Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

Systems Insight Manager v4.1 for Linux 用対応環境とインストール方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 16-NOV-04
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本バージョンでの変更点について

 Linux版のイニシャルリリースです。

注意事項と既知の問題について

 Mozillaを terminalから起動(#/usr/local/mozilla/mozilla)し、SIMのレフトメニューを操作する等した場合、'call:14071'等のメッセージが表示(GIF画像)されます。このメッセージは無視してください。

必要条件について

ソフトウェア:
対応OS:
・Red Hat Enterprise Linux AS 3, Update 1
・Red Hat Enterprise Linux ES 3, Update 1
・Red Hat Enterprise Linux AS 2.1, Update 3
・RedHat Enterprise Linux ES 2.1, Update 3
・SUSE Linux Enterprise Server 8, Service Pack 3
対応WEBブラウザ:
・Linux/HP-UX:
  Mozilla 1.6以上(要Java JRE browser plug-in 1.4.2_03以上)
・Windows:
  Microsoft Internet Explorer 6.0以上(要 Java JRE browser plug-in 1.4.2.03以上)
必須アプリケーション:
・OpenSSH
・ProLiant Support Pack for Linux 7.00以上
・For Red Hat 2.1 AS/ES Update 3
  PostgreSQL 7.3.4以上
・For Red Hat 3.0 AS/ES Update 1
  PostgreSQL 7.4.1以上
・For SUSE Enterprise server 8
  PostgreSQL 7.4.0
・standard C++ libraries
  - RedHat EL2.1: compat-libstdc++-6.2
  - RedHat EL3: compat-libstdc++-7.3
  - SUSE Linux ES 8: compat-xxxx.xx.xx-xx
オプションアプリケーション:
・Mozilla1.6以上
 ※Mozillaをインストールする場合、下記ライブラリが必要です。
  ・dk-pixbuf-0.22.0-3.0以上
  ・JAVA jre browser plugin 1.4.2_03以上
  ・glibc(バージョンは Mozillaに依存)

ハードウェア:
HP IA-32システム:
最小: 1.5-GHz processor and 512MB RAM
推奨: 2.4-GHz processor and 1GB RAM
ディスクスペース:
・CMS(Central Management Server)と DTF(Distributed Task Facility)エージェントのために
 256MB (/opt)
・データ領域のために最小500MB(/var/opt)

インストールについて

 本インストール手順は、RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update1)を新規フルインストール(anacondaのインストールパッケージで”すべて”を選択)した環境に Systems Insight Manager v4.1 for Linux(およびProLiant Support Pack 7.1)をインストールした場合のものです。詳細はPDFHP Systems Insight Manager 4.1 Installation and User Guideの“Chapter 3. Installing on Linux”を参照してください。
 インストールにあたり、以下のアプリケーションおよびerrataパッケージが必要となりますので、事前に準備いただくことを推奨します。各ファイルのダウンロードサイトについては、本ページの“ダウンロード”を参照してください。
  • ProLiant Support Pack 7.1
  • Systems Insight Manager v4.1 for Linux
  • Mozilla 1.6
  • Java Runtime Environment
  • 最新gdk-pixbufパッケージ
1. ProLiant Support Pack 7.0以上(本例では7.1)のインストール
  ProLiant Support Pack 7.1のインストールについては、こちらの技術文書をご覧ください。

2. Service Control Managerの確認
   Service Control Manager(mxcms, mxagent および mxrepositoryパッケージ)がインストールされているか確認します。

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update1)をフルインストールした場合、mx4j, mxパッケージが
 インストールされていますが、これらのパッケージは Service Control Managerと関係ありません。
# rpm -qa | grep mx
mx4j-1.1.1-6 ← このパッケージは Service Control Managerと関係ありません
mx-2.0.3-8 ← このパッケージは Service Control Managerと関係ありません
#

