Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Systems Insight Manager v5.1 for Linux用対応環境とインストール方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
02-APR-07
Systems Insight Manager  本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

その後のアップデート・追加モジュールについて

[07-FEB-07] MIBアップデートキットが提供されています。

本バージョンでの変更点

既知の問題

  • TEXTReadmeを参照してください。

PMPへの対応について

 PMP(performance management pack)プラグインは、Linux版 SIMでは対応していません。PMPの詳細についてはサイト内リンクIMAの製品ページをご覧ください。

必要条件

ソフトウェア:
対応OS:
・ Red Hat Enterprise Linux AS 3 U7 (x86)
・ Red Hat Enterprise Linux ES 3 U7 (x86)
・ Red Hat Enterprise Linux AS 4 U3 (x86)
・ Red Hat Enterprise Linux ES 4 U3 (x86)
・ Red Hat Enterprise Linux 4 (x86_64)*1
・ SUSE Linux Enterprise Server 9, SP3 (x86)
・ SUSE Linux Enterprise Server 9 (x86_64)*1
・ SUSE Linux Enterprise Server 10

*1自動インストール未対応、マニュアルインストールのみ
対応WEBブラウザ:
・Linux/HP-UX:
  Firefox 1.5以上
・Windows:
  Microsoft Internet Explorer 6.0/SP1以上
必須アプリケーション:
・OpenSSH
・ProLiant Support Pack for Linux 7.00以上
・For Red Hat 3.0 AS/ES U7 (x86)
    PostgreSQL 7.4.1
・For Red Hat 4.0 AS/ES (x86)
    PostgreSQL 7.4.7-2
・For SUSE Enterprise server 9 (x86)
    PostgreSQL 7.4.2-36.3
・For SUSE Enterprise server 10 (x86)
    PostgreSQL 8.1.4
・standard C++ libraries
   - RedHat EL3: compat-libstdc++-x.x
   - RedHat EL4: compat-libstdc++-xxx
   - SUSE Linux ES 9: compat-xxxx.xx.xx-xx
   - SUSE Linux ES 10: compat-xxxx.xx.xx-xx
オプションアプリケーション:
・Oracle10g

ハードウェア:
HP IA-32システム:
最小: 1.5-GHz processor and 1GB RAM
  ※Oracleがインストールされたシステムでは最小4GB
推奨: 2.4-GHz processor and 1.5GB RAM
ディスクスペース:
・CMS(Central Management Server)のために2MB (/)
・CMS(Central Management Server)と DTF(Distributed Task Facility)エージェントのために400MB (/opt)
・データ領域のために最小500MB(/var/opt)

注意事項:
・HP SIM5.1 を Linux VM上で実行するときは ESX 3.0.1以降を使ってください
・HP SIM CMS は IPFをサポートしません

インストール

 本インストール手順は、RedHat Enterprise Linux 4 ES(Update3)/x86を新規フルインストール(anacondaのインストールパッケージで”すべて”を選択)した環境に Systems Insight Manager v5.1 for Linux(およびProLiant Support Pack 7.70)をインストールした場合のものです。詳細はPDFHP Systems Insight Manager 5.1 Installation and User Guideの“Chapter 3. Installing HP SIM on the CMS for the first time”を参照してください。
 インストールにあたり、以下のアプリケーションおよびerrataパッケージが必要となりますので、事前に準備いただくことを推奨します。各ファイルのダウンロードサイトについては、本ページの“ダウンロード”を参照してください。
  • ProLiant Support Pack 7.70
  • Systems Insight Manager v5.1 for Linux
  • Firefox 1.5以上(ディストリビューション提供)

