Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  Linux

PYD(Protect Your Data) v1.0.1-18対応環境とインストール方法

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
サイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
27-APR-06
PYD(Protect Your Data) 本ページでは 管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本バージョンでの主な変更点について

 Data Protector Express ProLiant版の無償登録キーが提供される様になりました。

注意事項と既知の問題について

 本ソフトウェアは United Linux 1.0/SuSE Enterprise 8はサポートしません。

 RHEL4の x86_64環境では compat-libstdc++--xx-x.x.x.i386.rpm(32bit互換ライブラリ)が必要になります。このパッケージは RHEL4に含まれているもの、もしくは PSP750に同梱されている hppldu-librpms-x.x.x.tar.gzにアーカイブされているものを予めインストールしておいてください。

 推奨デバイスとして USB-DATドライブが表示されますが、USB-DATは RHEL3ではサポートしていませんのでご注意ください。

対応するディストリビューションについて

Red Hat Enterprise Linux 3
Red Hat Enterprise Linux 4
× SUSE Linux Enterprise 8
SUSE Linux Enterprise 9

Protect Your Dataパッケージの実体について

 PSPに同梱されている hppyd-X.X.X-XX.linux.rpmパッケージが本ソリューションの実体パッケージになります。単体で導入する事も可能です。

ProLiant版パーマネントライセンス取得方法について

 ProLiant Support Pack(7.50以降)を導入すると SMH(System Management Homepage)に 'Protect Your Data'ページに登録キーが表示されますので、オンライン登録を行う事でパーマネントキーが取得できます。
 

ダウンロード

PSP-Ready  本ソフトウェアは ProLiant Support Pack(PSP)に対応しており、サイト内リンクv7.50,サイト内リンクv7.51,サイト内リンクv7.52に同梱されています。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項