Service Control Managerがインストールされている場合はアンインストールします。

# rpm -e mxcms mxagent mxrepository

3. PostgreSQLのバージョン確認
   Systems Insight ManagerでサポートされているPostgreSQLがインストールされているか確認します。Sysytems Insight ManagerがサポートしていないバージョンのPostgreSQLがインストールされていたらデータベースをバックアップしPostgreSQLをアンインストールします。なお、バックアップしたデータベースはSystems Insight Managerで使用するPostgreSQLと互換性はありません。
# rpm -qa | grep postgresql
rh-postgresql-devel-7.3.4-9
rh-postgresql-jdbc-7.3.4-9
rh-postgresql-7.3.4-9
rh-postgresql-libs-7.3.4-9
rh-postgresql-docs-7.3.4-9
rh-postgresql-python-7.3.4-9
rh-postgresql-server-7.3.4-9
postgresql-odbc-7.3-3
rh-postgresql-tcl-7.3.4-9
rh-postgresql-pl-7.3.4-9
rh-postgresql-test-7.3.4-9
rh-postgresql-contrib-7.3.4-9
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update1)をフルインストールした場合、RedHat標準の PostgreSQLがインストールされています。RedHat標準PostgreSQLは、Systems Insight Managerのサポートするバージョンではないのでアンインストールします。

以下は依存関係を解決しながらRedHat標準のPostgreSQLをアンインストールした例です。
# rpm -e rh-postgresql-test
# rpm -e rh-postgresql-pl
# rpm -e rh-postgresql-tcl
# rpm -e rh-postgresql-python
# rpm -e rh-postgresql-docs
# rpm -e rh-postgresql-jdbc
# rpm -e rh-postgresql-devel
# rpm -e rh-postgresql-contrib
# rpm -e rh-postgresql-server
# rpm -e postgresql-odbc
# rpm -e rh-postgresql
# rpm -qa | grep postgresql
rh-postgresql-libs-7.3.4-9
# rpm -e rh-postgresql-libs 
エラー: Failed dependencies:
     libpq.so.3 is needed by (installed) xemacs-21.4.13-2.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) mod_auth_pgsql-2.0.1-3.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) php-pgsql-4.3.2-8.ent
     libpq.so.3 is needed by (installed) perl-DBD-Pg-1.21-2
     postgresql-libs is needed by (installed) xemacs-21.4.13-2.ent
# rpm -e php-pgsql
# rpm -e perl-DBD-Pg
# rpm -e mod_auth_pgsql
# rpm -e rh-postgresql-libs
エラー: Failed dependencies:
     libpq.so.3 is needed by (installed) xemacs-21.4.13-2.ent
     postgresql-libs is needed by (installed) xemacs-21.4.13-2.ent
# rpm -e xemacs
エラー: Failed dependencies:
     xemacs >= 21.4.10-6 is needed by (installed) apel-xemacs-10.4-3
     xemacs = 21.4.13 is needed by (installed) xemacs-el-21.4.13-2.ent
     xemacs = 21.4.13 is needed by (installed) xemacs-info-21.4.13-2.ent
# rpm -qa | grep xemacs
xemacs-21.4.13-2.ent
xemacs-info-21.4.13-2.ent
apel-xemacs-10.4-3
xemacs-el-21.4.13-2.ent
# rpm -qa | grep xemacs | xargs rpm -e
# rpm -e rh-postgresql-libs
#
# rpm -qa | grep postgresql
# ← 全てアンインストールできました

4. sshパッケージの確認
  sshがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep ssh
openssh-clients-3.6.1p2-18
openssh-askpass-gnome-3.6.1p2-18
openssh-3.6.1p2-18
openssh-askpass-3.6.1p2-18
openssh-server-3.6.1p2-18
#

5. ucd-snmpパッケージの確認
  HP提供 snmpパッケージがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep ucd-snmp
ucd-snmp-devel-4.2.5-79
ucd-snmp-4.2.5-79
ucd-snmp-utils-4.2.5-79
#

6. 標準C++ライブラリの確認
  standard C++ libraries (compat-libstdc++-7.3)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep compat
compat-libstdc++-devel-7.3-2.96.123
compat-gcc-c++-7.3-2.96.123
compat-pwdb-0.62-3
compat-slang-1.4.5-5
compat-db-4.0.14-5
compat-glibc-7.x-2.2.4.32.5
compat-libstdc++-7.3-2.96.123
compat-gcc-7.3-2.96.123
#


