Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

Systems Insight Manager v4.2 for Linux 用対応環境とインストール方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
15-FEB-05, revised 12-APR-05
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本バージョンでの変更点

  • システムの監視の一時停止と再開
  • システムプロパティの編集
  • BladeSystemでブレードサーバの管理をサポート
  • HP Systems Insight Manager 4.01、4.1から4.2へのアップグレード

既知の問題

  • Mozillaを terminalから起動(#/usr/local/mozilla/mozilla)し、SIMのレフトメニューを操作する等した場合、'call:14071'等のメッセージが表示(GIF画像)されます。このメッセージは無視してください。
  • JAVA pluginとしてJ2SE5.0を使用した場合、動作を確認できませんでした。
  • PDF日本語版 HPSIM4.2 インストール/ユーザーガイドに記載されているシステム要件の内、サポートされるOSとPostgreSQLのバージョンは旧版の情報が記載されています。最新のシステム要件はPDF英語版 HPSIM4.2 Installation and User Guideを参照してください。

PMPへの対応について

 PMP(performance management pack)プラグインは、Linux版 SIMでは対応していません。PMPの詳細についてはサイト内リンクIMAの製品ページをご覧ください。

必要条件

ソフトウェア:
対応OS:
・Red Hat Enterprise Linux AS 2.1, Update 4
・Red Hat Enterprise Linux ES 2.1, Update 4
・Red Hat Enterprise Linux AS 3, Update 3
・Red Hat Enterprise Linux ES 3, Update 3
・SUSE Linux Enterprise Server 8, Service Pack 3
・SUSE Linux Enterprise Server 9

日本語環境の64ビット版 SUSE Linux Server 9 Enterprise Edition OS上へのインストールはサポートしていません。
対応WEBブラウザ:
・Linux/HP-UX:
  Mozilla 1.6以上(要Java JRE browser plug-in 1.4.2_03以上)
・Windows:
  Microsoft Internet Explorer 6.0以上(要 Java JRE browser plug-in 1.4.2.03以上)
必須アプリケーション:
・OpenSSH
・ProLiant Support Pack for Linux 7.00以上
・For Red Hat 2.1 AS/ES Update 4
  PostgreSQL 7.4-0.3
・For Red Hat 3.0 AS/ES Update 3
  PostgreSQL 7.4.1
・For SUSE Enterprise server 8, Service Pack 3
  PostgreSQL 7.4.0
・For SUSE Enterprise server 9
  PostgreSQL 7.4.2-36.3
・standard C++ libraries
  - RedHat EL2.1: compat-libstdc++-6.2
  - RedHat EL3: compat-libstdc++-7.3
  - SUSE Linux ES 8: compat-xxxx.xx.xx-xx
  - SUSE Linux ES 9: compat-xxxx.xx.xx-xx
オプションアプリケーション:
・Mozilla1.6以上
 ※Mozillaをインストールする場合、下記ライブラリが必要です。
  ・gdk-pixbuf-0.22.0-3.0以上
  ・JAVA jre browser plugin 1.4.2_03以上

ハードウェア:
HP IA-32システム:
最小: 1.5-GHz processor and 512MB RAM
推奨: 2.4-GHz processor and 1GB RAM
ディスクスペース:
・CMS(Central Management Server)と DTF(Distributed Task Facility)エージェントのために
 256MB (/opt)
・データ領域のために最小500MB(/var/opt)

インストール

 本インストール手順は、RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update3)を新規フルインストール(anacondaのインストールパッケージで”すべて”を選択)した環境に Systems Insight Manager v4.2 for Linux(およびProLiant Support Pack 7.1)をインストールした場合のものです。詳細はPDFHP Systems Insight Manager 4.2 Installation and User Guideの“Chapter 3. Installing on Linux”を参照してください。
 インストールにあたり、以下のアプリケーションおよびerrataパッケージが必要となりますので、事前に準備いただくことを推奨します。各ファイルのダウンロードサイトについては、本ページの“ダウンロード”を参照してください。
  • ProLiant Support Pack 7.1
  • Systems Insight Manager v4.2 for Linux
  • Mozilla 1.6以上
  • Java Runtime Environment
  • 最新gdk-pixbufパッケージ
1. ProLiant Support Pack 7.0以上(本例では7.1)のインストール
  ProLiant Support Pack 7.1のインストールについては、こちらの技術文書をご覧ください。

