Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Adaptec Storage Manager(StorMan)についての技術情報
v3.10用、対応環境とインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
10-MAY-05, revised 24-NOV-06
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本バージョンでの主な変更点について

  • 画面が英語表記になりました。
  • x86_64を全面的にサポートします。
  • NX保護機能を有効にしたまま稼動できる様になりました
  • タスクのブロードキャストメッセージが発信できる様になりました
  • タスクの OSイベントログ出力が英語になったため文字化け問題は発生しなくなりました。

注意事項と既知の問題について

  • ブラウザ経由での接続はできません。
  • AHA-2610SAと SLES9/SP3(x86_64のみ)を組み合わせた場合、StorMan上での Status変化が反映されるのに 4分前後の時間が掛かる場合があります。
  • IPアドレスからホスト名が解決できないと StorMan自体が正常起動できない場合があります。
  • StorManでのリモート接続を行う場合、 IPアドレスからホスト名が解決できないと正常に接続できません。

対応するシステム環境とディストリビューションについて

対応コントローラ 対応ProLiant
× Adaptec AHA-2120S
Adaptec AHA-2610SA
HostRAID-8130
サイト内リンクx86版リスト
サイト内リンクx86_64版リスト

対応ディストリビューション
x86 x86_64
Red Hat EL3 AS&ES&WS*R
Red Hat EL4 AS&ES&WS(BASE)
× Red Hat EL4 AS&ES&WS/U1*2
× Red Hat EL4 AS&ES&WS/U2*2
Red Hat EL4 AS&ES&WS/U3
SuSE Linux Enteprise 9
Red Hat EL3 AS&ES&WS*R
× Red Hat EL4 AS&ES&WS(BASE)*1
× Red Hat EL4 AS&ES&WS/U1*2
× Red Hat EL4 AS&ES&WS/U2*2
Red Hat EL4 AS&ES&WS/U3
SuSE Linux Enteprise 9
*1 :正常起動しない
*2 :lockupを引き起こす
*R :U4以降推奨

インストール方法について

 下記のコマンドでインストールを行います。
#rpm -Uvh compat-libstdc++-x.xx.xx.i386.rpm(必要に応じて)
#rpm -ivh StorMan-x.xx.XXX.rpm

 Red Hat EL3の x86_64版の場合、’レガシーソフトウェアーの開発'パッケージグループを予め導入しておく必要があります。

利用方法について

 GUI管理画面の起動方法…
#/usr/StorMan/StorMan.sh
 エージェントを停止する場合…
#chkconfig --level 35 stor_agent off

ブラウザベースで接続できない問題について - リモート監視方法

 StorManはブラウザベースで http://<hostname>:34572に接続する事でのリモート管理機能を備えていますが、実際には接続しようとすると 「This page contains information of a type(application/x-java-applet;jpi-version=1.4.2_05) that can only be viewed with the appropriate Plug-in.」もしくは、「HP Storage Manager File Server: Error 404.」と表示されます。この問題は、必要な jpi-versionに対応した java plug-inとの整合性から生じるものです。

 リモートからの監視は、監視したい対象マシンにも StorManを導入(Linux版、Windows版問いません)し、対象サーバに接続する事で監視・管理が可能です。

 ちなみに、このブラウザ接続の問題はサイト外リンクhttp://www.blackdown.org/java-linux/java-linux-d2.html サイト上の j2re-1.4.2-02-linux-i586.bin を利用する事で接続する事は確認できていますが、HPはこの回避方法で StorManの全ての機能が正常利用可能かどうかを確認していません

ダウンロードについて

ftp-US ftp-JPN
ダウンロード サイト外リンクこちら
ダウンロード RPMx86用- StorMan-3.10.i386.rpm (30,739KB)
RPMx86_64用 - StorMan-3.10.x86_64.rpm (30,740KB)
TEXTREADME_3.10.TXT
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項