 手順7〜13は、Central Management ServerとMozilla1.6 を同一マシンにインストールする場合の手順です。Central Management Serverのみをインストールする場合は、手順14へ進んでください。

7. glibcの確認
  glibcがインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep glibc
glibc-2.3.2-95.6
glibc-devel-2.3.2-95.6
glibc-common-2.3.2-95.6
glibc-headers-2.3.2-95.6
glibc-utils-2.3.2-95.6
compat-glibc-7.x-2.2.4.32.5
glibc-kernheaders-2.4-8.34
glibc-profile-2.3.2-95.6
#

8. gdk-pixbufの確認
  gdk-pixbuf(Version 0.22.0-3.0以上)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep gdk-pixbuf
gdk-pixbuf-devel-0.18.0-8.1
gdk-pixbuf-gnome-0.18.0-8.1
gdk-pixbuf-0.18.0-8.1
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update1)の場合、古いgdk-pixbuf-0.18.0-8.1がインストールされているので、最新のgdk-pixbufへアップデートします。
 ※gdk-pixbuf-0.22.0-6.1.1は、2004/8/4時点でRedHat Enterprise Linux 3 の最新errataパッケージとなります。
最新gdk-pixbufパッケージが存在するディレクトリへ移動します。

# ls -l
合計 440
-rw-r--r-- 1 root root 225313 3月 11 01:17 gdk-pixbuf-0.22.0-6.1.1.i386.rpm
-rw-r--r--   1 root   root   193288   3月 11 01:17   gdk-pixbuf-devel-0.22.0-6.1.1.i386.rpm
-rw-r--r--   1 root   root   12933   3月 11 01:17   gdk-pixbuf-gnome-0.22.0-6.1.1.i386.rpm
# rpm -Uvh gdk-pixbuf-*.rpm ← アップデートします
警告: gdk-pixbuf-0.22.0-6.1.1.i386.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID  db42a60e
NOKEY, key ID db42a60e
Preparing...          ########################################### [100%]
    1:gdk-pixbuf      ########################################### [100%]
    2:gdk-pixbuf-gnome ########################################### [100%]
    3:gdk-pixbuf-devel  ########################################### [100%]
# rpm -qa | grep gdk-pixbuf ← アップデートされたか確認します
gdk-pixbuf-gnome-0.22.0-6.1.1
gdk-pixbuf-devel-0.22.0-6.1.1
gdk-pixbuf-0.22.0-6.1.1
#

9. Java Runtime Environmentの確認
  Java Runtime Environment (1.4.2_03以上)がインストールされているか確認します。
# rpm -qa | grep java
gcc-java-ssa-3.5ssa-0.20030801.41
gcc-java-3.2.3-24
javamail-20031006-1
redhat-java-rpm-scripts-1.0.2-2
#

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Upadte1)ではJava Runtime Environmentがインストールされないので、Java Runtime Environment(1.4.2_03以上)をインストールします。

  9-1. Java Runtime Environmentのインストール
     異なるバージョンのJava Runtime Environmentの共存は可能ですが、Mozilla1.6が旧バージョンのJava Runtime Environmentを参照したりしないように注意してください。

本例では、/usr/java へインストールします。
Java Runtime Environmentインストールファイルが存在するディレクトリへ移動します

# mkdir /usr/java
# cp j2re-1_4_2_04-linux-i586.bin /usr/java ← JREインストーラーが起動されたディレクトリへファイルが展開されるので/usr/javaへコピーします
# cd /usr/java
# ./j2re-1_4_2_04-linux-i586.bin
                   Sun Microsystems, Inc.
                   Binary Code License Agreement