2. Service Control Managerの確認
   Service Control Manager(mxcms, mxagent および mxrepositoryパッケージ)がインストールされているか確認します。

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update3)をフルインストールした場合、mx4j, mxパッケージが
 インストールされていますが、これらのパッケージは Service Control Managerと関係ありません。
# rpm -qa | grep mx
mx4j-1.1.1-6 ← このパッケージは Service Control Managerと関係ありません
mx-2.0.3-8 ← このパッケージは Service Control Managerと関係ありません
#

Service Control Managerがインストールされている場合はアンインストールします。

# rpm -e mxcms mxagent mxrepository

3. PostgreSQLのバージョン確認
   Systems Insight ManagerでサポートされているPostgreSQLがインストールされているか確認します。Sysytems Insight ManagerがサポートしていないバージョンのPostgreSQLがインストールされていたらデータベースをバックアップしPostgreSQLをアンインストールします。なお、バックアップしたデータベースはSystems Insight Managerで使用するPostgreSQLと互換性はありません。
# rpm -qa | grep postgresql
rh-postgresql-devel-7.3.6-7
rh-postgresql-tcl-7.3.6-7
rh-postgresql-pl-7.3.6-7
rh-postgresql-libs-7.3.6-7
rh-postgresql-7.3.6-7
rh-postgresql-test-7.3.6-7
rh-postgresql-docs-7.3.6-7
rh-postgresql-python-7.3.6-7
rh-postgresql-contrib-7.3.6-7
rh-postgresql-server-7.3.6-7
rh-postgresql-jdbc-7.3.6-7
postgresql-odbc-7.3-3
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update3)をフルインストールした場合、RedHat標準の PostgreSQLがインストールされています。RedHat標準PostgreSQLは、Systems Insight Managerのサポートするバージョンではないのでアンインストールします。

以下は依存関係を解決しながらRedHat標準のPostgreSQLをアンインストールした例です。
# rpm -e rh-postgresql-test
# rpm -e rh-postgresql-pl
# rpm -e rh-postgresql-tcl
# rpm -e rh-postgresql-python
# rpm -e rh-postgresql-docs
# rpm -e rh-postgresql-jdbc
# rpm -e rh-postgresql-devel
# rpm -e rh-postgresql-contrib
# rpm -qa | grep postgresql
rh-postgresql-libs-7.3.6-7
rh-postgresql-7.3.6-7
rh-postgresql-server-7.3.6-7
# rpm -e rh-postgresql-libs
エラー: Failed dependencies:
     libpq.so is needed by (installed) rh-postgresql-server-7.3.6-7
     libpq.so.3 is needed by (installed) xemacs-21.4.13-8.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) mod_auth_pgsql-2.0.1-4.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) php-pgsql-4.3.2-14.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) perl-DBD-Pg-1.21-2
     libpq.so.3 is needed by (installed) rh-postgresql-7.3.6-7
     libpq.so.3 is needed by (installed) rh-postgresql-server-7.3.6-7
     postgresql-libs >= 7.3 is needed by (installed) postgresql-odbc-7.3-3
# rpm -e postgresql-odbc
# rpm -e rh-postgresql
エラー: Failed dependencies:
     postgresql = 7.3.6 is needed by (installed) rh-postgresql-server-7.3.6-7
# rpm -e rh-postgresql-server
# rpm -e rh-postgresql-libs
エラー: Failed dependencies:
     libpq.so.3 is needed by (installed) xemacs-21.4.13-8.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) mod_auth_pgsql-2.0.1-4.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) php-pgsql-4.3.2-14.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) perl-DBD-Pg-1.21-2
# rpm -e php-pgsql
# rpm -e perl-DBD-Pg
# rpm -e pmod_auth_pgsql
# rpm -e rh-postgresql-libs
エラー: Failed dependencies:
     libpq.so.3 is needed by (installed) xemacs-21.4.13-8.ent
# rpm -e xemacs
エラー: Failed dependencies:
     xemacs >= 21.4.10-6 is needed by (installed) apel-xemacs-10.4-3
     xemacs = 21.4.13 is needed by (installed) xemacs-el-21.4.13-8.ent
     xemacs = 21.4.13 is needed by (installed) xemacs-info-21.4.13-8.ent
# rpm -qa | grep xemacs
xemacs-el-21.4.13-8.ent
xemacs-21.4.13-8.ent
xemacs-info-21.4.13-8.ent
apel-xemacs-10.4-3
# rpm -qa | grep xemacs | xargs rpm -e
# rpm -e rh-postgresql-libs
# rpm -qa | grep postgresql
# ← 全てアンインストールできました