1. ProLiant Support Pack 7.0以上(本例では7.70)のインストール
  ProLiant Support Pack 7.70のインストールについては、こちらの技術文書をご覧ください。

2. PostgreSQLのアンインストール
   x86環境の場合、HP SIM 5.1に同梱されている PostgreSQLを使うので、ディストリビューション提供の PostgreSQLをアンインストールしてください。x86_64環境ではディストリビューション提供の PostgreSQLを使いますので本手順は必要ありません。
※管理用DBにOracle10gを利用する場合は、ユーザーガイドをご覧ください。
# rpm -qa | grep postgresql
postgresql-libs-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-python-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-test-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-devel-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-tcl-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-server-7.4.8-1.RHEL4.1
freeradius-postgresql-1.0.1-3.RHEL4
postgresql-jdbc-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-odbc-7.3-8.RHEL4.1
postgresql-docs-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-contrib-7.4.8-1.RHEL4.1
postgresql-pl-7.4.8-1.RHEL4.1
# rpm -qa | grep postgresql | xargs rpm -e --nodeps
# rm -rf /var/lib/pgsql /usr/lib/pgsql

3. SSHパッケージの確認
  sshがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep ssh
openssh-clients-3.9p1-8.RHEL4.12
openssh-server-3.9p1-8.RHEL4.12
openssh-askpass-3.9p1-8.RHEL4.12
openssh-3.9p1-8.RHEL4.12
openssh-askpass-gnome-3.9p1-8.RHEL4.12
#

4. net-snmpパッケージの確認
  net-snmpがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep net-snmp
net-snmp-utils-5.1.2-11.EL4.6
net-snmp-devel-5.1.2-11.EL4.6
net-snmp-5.1.2-11.EL4.6
net-snmp-libs-5.1.2-11.EL4.6
net-snmp-perl-5.1.2-11.EL4.6
#

5. 標準C++ライブラリの確認
  standard C++ libraries (compat-libstdc++)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep compat
compat-libstdc++-33-3.2.3-47.3
compat-openldap-2.1.30-4
compat-gcc-32-3.2.3-47.3
nss_db-compat-2.2-29
compat-libgcc-296-2.96-132.7.2
compat-libstdc++-296-2.96-132.7.2
compat-glibc-headers-2.3.2-95.30
compat-libcom_err-1.0-5
java-1.4.2-gcj-compat-devel-1.4.2.0-27jpp
java-1.4.2-gcj-compat-1.4.2.0-27jpp
compat-glibc-2.3.2-95.30
compat-db-4.1.25-9
compat-gcc-32-c++-3.2.3-47.3
#

6. glibの確認
  glibがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep glib
glib2-devel-2.4.7-1
glibc-kernheaders-2.4-9.1.98.EL
glib-devel-1.2.10-15
glibc-devel-2.3.4-2.19
glibc-2.3.4-2.19
dbus-glib-0.22-12.EL.5
glib-1.2.10-15
compat-glibc-headers-2.3.2-95.30
glibc-utils-2.3.4-2.19
glibc-common-2.3.4-2.19
compat-glibc-2.3.2-95.30
glibc-profile-2.3.4-2.19
glib2-2.4.7-1
glibc-headers-2.3.4-2.19
#

7. PostgreSQLおよび hpsimのインストール
 
【マニュアルインストール】
  7-1. Systems Insight Manager に含まれる PostgreSQLパッケージを展開します。
# ./HPSIM-Linux-C.05.01.00.00.bin --keep --confirm
Creating directory mxserver
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett-Packard Development Company, L.P. HP Systems Insight Manager C.05.01.00.00........................
OK to execute: ./mxbundle.server.postinstall ./HPSIM-Linux-C.05.01.00.00.bin ? [Y/n]
n
# cd mxserver/
# ls
SysMgmtDB-8.0.2-1PGDG.i386.rpm
SysMgmtDB-8.0.2-1PGDG.i586.rpm
hpsim-C.05.01.00.00-1.i386.rpm
hpsim-pgsql-config-C.05.01.00.00-1.i386.rpm
mxbundle.server.postinstall
postgresql-7.4-0.i586.rpm
postgresql-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-7.4.2-36.3.i586.rpm
postgresql-7.4.7-2PGDG.i686.rpm
postgresql-8.0.1-2PGDG.i686.rpm
postgresql-8.1.4-1.3.i586.rpm
postgresql-libs-7.4-0.i586.rpm
postgresql-libs-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-libs-7.4.2-36.3.i586.rpm
postgresql-libs-7.4.7-2PGDG.i686.rpm
postgresql-libs-8.0.1-2PGDG.i686.rpm
postgresql-libs-8.1.4-1.3.i586.rpm
postgresql-server-7.4-0.i586.rpm
postgresql-server-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-server-7.4.2-36.3.i586.rpm
postgresql-server-7.4.7-2PGDG.i686.rpm
postgresql-server-8.0.1-2PGDG.i686.rpm
postgresql-server-8.1.4-1.3.i586.rpm
#

