0p2 ide=nodma
   initrd /initrd-2.4.18-3smp.img

 kernelが CD-ROMを PIOモードで利用しようとしているのかは、下記の方法で確かめられます。
#dmesg|grep nodmaIDE
 ide_setup: ide=nodmaIDE: Prevented DMA
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項