                   for the
JAVATM 2 RUNTIME ENVIRONMENT (J2RE), STANDARD EDITION, VERSION 1.4.2_X
                   ・
                   ・ 中略
                   ・
For inquiries please contact: Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle,
Santa Clara, California 95054, U.S.A.
(LFI#135955/Form ID#011801)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes ← yesを入力します
Unpacking...
Checksumming...
0
0
Extracting...
UnZipSFX 5.40 of 28 November 1998, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
   creating: j2re1.4.2_04/
   creating: j2re1.4.2_04/bin/
   inflating: j2re1.4.2_04/bin/java
         ・
         ・中略
         ・
extracting: j2re1.4.2_04/javaws/sunlogo64x30.gif
Creating j2re1.4.2_04/lib/rt.jar
Creating j2re1.4.2_04/lib/jsse.jar
Creating j2re1.4.2_04/lib/charsets.jar
Creating j2re1.4.2_04/lib/ext/localedata.jar
Creating j2re1.4.2_04/lib/plugin.jar
Creating j2re1.4.2_04/javaws/javaws.jar
Done.
# rm j2re-1_4_2_04-linux-i586.bin ← JREインストーラーを削除します
rm: remove 通常ファイル `j2re-1_4_2_04-linux-i586.bin'? y
#


10. Mozillaバージョンの確認
   Systems Insight ManagerがサポートしているMozilla(Version 1.6)がインストールされているか確認します。
Mozillaのバージョンを確認
 RedHat標準のMozillaを起動し、メニュー "ヘルプ" -> "Mozillaについて" をクリックしてMozillaのバージョンを確認します。

 RedHat Enterprise Linux 3 ES(Update1)の場合、左図の通りバージョン1.4がインストールされていますので、新たにバージョン1.6をインストールします。

  10-1. Mozilla1.6のインストール
    ※Mozilla 1.4と1.6は共存可能ですが、プロファイル等のコンフリクトにご注意ください。
Mozilla1.6が存在するディレクトリへ移動します

# ls
mozilla-i686-pc-linux-gnu-1.6-installer.tar.gz
# tar xvzf mozilla-i686-pc-linux-gnu-1.6-installer.tar.gz ← インストールファイルを展開します
mozilla-installer/
mozilla-installer/xpi/
mozilla-installer/xpi/xpcom.xpi
mozilla-installer/xpi/browser.xpi
mozilla-installer/xpi/psm.xpi
mozilla-installer/xpi/mail.xpi
mozilla-installer/xpi/chatzilla.xpi
mozilla-installer/xpi/talkback.xpi
mozilla-installer/xpi/deflenus.xpi
mozilla-installer/xpi/langenus.xpi
mozilla-installer/xpi/regus.xpi
mozilla-installer/xpi/venkman.xpi
mozilla-installer/xpi/inspector.xpi
mozilla-installer/xpi/spellcheck.xpi
mozilla-installer/mozilla-installer
mozilla-installer/mozilla-installer-bin
mozilla-installer/installer.ini
mozilla-installer/README
mozilla-installer/MPL-1.1.txt
mozilla-installer/config.ini
# ls
mozilla-i686-pc-linux-gnu-1.6-installer.tar.gz mozilla-installer ← mozilla-installerディレクトリへインストーラーが展開されます
# cd mozilla-installer/
# ls
MPL-1.1.txt config.ini mozilla-installer xpi
README installer.ini mozilla-installer-bin
# ./mozilla-installer ← インストーラーを起動します
#

GUI上のMozilla1.6インストール手順

インストール手順 1
 Mozilla1.6インストーラー起動直後の画面です。”Next >”をクリックします。

インストール手順 2
“Accept”をクリックします。

インストール手順 3
 インストールのタイプとディレクトリを指定し、“Next >”をクリックします。本例では インストールタイプ“Typical”で /usr/local/mozilla へインストールします。

インストール手順 4
 インストールが終了するとダイアログボックスが出ますので、“OK”をクリックしインストールを完了します。

11. Mozilla1.6プラグインの設定
   Mozilla1.6でjava plug-in が使用できるように設定します。本例では、Mozilla1.6のpluginsディレクトリにJREの共有ライブラリファイルをリンクしています。
# cd /usr/local/mozilla/plugins/
# ls
libnullplugin.so
# ln -s /usr/java/j2re1.4.2_04/plugin/i386/ns610-gcc32/libjavaplugin_oji.so .
# ls -l
合計 28
lrwxrwxrwx 1 root root 67 6月 14 11:41 libjavaplugin_oji.so ->
/usr/java/j2re1.4.2_04/plugin/i386/ns610-gcc32/libjavaplugin_oji.so
lrwxrwxrwx 1 root root 21056 1月 13 14:10 libnullplugin.so
#