  7-2. PostgreSQLのインストール
RedHat Enterprise Linux 4/Update3(x86) の場合、postgresql-7.4.7 をインストールします。
x86環境では、RedHatのバージョン、またはディストリビューションによってインストールする PosgreSQLが異なります。また、x86_64環境ではSIM5.1提供ではなく、ディストリビューション提供PostgreSQLを使いますので本手順は必要ありません。
# rpm -i postgresql-libs-7.4.7-2PGDG.i686.rpm \
> postgresql-7.4.7-2PGDG.i686.rpm \
> postgresql-server-7.4.7-2PGDG.i686.rpm
警告: postgresql-libs-7.4.7-2PGDG.i686.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID 748f7d0e
#

  7-3. PostgreSQLインストール後の設定
PostgreSQLがブート時に自動起動するように設定します。
# chkconfig --list postgresql
postgresql 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
# chkconfig postgresql on
# chkconfig --list postgresql
postgresql 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

PostgreSQLを起動します
# service postgresql start
データベースを初期化中: [ OK ]  postgresql サービスを開始中: [ OK ]
# service postgresql status
postmaster (pid 20344 20343 20341) を実行中...
#

  7-4. hpsimのインストール
hpsimをインストールします。
# rpm -i hpsim*.rpm
#

【自動インストール】
  7-1. マニュアルインストール手順7-1〜7-4を自動化したものが下記の手順です。
注意: 'rpm -qa | grep -i -e postgresql'で抽出されるrpmパッケージを全てアンインストールしないと自動インストールできません。
# ./HPSIM-Linux-C.05.01.00.00.bin
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett-Packard Development Company, L.P. HP Systems Insight Manager C.05.01.00.00........................
Installing postgresql*7.4.7-2PGDG* ...
warning: postgresql-7.4.7-2PGDG.i686.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID 748f7d0e
ok
Installing hpsim* ...
ok
#

8. hpsimのインストール環境の確認
  mxinitconfigコマンドで hpsimインストールが可能な状態か確認します。
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -l
次のサーバ コンポーネントの現在のステータスをリスト (14):
 1. カーネル パラメータの確認 ...OK
ステータス : 未設定
 2. サーバ プロパティ ファイル ..OK
ステータス : 未設定
 3. サーバ認証キー ..OK
ステータス : 未設定
 4. SSHキー ..OK
ステータス : 未設定
 5. ステータス プロパティ ファイル ..OK
ステータス : 未設定
 6. タスク結果出力のクリーンアップ ..OK
ステータス : 未設定
 7. データベース設定 ..OK
ステータス : 未設定
 8. データベース内容 ..OK
ステータス : 未設定
 9. Webサーバ ..OK
ステータス : 未設定
 10. セットアップ プロパティ ファイル ..OK
ステータス : 未設定
 11. JBoss設定 ..OK
ステータス : 未設定
 12. エージェント設定 ..OK
ステータス : 未設定
 13. マネジメント サービス ..OK
ステータス : 未設定
 14. 初期化およびデータベース ポピュレーション ..OK
ステータス : 未設定
全てのタスクが完了しました。