4. sshパッケージの確認
  sshがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep ssh
openssh-clients-3.6.1p2-33.30.1
openssh-3.6.1p2-33.30.1
openssh-server-3.6.1p2-33.30.1
openssh-askpass-gnome-3.6.1p2-33.30.1
openssh-askpass-3.6.1p2-33.30.1
#

5. net-snmpパッケージの確認
  HP提供 snmpパッケージがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep snmp
net-snmp-cmaX-utils-5.1-199
net-snmp-cmaX-devel-5.1-199
net-snmp-cmaX-5.1-199
net-snmp-cmaX-perl-5.1-199
#

6. 標準C++ライブラリの確認
  standard C++ libraries (compat-libstdc++-7.3)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep compat
compat-libstdc++-7.3-2.96.128
compat-gcc-7.3-2.96.128
compat-pwdb-0.62-3
compat-db-4.0.14-5
compat-glibc-7.x-2.2.4.32.6
compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.128
compat-slang-1.4.5-5
compat-gcc-c++-7.3-2.96.128
#


 手順7〜13は、Central Management ServerとMozilla1.6 を同一マシンにインストールする場合の手順です。Central Management Serverのみをインストールする場合は、手順14へ進んでください。

7. glibの確認
  glibがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep glib
glibc-utils-2.3.2-95.27
glibc-headers-2.3.2-95.27
glibc-2.3.2-95.27
glib2-2.2.3-2.0
compat-glibc-7.x-2.2.4.32.6
glibc-common-2.3.2-95.27
glib-1.2.10-11.1
glibc-devel-2.3.2-95.27
glib-devel-1.2.10-11.1
glibc-profile-2.3.2-95.27
glibc-kernheaders-2.4-8.34.1
glib2-devel-2.2.3-2.0
#

8. gdk-pixbufの確認
  gdk-pixbuf(Version 0.22.0-3.0以上)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep gdk-pixbuf
gdk-pixbuf-0.22.0-6.1.1
gdk-pixbuf-gnome-0.22.0-6.1.1
gdk-pixbuf-devel-0.22.0-6.1.1
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update3)の場合、0.22.0以上の gdk-pixbufがインストールされていますが、最新のgdk-pixbufへアップデートします。
 ※gdk-pixbuf-0.22.0-11.3.3は、2005/1/25時点でRedHat Enterprise Linux 3 の最新errataパッケージとなります。
最新gdk-pixbufパッケージが存在するディレクトリへ移動します

# ls -l
合計 440
-rwxr-xr-x 1 root root 226271 Jan 25 14:22 gdk-pixbuf-0.22.0-11.3.3.i386.rpm
-rwxr-xr-x   1 root   root   194355   Jan 25 14:22   gdk-pixbuf-devel-0.22.0-11.3.3.i386.rpm
-rwxr-xr-x   1 root   root   13818   Jan 25 14:22   gdk-pixbuf-gnome-0.22.0-11.3.3.i386.rpm
# rpm -Uvh gdk-pixbuf-*.rpm ← アップデートします
warning: gdk-pixbuf-0.22.0-11.3.3.i386.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID db42a60e
Preparing...          ########################################### [100%]
    1:gdk-pixbuf      ########################################### [100%]
    2:gdk-pixbuf-gnome ########################################### [100%]
    3:gdk-pixbuf-devel  ########################################### [100%]
# rpm -qa | grep gdk-pixbuf ← アップデートされたか確認します
gdk-pixbuf-devel-0.22.0-11.3.3
gdk-pixbuf-gnome-0.22.0-11.3.3
gdk-pixbuf-0.22.0-11.3.3
#