12. Mozilla1.6 plug-inの確認
  Mozilla1.6を起動し、java plug-in が有効になっているか確認します。
# /usr/local/mozilla/mozilla& ← Mozilla1.6を起動します

plug-inの確認
 メニュー “Help”-> “About plugin”を開き、左図のようなページが表示されていれば java plug-inが有効です。

13. Mozilla1.6の設定を変更
 
設定を変更
 Mozilla1.6の設定を変更しクッキーをすべて受け入れるようにします。

14. PostgreSQLおよびhpsimのインストール
  【マニュアルインストール】
  14-1. Systems Insight Manager に含まれるPostgreSQLパッケージを展開します。
   
 Systems Insight Manager v4.1 for Linuxインストーラーが存在するディレクトリへ移動します

# tar xvzf SIM_4.01.00J_Linux.bin.tar.gz
SIM_4.01.00J_Linux.bin
# chmod +x SIM_4.01.00J_Linux.bin ← 展開したインストーラーに実行権を与えます
# ./SIM_4.01.00J_Linux.bin --keep ?-confirm ← “--keep --confirm”オプションを必ず指定します
Creating directory mxserver
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett Packard Company Systems Insight Manager C.04.01.00.00................
OK to execute: ./mxbundle.server.postinstall ./SIM_4.01.00J_Linux.bin ? [Y/n]
n ← n と入力します
# ls
SIM_4.01.00J_Linux.bin SIM_4.01.00J_Linux.bin.tar.gz mxserver ← パッケージファイルが展開されたmxserverというディレクトリが作成されます
# cd mxserver
# ls
hpsim-C.04.01.00.00-1.i386.rpm
hpsim-pgsql-config-C.04.01.00.00-1.i386.rpm
mxbundle.server.postinstall
postgresql-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-7.4-0.i586.rpm
postgresql-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-libs-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-libs-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-libs-7.4-0.i586.rpm
postgresql-libs-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
postgresql-server-7.3.4-3.rhl9.i386.rpm
postgresql-server-7.4-0.3PGDG.i386.rpm
postgresql-server-7.4-0.i586.rpm
postgresql-server-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
#

  14-2. PostgreSQLのインストール
     RedHat Enterprise Linux 3 の場合、postgresql-7.4-1-1 をインストールします。
 ※RedHatのバージョン、またはディストリビューションによってインストールするPosgreSQLが異なりますのでご注意ください。
# rpm -ivh postgresql-libs-7.4.1-1PGDG.i386.rpm \
>       postgresql-7.4.1-1PGDG.i386.rpm \
>       postgresql-server-7.4.1-1PGDG.i386.rpm
Preparing...      ########################################### [100%]
 1:postgresql-libs   ########################################### [100%]
 2:postgresql     ########################################### [100%]
 3:postgresql-server  ########################################### [100%]
#

  14-3. hpsimのインストール
    hpsimをインストールします。
# rpm -ivh hpsim-C.04.01.00.00-1.i386.rpm \
> hpsim-pgsql-config-C.04.01.00.00-1.i386.rpm
Preparing...       ########################################### [100%]
 1:hpsim-pgsql-config  ########################################### [100%]
 2:hpsim         ########################################### [100%]
#

  【自動インストール】
  14-1. 自動インストール
    マニュアルインストール手順14-1〜14-3を自動化したものが下記の手順です。
# ./SIM_4.01.00J_Linux.bin ← オプションは必要ありません
Verifying archive integrity...OK
Uncompressing Hewlett Packard Company Systems Insight Manager C.04.01.00.00.....
...........
Installing postgresql*7.4.1* ...
ok
Installing hpsim* ...
ok
#