詳細は次のログファイルを参照してください - /var/opt/mx/logs
#

9. hpsimの初期化
  mxinitconfigコマンドで hpsimを初期化します。データベースの初期化はバックグラウンドで実行され数分で完了します。
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -a
必要条件の確認 (14):
 1. カーネル パラメータの確認 ..OK
 2. サーバ プロパティ ファイル ..OK
 3. サーバ認証キー ..OK
 4. SSHキー ..OK
 5. ステータス プロパティ ファイル ..OK
 6. タスク結果出力のクリーンアップ ..OK
 7. データベース設定 ..OK
 8. データベース内容 ..OK
 9. Webサーバ ..OK
 10. セットアップ プロパティ ファイル ..OK
 11. JBoss設定 ..OK
 12. エージェント設定 ..OK
 13. マネジメント サービス ..OK
 14. 初期化およびデータベース ポピュレーション ..OK
必要条件スキャンが完了しました。

サーバ コンポーネントの設定 (14):
 1. カーネル パラメータの確認 ..完了
 2. サーバ プロパティ ファイル ..完了
 3. サーバ認証キー ..完了
 4. SSHキー ..完了
 5. ステータス プロパティ ファイル ..完了
 6. タスク結果出力のクリーンアップ ..完了
 7. データベース設定 .....完了
 8. データベース内容 ..完了
 9. Webサーバ ..完了
 10. セットアップ プロパティ ファイル ..完了
 11. JBoss設定 ..完了
 12. エージェント設定 ..完了
 13. マネジメント サービス ..完了
 14. 初期化およびデータベース ポピュレーション ....
   - ツールの設定およびツール データベースのポピュレート ...........完了
  - データベースの初期化 .....................................完了
  - MIBコンパイルおよびMIBデータ ベースのポピュレート ....完了
全てのタスクが完了しました。
詳細は次のログファイルを参照してください - /var/opt/mx/logs
#


10. Central Management Server(mxdomainmgr および mxdtf)デーモンが起動しているか確認します。
 
# ps -ef | grep mx
root 24344 1 4 11:03 ? 00:00:14 /opt/mx/lbin/mxdtf -env LANG=ja_JP.UTF-8
root   24345   1   38 11:03   ?   00:02:14 /opt/mx/lbin/mxdomainmgr -env LANG=ja_JP.UTF-8
postgres   24448   24053   2 11:03   pts/3   00:00:08 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   24482   24053   2 11:03   pts/3   00:00:09 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   24920   24053   2 11:04   pts/3   00:00:07 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
root   26646   1   7 11:08   ?   00:00:04 /opt/mx/lbin/mxinventory -WBEM 1174010885247
root   27201   14823   0 11:09   pts/3   00:00:00 grep mx
#                    

デーモンが起動していなければ、mxstartコマンドで起動します。
# /opt/mx/bin/mxstart
#


11. hpasm(hprsm)デーモンの停止
 
# service hpasm stop
Shutting down NIC Agents (cmanic): All agents
 Shutting down NIC Agent Daemon (cmanicd):[ OK ]
 Shutting down Storage Agents (cmastor): cmaeventd cmaidad cmafcad cmaided cmascsid cmasasd
 Shutting down Storage Event Logger (cmaeventd):[ OK ]
 Shutting down IDA agent (cmaidad):[ OK ]
 Shutting down FCA agent (cmafcad):[ OK ]
 Shutting down IDE agent (cmaided):[ OK ]
 Shutting down SCSI agent (cmascsid):[ OK ]
 Shutting down SAS agent (cmasasd):[ OK ]

Stopping HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cmarackd cmasm2d cpqriisd cpqci
 Shutting down Rack agent (cmarackd):[ OK ]
 Shutting down RIB agent (cmasm2d):[ OK ]
 Already stopped cpqriisd.
 Stopping cpqci:[ OK ]

Shutting down Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
 Shutting down Standard Equipment agent (cmastdeqd):[ OK ]
 Shutting down Health agent (cmahealthd):[ OK ]
 Shutting down Performance agent (cmaperfd):[ OK ]

Shutting down Foundation Agents (cmafdtn): cmathreshd cmahostd cmapeerd
 Shutting down Threshold agent (cmathreshd):[ OK ]
 Shutting down Host agent (cmahostd):[ OK ]
 Shutting down SNMP Peer (cmapeerd):[ OK ]