9. Java Runtime Environmentの確認
  Java Runtime Environment (1.4.2_03以上)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep java
gcc-java-ssa-3.5ssa-0.20030801.48
db4-java-4.1.25-8
javamail-20031006-1
gcc-java-3.2.3-42
redhat-java-rpm-scripts-1.0.2-2
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Upadte3)ではJava Runtime Environmentがインストールされないので、Java Runtime Environment(1.4.2_03以上)をインストールします。

  9-1. Java Runtime Environmentのインストール
     異なるバージョンのJava Runtime Environmentの共存は可能ですが、Mozilla1.6が旧バージョンのJava Runtime Environmentを参照したりしないように注意してください。

本例では、/usr/java へインストールします。
Java Runtime Environmentインストールファイルが存在するディレクトリへ移動します

# mkdir /usr/java
# cp j2re-1_4_2_07-linux-i586.bin /usr/java ← JREインストーラーが起動されたディレクトリへファイルが展開されるので/usr/javaへコピーします
# cd /usr/java
# ./j2re-1_4_2_07-linux-i586.bin

Sun Microsystems, Inc. Binary Code License Agreement

for the JAVATM 2 RUNTIME ENVIRONMENT (J2RE), STANDARD
EDITION, VERSION 1.4.2_X
       ・
       ・中略
       ・
For inquiries please contact: Sun Microsystems, Inc., 4150
Network Circle, Santa Clara, California 95054, U.S.A.
(LFI#143274/Form ID#011801)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes ← yesを入力します
Unpacking...
Checksumming...
0
0
Extracting...
UnZipSFX 5.40 of 28 November 1998, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).           creating: j2re1.4.2_07/
   creating: j2re1.4.2_07/bin/
   inflating: j2re1.4.2_07/bin/java
       ・
       ・中略
       ・
extracting: j2re1.4.2_07/javaws/sunlogo64x30.gif
Creating j2re1.4.2_07/lib/rt.jar
Creating j2re1.4.2_07/lib/jsse.jar
Creating j2re1.4.2_07/lib/charsets.jar
Creating j2re1.4.2_07/lib/ext/localedata.jar
Creating j2re1.4.2_07/lib/plugin.jar
Creating j2re1.4.2_07/javaws/javaws.jar
Done.
# rm j2re-1_4_2_07-linux-i586.bin ← JREインストーラーを削除します
rm: remove 通常ファイル `j2re-1_4_2_07-linux-i586.bin'? y
#


10. Mozillaバージョンの確認
   Systems Insight ManagerがサポートしているMozilla(Version 1.6以上)がインストールされているか確認します。
Mozillaのバージョンを確認
 RedHat標準のMozillaを起動し、メニュー "ヘルプ" -> "Mozillaについて" をクリックしてMozillaのバージョンを確認します。

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update3)の場合、左図の通りバージョン1.4.3がインストールされていますので、新たにバージョン1.7.5をインストールします。

  10-1. Mozilla1.7.5のインストール
    ※Mozilla 1.4.3と1.7.5は共存可能ですが、プロファイル等のコンフリクトにご注意ください。
Mozilla1.7.5が存在するディレクトリへ移動します

# ls
mozilla-1.7.5.ja-JP.linux-i686.installer.tar.gz
# tar xvzf mozilla-1.7.5.ja-JP.linux-i686.installer.tar.gz ← インストールファイルを展開します
mozilla-installer/
mozilla-installer/xpi
mozilla-installer/xpi/xpcom.xpi
mozilla-installer/xpi/browser.xpi
mozilla-installer/xpi/psm.xpi
mozilla-installer/xpi/mail.xpi
mozilla-installer/xpi/chatzilla.xpi
mozilla-installer/xpi/talkback.xpi
mozilla-installer/xpi/venkman.xpi
mozilla-installer/xpi/inspector.xpi
mozilla-installer/xpi/spellcheck.xpi
mozilla-installer/xpi/langjajp.xpi
mozilla-installer/mozilla-installer
mozilla-installer/mozilla-installer-bin
mozilla-installer/installer.ini
mozilla-installer/README
mozilla-installer/MPL-1.1.txt
mozilla-installer/config.ini
# ls
mozilla-1.7.5.ja-JP.linux-i686.installer.tar.gz
mozilla-installer
# cd mozilla-installer/ ← mozilla-installerディレクトリへインストーラーが展開されます
# ls
MPL-1.1.txt  config.ini      mozilla-installer     xpi
README    installer.ini     mozilla-installer-bin
# ./mozilla-installer ← インストーラーを起動します