15. PostgreSQLインストール後の設定
  PostgreSQLがブート時に自動起動するように設定します。
# chkconfig --list postgresql
postgresql    0:オフ  1:オフ  2:オフ  3:オフ  4:オフ  5:オフ  6:オフ
# chkconfig --level 2345 postgresql on
# chkconfig --list postgresql
postgresql    0:オフ  1:オフ  2:オン  3:オン  4:オン  5:オン  6:オフ
# /etc/init.d/postgresql status
postmasterは停止しています
#

PostgreSQLを起動します。

# /etc/init.d/postgresql start
Initializing database: [ OK ]

Starting postgresql service: [ OK ]

# /etc/init.d/postgresql status
postmaster (pid 5829 5828 5824) を実行中...
#

16. hpsimの初期化
   mxinitconfigコマンドで hpsimを初期化します。データベースの初期化は時間がかかりますのでご注意ください。
# /opt/mx/bin/mxinitconfig -a
Checking Prerequisites (15):
 1. Check Kernel Parameters
  - Requisite : Acceptable
 2. Node Security File
  - Requisite : Acceptable
 3. Server Property File
  - Requisite : Acceptable
 4. Server Authentication Keys
  - Requisite : Acceptable
 5. SSH Keys
  - Requisite : Acceptable
 6. Status Property File
  - Requisite : Acceptable
 7. Task Results Output Cleanup
  - Requisite : Acceptable
 8. Database Configuration
  - Requisite : Acceptable
 9. Database Content
  - Requisite : Acceptable
 10. Setup Property File
  - Requisite : Acceptable
 11. Web Server
  - Requisite : Acceptable
 12. Setup Property File
  - Requisite : Acceptable
 13. Management Services
  - Requisite : Acceptable
 14. Agent Configuration
  - Requisite : Acceptable
 15. Database Population
  - Requisite : Acceptable
Prerequisite scan completed successfully.
Configuring Server Components (15):
 1. Check Kernel Parameters
  - Successful
 2. Node Security File
  - Successful
 3. Server Property File
  - Successful
 4. Server Authentication Keys
  - Successful
 5. SSH Keys
  - Successful
 6. Status Property File
  - Successful
 7. Task Results Output Cleanup
  - Successful
 8. Database Configuration
  - Successful
 9. Database Content
  - Updating
  - Successful
 10. Setup Property File
  - Successful
 11. Web Server
  - Successful
 12. Setup Property File
  - Updating
  - Successful
 13. Management Services
  - Updating
  - Successful
 14. Agent Configuration
  - Successful
 15. Database Population
  - Current Status : 10% Completed
  - Current Status : 25% Completed
     ・
     ・中略(30分〜1時間半程度かかります --- マシンの処理能力に依存します)
     ・
  - Current Status : 75% Completed
  - Current Status : 100% Completed
  - Successful
  Completed all tasks successfully.
  Details can be found in the log file at /var/opt/mx/logs/initconfig.log
  #

17. Central Management Server(mxagent, mxdomainmgr および mxdtf)デーモンが起動しているか確認します。
 
# ps -ef | grep mx
root 8550 1 0 13:18 ? 00:00:13 /opt/mx/lbin/mxagent
root   8574   1   3 13:18   ?   00:01:34 /opt/mx/lbin/mxdomainmgr
root   8575   1   0 13:18   ?   00:00:05 /opt/mx/lbin/mxdtf
postgres   8668   8376   6 13:18   pts/2   00:03:00 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   10346   8376   0 13:52   pts/2   00:00:04 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   10438   8376   0 13:55   pts/2   00:00:00 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
postgres   10450   8376   0 13:55   pts/2   00:00:00 postgres: mxadmin insight_v1_0 127.0.0.1 idle
root   10454   1   0 13:55   ?   00:00:03 /opt/mx/lbin/mxinventory -WBEM 1087188920378
root   10922   2950   0 14:06   pts/2   00:00:00 grep mx
#

デーモンが起動していなければ、mxstartコマンドで起動します。
# /opt/mx/bin/mxstart
#

18. hpasm(hprsm)デーモンの停止
  hpasm(hprsm)パッケージがインストールされていない場合、この手順は必要ありません。
# /etc/init.d/hpasm stop
Shutting down NIC Agents (cmanic): All agents
   Shutting down NIC Agent Daemon (cmanicd): [ OK ]

