Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

ATAシステムでの 8GB以降領域の利用方法
Turbolinux Server 6.1
Miracle LINUX Standard Edition V1.0
/PosgreSQL/Samba

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 11-APR-02
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。
 本ページでは Turbolinux Server 6.1, Miracle Linux 1.0Jを下記のシステムで利用する場合に於いて、本来の HDD容量を利用するための方法を記述します。
  • ProLiant ML330e
  • ProLiant DL320/ATAモデル

infomation  本ページ内の結果は 20GB HDDを利用したもので、ATA HDDの 8.4GBの壁問題にまで対応可能です。40GB HDDを利用した場合には ATA HDDの 33.8GBの壁問題があります。 詳細はATA HDDの容量認識レポートをご覧ください。
11-APR-02

発生する問題

 Turbolinux Server 6.1と Miracle Linux 1.0J(以降 Turbo系)を ATA仕様の HDDを装備するシステムにインストールしようとする場合、1台目の HDDの容量が 8GBまでしか認識されません。

 これは Turbo系インストーラと Compaq System Partition(ID=0x12)の組み合わせで起きる事を確認しており、Red Hat等が利用している Anacondaインストーラではこの現象は発生しません。また、Turbo系インストーラの場合、FATパーティションとの組み合わせでも起きる事を確認しています。

ProLiant DL320の ATAモデルについて

 SmartStart CD-ROMで "Linux"を選択 OSとしてハードウェアセットアップを行った場合、Compaq System Partition(ID=0x12)が作成されますが、本機のシステムコンフィギュレーションは SCU(system configuration utility)を利用するのではなく RBSU(ROM BIOS setup utility)を利用しますので、Linuxをインストールした後のシステム運用時に於けるハードウェア構成の変更においても、Compaq System Partition(ID=0x12)を削除しても支障はありません。

 ATA形式の 2台目の HDDを搭載している場合、SmartStartでのハードウェアセットアップは 2台目の HDD上には Compaq System Partionは作成しませんので、本ページで示す回避策を 2台目の HDDに対して行う必要はありません。

回避方法

 Turbo系のインストーラ内で Compaq System Partition(ID=0x12)を削除し、システムを再起動してから Turbo系のインストールを行う事でこの問題を回避できます。実際の手順は下記の方法になります。
  • 通常と同様に SmartStart CD-ROMを利用して ProLiantシリーズのハードウェアセットアップを行ないます。
  • Turbo系の CD-ROMでシステムを起動します。
  • パーティション設定ツールである tfdiskの画面までインストールを進めます。
  • <Ctrl>+<Alt>+<F2>を同時に押してシェル画面へ切り替え、下記コマンドにて fdiskを起動します。
    bash-2.04# fdisk /dev/hde
  • 下記コマンドにて /dev/hde3を削除します。削除後、Syncing disks.と表示され #プロンプトが表示されます。
    Command: p ⇒パーティションの存在を確認
    Command: d
    Partition number(1-4): 3
    Command: p ⇒パーティションが削除された事を確認
    Command: w
    WARNING: If you have created or modified any DOS 6.x
    partitions, please see the fidks manual page for additional
    information.
    Syncing disks.
    bash-2.04#
  • <Ctrl>+<Alt>+<Del>を同時に押してシステムを再起動します。
  • 後は通常通り Turbo系のインストールを行ってください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
© 2004 Hewlett-Packard Development Company, L.P.