GUI上の Mozilla1.7.5インストール手順

インストール手順 1
 Mozilla1.7.5インストーラー起動直後の画面です。”次へ>”をクリックします。

インストール手順 2
 “同意する”をクリックします。

インストール手順 3
 インストールのタイプとディレクトリを指定し、“次へ>”をクリックします。本例では インストールタイプ“基本”で /usr/local/mozilla へインストールします。

11. Mozilla1.7.5プラグインの設定
   Mozilla1.7.5で java plug-in が使用できるように設定します。本例では、Mozilla1.7.5の pluginsディレクトリにJREの共有ライブラリファイルをリンクしています。
#
# cd /usr/local/mozilla/plugins/
# ls
libnullplugin.so
# ln -s /usr/java/j2e1.4.2_07/plugin/i386/ns610-gcc32/libjavaplugin_oji.so .
# ls -l
合計 28
lrwxrwxrwx 1 root root 67  1月 25 17:37 libjavaplugin_oji.so ->
/usr/java/j2re1.4.2_07/plugin/i386/ns610-gcc32/libjavaplugin_oji.so
-rwxr-xr-x 1 root root 20864 12月 17 09:36 libnullplugin.so
#

12. Mozilla1.7.5 plug-inの確認
  Mozilla1.7.5を起動し、java plug-in が有効になっているか確認します。
# /usr/local/mozilla/mozilla& ← Mozilla1.7.5を起動します

plug-inの確認
 メニュー “ヘルプ”-> “plug-inについて”を開き、左図のようなページが表示されていれば java plug-inが有効です。

13. Mozilla1.7.5の設定を変更
 
設定を変更
 Mozilla1.7.5の設定を変更しクッキーをすべて受け入れるようにします。

14. PostgreSQLおよびhpsimのインストール
  【マニュアルインストール】
  14-1. Systems Insight Manager に含まれるPostgreSQLパッケージを展開します。
   
 Systems Insight Manager v4.2 for Linuxインストーラーが存在するディレクトリへ移動します

# chmod +x T2416BA_4.02.00_Linux.bin ← 展開したインストーラーに実行権を与えます
# ./T2416BA_4.02.00_Linux.bin --keep --confirm ← “--keep --confirm”オプションを必ず指定します
Creating directory mxserver
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett Packard Company Systems Insight Manager C.04.02.00.00...................
OK to execute: ./mxbundle.server.postinstall ./T2416BA_4.02.00_Linux.bin ? [Y/n]
n ← n と入力します
#ls
T2416BA_4.02.00_Linux.bin mxserver ← パッケージファイルが展開されたmxserverディレクトリが作成されます
# cd mxserver
# ls
hpsim-C.04.02.00.00-1.i386.rpm
hpsim-pgsql-config-C.04.02.00.00-1.i386.rpm
mxbundle.server.postinstall
postgresql-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-7.4-0.i586.rpm
postgresql-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-7.4.2-36.3.i586.rpm
postgresql-libs-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-libs-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-libs-7.4-0.i586.rpm
postgresql-libs-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-libs-7.4.2-36.3.i586.rpm
postgresql-server-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-server-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-server-7.4-0.i586.rpm
postgresql-server-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-server-7.4.2-36.3.i586.rpm
#

  14-2. PostgreSQLのインストール
     RedHat Enterprise Linux 3 の場合、postgresql-7.4.1-1 をインストールします。
 ※RedHatのバージョン、またはディストリビューションによってインストールするPosgreSQLが異なりますのでご注意ください。
# rpm -ivh postgresql-libs-7.4.1-1PGDG.i386.rpm \
> postgresql-7.4.1-1PGDG.i386.rpm \
> postgresql-server-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
Preparing...      ########################################### [100%]
 1:postgresql-libs   ########################################### [100%]
 2:postgresql     ########################################### [100%]
 3:postgresql-server  ########################################### [100%]
#

  14-3. hpsimのインストール
    hpsimをインストールします。
# rpm -ivh hpsim-C.04.02.00.00-1.i386.rpm \
> hpsim-pgsql-config-C.04.02.00.00-1.i386.rpm
Preparing...       ########################################### [100%]
 1:hpsim-pgsql-config  ########################################### [100%]
 2:hpsim         ########################################### [100%]
#