   Shutting down Storage Agents (cmastor): All agents
   Shutting down Storage peer (cmastorpeerd):[ OK ]
   Shutting down Storage Event Logger (cmaeventd):[ OK ]
   Shutting down IDA agent (cmaidad):[ OK ]
   Shutting down FCA agent (cmafcad): [ OK ]
   Shutting down IDE agent (cmaided): [ OK ]
   Shutting down SCSI agent (cmascsid): [FAILED]

Stopping HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cmarackd cmasm2d cpqriisd cpqrid cpqci
   Shutting down Rack agent (cmarackd):
   Shutting down RIB agent (cmasm2d):
   Stopping cpqriisd:[ OK ]
   Already stopped cpqrid.
   Stopping cpqci:[ OK ]

Shutting down Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
   Shutting down Standard Equipment agent (cmastdeqd):
   Shutting down Health agent (cmahealthd):
   Shutting down Performance agent (cmaperfd):

Shutting down Foundation Agents (cmafdtn): cmawebd cmathreshd cmahostd cmapeerd
   Shutting down Web agent (cmawebd):
   Shutting down Threshold agent (cmathreshd):
   Shutting down Host agent (cmahostd):
   Shutting down SNMP Peer (cmapeerd):

Advanced Server Management has been disabled successfully.
#


19. ucd-snmpデーモンの停止
  /etc/snmp/snmp.confファイルを編集するため ucd-snmpデーモンを停止します。
# /etc/init.d/snmpd stop
snmpdを停止中:           [ OK ]
#

20. snmp.confの設定
   /etc/snmp/snmpd.confを編集し、Central Management Serverの設定(本例ではIPを192.168.1.120とします)を追加します。既に設定されている場合は必要ありません。
rocommunity public 192.168.1.120
trapsink 192.168.1.120 public

21. ucd-snmpデーモンの起動
  /etc/snmp/snmp.confの設定を有効にするため、ucd-snmpデーモンを起動します。
# /etc/init.d/snmpd start
snmpdを起動中:           [ OK ]
#

22. hpasm(hprsm)デーモンの起動
  hpasm(hprsm)パッケージががインストールされていない場合、この手順は必要ありません。
# /etc/init.d/hpasm start
casmd: hp ProLiant Advanced Server Management Monitoring . . .
cevtd: hp ProLiant Event Logging daemon started . . .
Advanced Server Management drivers have been enabled.
Starting Foundation Agents (cmafdtn): cmawebd cmathreshd cmahostd cmapeerd
   Starting Web agent (cmawebd):
   Starting Threshold agent (cmathreshd):
   Starting Host agent (cmahostd):
   Starting SNMP Peer (cmapeerd):

Starting Server Agents (cmasvr): cmastdeqd cmahealthd cmaperfd
   Starting Standard Equipment agent (cmastdeqd):
   Starting Health agent (cmahealthd):
   Starting Performance agent (cmaperfd):

Starting HP Lights-Out Drivers and Agents (hprsm): cpqci cpqrid cpqriisd cmasm2d cmarackd
   Starting cpqci:[ OK ]
   Starting cpqrid:[ OK ]
   Starting cpqriisd:[ OK ]
   Starting RIB agent (cmasm2d):
   Starting Rack agent (cmarackd):

   Starting Storage Agents (cmastor): All agents
   Starting Storage peer (cmastorpeerd):
   Starting Storage Event Logger (cmaeventd):
   Starting IDA agent (cmaidad):
   Starting FCA agent (cmafcad):
   Starting IDE agent (cmaided):
   Starting SCSI agent (cmascsid):

Starting NIC Agents (cmanic): All agents
   Starting NIC Agent Daemon (cmanicd): [ OK ]

hpasm: Server Management is enabled
#

アクセス方法について

http://Central Management Server のIPアドレス:280/

Central Management Serverログイン画面 Central Management Server初期画面
画像Central Management Serverログイン画面 画像Central Management Server初期画面

ダウンロードについて

サイト外リンク Linux Mozilla
サイト外リンク Linux JRE
サイト外リンク Linux errata
サイト外リンク Linux Systems Insight Management
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項