 Shutting down Proliant System Health Monitor (hpasmd):[ OK ]
#

全てのタスクが完了しました。
# service snmpd stop
snmpd を停止中: [ OK ]
#
12. net-snmpデーモンの停止
  /etc/snmp/snmp.confファイルを編集するため net-snmpデーモンを停止します。
# service snmpd stop
snmpd を停止中: [ OK ]
#

13. snmp.confの設定
  /etc/snmp/snmpd.confを編集し、Central Management Serverの設定を IPもしくは hostname(本例では simsvrとします)を追加します。既に設定されている場合は必要ありません。
rocommunity public simsvr
trapsink simsvr public

14. net-snmpデーモンの起動
  /etc/snmp/snmp.confの設定を有効にするため、net-snmpデーモンを起動します。
# service snmpd start
snmpd を起動中: [ OK ]
#

15. hpasm(hprsm)デーモンの起動
  hpasm(hprsm)パッケージががインストールされていない場合、この手順は必要ありません。
# service hpasm start
 Starting Proliant System Health Monitor (hpasmd):[ OK ]
Starting Foundation Agents (cmafdtn): cmathreshd cmahostd cmapeerd
 Starting Threshold agent (cmathreshd):[ OK ]
 Starting Host agent (cmahostd):[ OK ]
 Starting SNMP Peer (cmapeerd):[ OK ]

Starting Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
 Starting Standard Equipment agent (cmastdeqd):[ OK ]
 Starting Health agent (cmahealthd):[ OK ]
 Starting Performance agent (cmaperfd):[ OK ]

Starting HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cpqci cpqriisd cmasm2d cmarackd
 Starting cpqci:[ OK ]
 Starting cpqriisd:[ OK ]
 Starting RIB agent (cmasm2d):[ OK ]
 Starting Rack agent (cmarackd):[ OK ]

Starting Storage Agents (cmastor): cmaeventd cmaidad cmafcad cmaided cmascsid cmasasd
 Starting Storage Event Logger (cmaeventd):[ OK ]
 Starting IDA agent (cmaidad):[ OK ]
 Starting FCA agent (cmafcad):[ OK ]
 Starting IDE agent (cmaided):[ OK ]
 Starting SCSI agent (cmascsid):[ OK ]
 Starting SAS agent (cmasasd):[ OK ]

Starting NIC Agents (cmanic): All agents
 Starting NIC Agent Daemon (cmanicd):[ OK ]  hpasm: Server Management is enabled
#

MIBアップデート

 本アップデート手順は、既にインストールされている SIM5.1の MIBを最新にアップデートするものです。詳細は、サイト外リンクReadmeを参照してください。
1. update kit を適当なディレクトリに展開
 
# ls -l
合計 7032
-rwxr-xr-x 1 root root 7188480 Mar 19 15:53 upd770mib.tar
# tar xvf upd770mib.tar
bladetype2-acl.mib
bladetype2-network.mib
..... 省略
upd770mib-readme.txt
updatemibs
#