  【自動インストール】
  14-1. 自動インストール
    マニュアルインストール手順14-1〜14-3を自動化したものが下記の手順です。
# ./T2416BA_4.02.00_Linux.bin ← オプションは必要ありません
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett Packard Company Systems Insight Manager C.04.02.00.00...................
Installing postgresql*7.4.1* ...
ok
Installing hpsim* ...
ok
#

15. PostgreSQLインストール後の設定
  PostgreSQLがブート時に自動起動するように設定します。
# chkconfig --list postgresql
postgresql   0:off   1:off   2:off    3:off   4:off   5:off   6:off
# chkconfig --level 2345 postgresql on
# chkconfig --list postgresql
postgresql   0:off   1:off   2:on    3:on    4:on   5:on   6:off
# service postgresql status
postmasterは停止しています


PostgreSQLを起動します


# service postgresql start
Initializing database: [ OK ]
Starting postgresql service: [ OK ]

# service postgresql status
postmaster (pid 5861 5859 5856) を実行中...
#

16. hpsimの初期化
   mxinitconfigコマンドで hpsimを初期化します。データベースの初期化は時間がかかりますのでご注意ください。
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -a
Checking Prerequisites (15):
 1. Check Kernel Parameters
  - Requisite : Acceptable
 2. Node Security File
  - Requisite : Acceptable
 3. Server Property File
  - Requisite : Acceptable
 4. Server Authentication Keys
  - Requisite : Acceptable
 5. SSH Keys
  - Requisite : Acceptable
 6. Status Property File
  - Requisite : Acceptable
 7. Task Results Output Cleanup
  - Requisite : Acceptable
 8. Database Configuration
  - Requisite : Acceptable
 9. Database Content
  - Requisite : Acceptable
 10. Setup Property File
  - Requisite : Acceptable
 11. Web Server
  - Requisite : Acceptable
 12. Setup Property File
  - Requisite : Acceptable
 13. Management Services
  - Requisite : Acceptable
 14. Agent Configuration
  - Requisite : Acceptable
 15. Database Population
  - Requisite : Acceptable
Prerequisite scan completed successfully.
Configuring Server Components (15):
 1. Check Kernel Parameters
  - Successful
 2. Node Security File
  - Successful
 3. Server Property File
  - Successful
 4. Server Authentication Keys
  - Successful
 5. SSH Keys
  - Successful
 6. Status Property File
  - Successful
 7. Task Results Output Cleanup
  - Successful
 8. Database Configuration
  - Successful
 9. Database Content
  - Successful
 10. Setup Property File
  - Successful
 11. Web Server
  - Successful
 12. Setup Property File
  - Updating
  - Successful
 13. Management Services
  - Updating
  - Successful
 14. Agent Configuration
  - Successful
 15. Database Population
  - Current Status, % Completed : 10%
  - Current Status, % Completed : 20%
  - Current Status, % Completed : 20%
     ・
     ・中略(30分〜1時間半程度かかります --- マシンの処理能力に依存します)
     ・
  - Current Status, % Completed : 80%
  - Current Status, % Completed : 100%
  - Successful
Completed all tasks successfully.
Details can be found in the log file at /var/opt/mx/logs/initconfig.log
#

17. Central Management Server(mxagent, mxdomainmgr および mxdtf)デーモンが起動しているか確認します。
 
# ps -ef | grep mx
root 6450 1 0 16:28 ? 00:00:09 /opt/mx/lbin/mxagent
root   6469   1   4 16:28   ?   00:01:35 /opt/mx/lbin/mxdomainmgr
root   6470   1   0 16:28   ?   00:00:04 /opt/mx/lbin/mxdtf
postgres   6583   6285   8 16:28   pts/2   00:03:17 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   6937   6285   0 16:56   pts/2   00:00:02 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   6956   6285   0 16:58   pts/2   00:00:00 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   6957   6285   0 16:58   pts/2   00:00:00 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
root   6969   1   0 16:58   ?   00:00:03 /opt/mx/lbin/mxinventory -WBEM 1106639899590
root   7217   5199   0 17:07   pts/2   00:00:00 grep mx
#

