Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Adaptec系ハードウェア RAID、HostRAID-8130の自動リビルドについて

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
21-APR-06
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

HostRAID-8130の自動リビルドについて

 ML150G2専用である HostRAID-8130コントローラは、StorManを導入していないと自動リビルドは一切行われません。またシステムをリブートしてもリビルドは開始されません。

 StorManが導入されていると、バックグラウンドで StorManの監視エージェントが稼動しているため自動でリビルドが掛かります。

 StorManを利用しない場合は、UCLIでコントローラの状況を確認する事でリビルドを開始する事が可能です。

Turbolinux 10 Server x64での利用について

 Turbolinux 10 Server x64(X86_64)は aar81xxドライバが標準提供されていますが、前述通りリビルドを行うための StorMan, UCLIが必要となります。但し、HPは StorMan, UCLIが本ディストリビューション上で正常稼動するか確認していません。このため ML150G2/SATAモデルで同ディストリビューションを利用する際には、AHA-2610SAコントローラに換装してご利用ください。

StorMan, UCLIについて

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、サイト内リンクこちらをご参照ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項