Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

VCA(Version Control Agent)についての技術情報
v6.1.0-7用、対応環境とインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
12-AUG-2010, revised 05-JAN-2011
PSP-Ready  本ソフトウェアが対応するのは主に ProLiantファミリーの 300/500/700シリーズと Bladeシリーズになります。但し、これらの全てのシリーズでサポートしている訳ではありません。詳細な対応情報、またダウンロードについては、本ページ下部の [ダウンロード]セクションから本ソフトウェアが同梱されている ProLiant Support Pack(PSP)の該当バージョンページをご覧ください。
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本ソフトウェアに添付される等している詳細なドキュメントについて

ProLiantマニュアルページ    本ソフトウェアに関するユーザガイド等をはじめとした、ドキュメントはサイト外リンクProLiantマニュアルページにも用意しておりますのでご覧ください。

本ソフトウェアの対象機種と、対象ディストリビューションについて

support matrixページへ    詳細な対応情報についてはサイト外リンクLinux certification and support matrixページで、対象機種を選択後に、`Drivers`セクションで利用されるディストリビューションを選択し、対象となるソフトウェアがサポートされているかを必ず確認してください。

 本ページ内のこれより以降の情報は、前述のリンク先にある情報をまとめ、補足したものとなります。

本バージョンでの主な変更点について

  • VCAがドライバパッケージのインストールに失敗する場合があった問題を修正しました。

既知の問題と Linux版 VCAの機能制限について

  • SLES10以外の G6世代 Intel Xeon搭載機の場合のみ、SMH上から VCAへアクセスする毎に下記のエラーが記録されます。これは VCAエージェントが BIOS関連の情報を取得する際に記録されるメッセージで仕様によるもので無害です。無視してください。
    Program vcagentd tried to read /dev/mem between 7f0000->7ff000.
  • Linux版 VCAでは、PSP単位での差分取得・更新のみ行えます。これは、現在利用している PSPの次のバージョンが出てくる迄の間にリリースされる差分モジュールについての情報取得・更新が行えない事を意味します。

対応するディストリビューションについて

Red Hat Enterprise Linux 4 AS&ES
Red Hat Enterprise Linux 5
SUSE Linux Enterprise Server 9
SUSE Linux Enterprise Server 10
SUSE Linux Enterprise Server 11

Xen kernel対応について

Xen 本ソフトウェアは、Xen kernel上での稼働をサポートしませんのでご注意ください。

VCRMサーバーの設定について

 VCAを設定する前に予め、VCRMサーバーの設定が必要になります。VCRMサーバーは Windowsサーバー環境にのみ提供されています。設定方法に関してはサイト内リンクVCRM設定手順についてをご覧ください。

PSP/SUMを利用しない場合の個別インストールについて

下記のコマンドでインストールを行います。予めサイト内リンクSMHを導入しておいてください。
#rpm -ivh hpvca-xxxx.xx.linux.rpm
  Preparing...  ###################################### [100%]
  1:hpvca     ###################################### [100%]
  Starting HP Version Control Agent            done

  ===============================================================
  NOTE: Please run /opt/hp/vcagent/etc/vcaconfig.sh as 'root' user to
  configure HP Version Control Agent.
  ===============================================================
#
#/opt/hp/vcagent/etc/vcaconfig.sh
  Please, set the required fields for version control agent configuration
  Repository.........: レポジトリサーバ(VCRM)のアドレスを入力
  Login..............: ログオンアカウントを入力
  Password...........: パスワードを入力
  Confirm Password...: 再度パスワードを入力
  Confirm data? [Y/N] 入力が正しければ `y`を入力

  vcagent configuration continue...
  setup completed successfully!
  Starting HP Version Control Agent: [ OK ]
#

README/Release Notesについて

 提供されていません。詳細は画面上のヘルプをご覧ください。

詳細な情報

 ユーザガイド、インストールガイド、リリースノート等の詳細な情報は、サイト外リンクProLiantマニュアルページをご覧ください。

ダウンロード

PSP-Ready  本ソフトウェアは ProLiant Support Pack(PSP)に対応しており、サイト内リンクv8.50/v8.51に同梱されています。

 SUSE Linux Enterprise Server 9用については、当該 PSPが存在しません。サイト外リンクLinux certification and support matrixページで、対象機種を選択後に、`Drivers`セクションからダウンロードしてください。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