デーモンが起動していなければ、mxstartコマンドで起動します。
# /opt/mx/bin/mxstart
#

18. hpasm(hprsm)デーモンの停止
  hpasm(hprsm)パッケージがインストールされていない場合、この手順は必要ありません。
# service hpasm stop
Shutting down NIC Agents (cmanic): All agents
  Shutting down NIC Agent Daemon (cmanicd): [ OK ]

Shutting down Storage Agents (cmastor): cmaeventd cmaidad cmafcad cmaided cmascsid
  Shutting down Storage Event Logger (cmaeventd):
  Shutting down IDA agent (cmaidad):
  Shutting down FCA agent (cmafcad):
  Shutting down IDE agent (cmaided):
  Shutting down SCSI agent (cmascsid):

Stopping HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cmarackd cmasm2d cpqriisd cpqci
  Shutting down Rack agent (cmarackd):
  Shutting down RIB agent (cmasm2d):
  Stopping cpqriisd:[ OK ]
  Stopping cpqci:[ OK ]

Shutting down Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
  Shutting down Standard Equipment agent (cmastdeqd):
  Shutting down Health agent (cmahealthd):
  Shutting down Performance agent (cmaperfd):

Shutting down Foundation Agents (cmafdtn): cmathreshd cmahostd cmapeerd
  Shutting down Threshold agent (cmathreshd):
  Shutting down Host agent (cmahostd):
  Shutting down SNMP Peer (cmapeerd):

  Shutting down Proliant System Health Monitor (hpasmd):

#


19. net-snmpデーモンの停止
  /etc/snmp/snmp.confファイルを編集するため net-snmpデーモンを停止します。
# service snmpd stop
snmpdを停止中:           [ OK ]
#

20. snmp.confの設定
   /etc/snmp/snmpd.confを編集し、Central Management Serverの設定(本例ではIPを192.168.1.120とします)を追加します。既に設定されている場合は必要ありません。
rocommunity public 192.168.1.120
trapsink 192.168.1.120 public

21. net-snmpデーモンの起動
  /etc/snmp/snmp.confの設定を有効にするため、net-snmpデーモンを起動します。
# service snmpd start
snmpdを起動中:           [ OK ]
#

22. hpasm(hprsm)デーモンの起動
  hpasm(hprsm)パッケージががインストールされていない場合、この手順は必要ありません。
# service hpasm start
  Starting Proliant System Health Monitor (hpasmd):
Starting Foundation Agents (cmafdtn): cmathreshd cmahostd cmapeerd
  Starting Threshold agent (cmathreshd):
  Starting Host agent (cmahostd):
  Starting SNMP Peer (cmapeerd):

Starting Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
  Starting Standard Equipment agent (cmastdeqd):
  Starting Health agent (cmahealthd):
  Starting Performance agent (cmaperfd):

Starting HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cpqci cpqriisd cmasm2d cmarackd
  Starting cpqci:
==============================================================================
NOTE: New cma.conf entries were added to the top of /opt/compaq/cma.conf
==============================================================================
Starting HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cpqriisd cmasm2d cmarackd
  Starting cpqriisd:[ OK ]

  Starting RIB agent (cmasm2d):
  Starting Rack agent (cmarackd):

[ OK ]

  Already started cpqriisd.
  Starting RIB agent (cmasm2d):
  Starting Rack agent (cmarackd):

Starting Storage Agents (cmastor): cmaeventd cmaidad cmafcad cmaided cmascsid
  Starting Storage Event Logger (cmaeventd):
  Starting IDA agent (cmaidad):
  Starting FCA agent (cmafcad):
  Starting IDE agent (cmaided):
  Starting SCSI agent (cmascsid):

Starting NIC Agents (cmanic): All agents
  Starting NIC Agent Daemon (cmanicd): [ OK ]

hpasm: Server Management is enabled
#

アクセス方法

http://Central Management Server のIPアドレス:280/

Central Management Serverログイン画面 Central Management Server初期画面
画像Central Management Serverログイン画面 画像Central Management Server初期画面

ダウンロード

サイト外リンク Linux Mozilla
サイト外リンク Linux JRE
サイト外リンク Linux errata
サイト外リンク Linux Systems Insight Management
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