2. updateスクリプトを実行
 

# chmod +x updatemibs
# ./updatemibs
root 13585 1 99 13:58 ? 00:01:32 /opt/mx/lbin/mxdomainmgr -env LANG=ja_JP.UTF-8
root 14423 14421 0 13:59 pts/5 00:00:00 grep mxdomainmgr
Copying cfg files to /opt/mx/mibs
bladetype2-acl.cfg
bladetype2-network.cfg
bladetype2-physical.cfg
bladetype2-qos.cfg
bladetype2-switch.cfg
bladetype2-trap.cfg
cisco-cdp.cfg
cisco-cluster.cfg
cisco-config-copy.cfg
cisco-entity-fru-control.cfg
cisco-entity-vendortype-oid.cfg
cisco-flash.cfg
cisco-ftp-client.cfg
cisco-igmp-filter.cfg
cisco-lag.cfg
cisco-mac-notification.cfg
cisco-memory-pool.cfg
cisco-nac-nad.cfg
cisco-pae.cfg
cisco-pagp.cfg
cisco-products.cfg
cisco-qos-pib.cfg
cisco-rttmon.cfg
cisco-stp-extensions.cfg
cisco-syslog.cfg
cisco-tc.cfg
cisco-udldp.cfg
cisco-vlan-membership.cfg
cisco-vtp.cfg
cpqhost.cfg
cpqide.cfg
cpqnic.cfg
cpqscsi.cfg
cpqsinfo.cfg
cpqsm2.cfg
cpqstdeq.cfg
cpqstsys.cfg
entity-mib.cfg
inet-address.cfg
old-cisco-chassis.cfg
snmp-framework-mib.cfg
snmp-mpd-mib.cfg
snmp-notification-mib.cfg
Copying mib files to /opt/mx/mibs
bladetype2-acl.mib
bladetype2-network.mib
bladetype2-physical.mib
bladetype2-qos.mib
bladetype2-switch.mib
bladetype2-trap.mib
cisco-cdp.mib
cisco-cluster.mib
cisco-config-copy.mib
cisco-entity-fru-control.mib
cisco-entity-vendortype-oid.mib
cisco-flash.mib
cisco-ftp-client.mib
cisco-igmp-filter.mib
cisco-lag.mib
cisco-mac-notification.mib
cisco-memory-pool.mib
cisco-nac-nad.mib
cisco-pae.mib
cisco-pagp.mib
cisco-products.mib
cisco-qos-pib.mib
cisco-rttmon.mib
cisco-stp-extensions.mib
cisco-syslog.mib
cisco-tc.mib
cisco-udldp.mib
cisco-vlan-membership.mib
cisco-vtp.mib
cpqhost.mib
cpqide.mib
cpqnic.mib
cpqscsi.mib
cpqsinfo.mib
cpqsm2.mib
cpqstdeq.mib
cpqstsys.mib
entity-mib.mib
inet-address.mib
old-cisco-chassis.mib
snmp-framework-mib.mib
snmp-mpd-mib.mib
snmp-notification-mib.mib
Copying mcompile to /opt/mx/bin
Linux localhost.localdomain 2.6.9-34.ELsmp #1 SMP Fri Feb 24 16:54:53 EST 2006 i686 i686 i386 GNU/Linux
Copying mcompile
Importing mibs into Systems Insight Manager

CFGをインポートしています bladetype2-acl.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています bladetype2-network.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています bladetype2-physical.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています bladetype2-qos.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています bladetype2-switch.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています bladetype2-trap.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-cdp.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-cluster.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-config-copy.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-entity-fru-control.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-entity-vendortype-oid.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-flash.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-ftp-client.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-igmp-filter.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-lag.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-mac-notification.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-memory-pool.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-nac-nad.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-pae.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-pagp.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-products.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-qos-pib.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-rttmon.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-stp-extensions.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-syslog.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-tc.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-udldp.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-vlan-membership.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cisco-vtp.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqhost.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqide.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqnic.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqscsi.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqsinfo.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqsm2.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqstdeq.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています cpqstsys.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています entity-mib.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています inet-address.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています old-cisco-chassis.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています snmp-framework-mib.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています snmp-mpd-mib.cfg
コマンドは完了しました

CFGをインポートしています snmp-notification-mib.cfg
コマンドは完了しました
Mib update for Management CD 7.70 completed
#


アクセス方法

http://Central Management Server の hostname or IPアドレス:280/

Central Management Serverログイン画面 Central Management Server初期画面
画像Central Management Serverログイン画面 画像Central Management Server初期画面

詳細な情報

 リリースノート、テクニカルリファレンスガイド、インストール・ユーザガイド、README等の詳細な情報は、サイト外リンクProLiantマニュアルページをご覧ください。

ダウンロード

サイト外リンク Linux Systems Insight Management(日本語サイト)
v5
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項