Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  Linux

PSP: ProLiant Support Pack v6.40
LDU: Linux Deployment Utility v1.0.1-4
対応環境とインストール方法について

Open Source & Linux

導入事例

product

ハードウェア
ソフトウェア
サービス & サポート

buy now?

HPE OPEN SERVICES
保守サービス
教育プログラム

support

OS対応表
ProLiant
Workstation
システム構成図
技術文書
FAQ
ディストリ対応表
サポート & ドライバ
リンク
SDR - 設定方法
FreeBSD
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
HPE & Red Hat情報ポータル HPEとRed Hatが実現するオープンなイノベーション
BSD 動作確認レポート等を掲載
コンテンツに進む
revised 28-NOV-08
 本ページでは、管理ツールに関する技術情報について記述いたします。製品情報についてはサイト内リンクこちらをご覧ください。

本ソフトウェアの対象機種について

support matrixページへ  本ソフトウェアが対応するのは主に ProLiantファミリーの300/500/700シリーズと Bladeシリーズになります。但し、これらの全てのシリーズでサポートしている訳ではありません。詳細な対応情報についてはサイト外リンクLinux certification and support matrixページで、対象機種を選択後に、`Drivers`セクションで利用されるディストリビューションを選択し、対象となるソフトウェアがサポートされているかを必ず確認してください。

 本ページ内のこれより以降の情報は、前述のリンク先にある情報をまとめ、補足したものとなります。

注意事項と既知の問題について

共通  PSP640に装備されている megaideドライバはサポートされません。現在、インストール用の DUD形式モジュールが RH73, RH21AS用に提供されていますが、新しいドライバに対応した 'Spy'ツールとの組み合わせ構成が用意されていないためです。
 
 NIC関連のドライバを別途導入する等した場合、buildに失敗する場合があります。これはモジュールが kernel source環境のチェックを厳しく行う事によります。この場合、予め #cd /usr/src/linux-2.4; make mrproper; make -e KERNELRELEASE-'uname -r' oldconfig; make -e KERNELRELEASE='uname -r' depを行っておいてください。
 
 LDU上では問題は発生しませんが…megaide/RPMのインストールスクリプトは対応 kernelチェックを行わないため、非対応の kernel環境に対しても #rpm -ivh等のコマンドで手動でインストールできてしまいます。
RH73  VLANドライバが PSP640に同梱されていません。別途ダウンロードし導入してください。インストールの方法はサイト内リンクEthernetの技術情報をご覧ください。
 
 megaide.oのサポート kernelに -4がありますが、これは Red Hatで正式サポートしていません。
 
 ACU/XE, storage agentのインストールには compat-libstdc++-6.2-2.9.0.16.i386.rpmが必要です。予め導入しておいてください。
RH80  ACU/XE, storage agnetのインストールには compat-libstdc++-7.3-2.96.110.i386.rpmが必要です。予め導入しておいてください。
RH21AS  cciss, cpqarray, cpqfcドライバには、2.4.9-e.3〜2.4.9-e.12の記述がありますが、実際に対応しているのは、-e.3, -e.8, -e.10, -e.12だけであり、-e.9は対応していません
 
 bondingドライバは kernel 2.4.9-e.16以降の場合にリスト表示されます。
 
 ACU/XE, storage agnetのインストールには compat-libstdc++-6.2-2.9.0.16が必要です。予め導入しておいてください。
RH21ES  Red Hat 2.1AS用の /etc/redhat-releaseを必要とするモジュールがあるため、LDUの起動前と終了後に /etc/redhat-releaseの修正作業を行う必要があります(詳細は後述)。
 
 bondingドライバは kernel 2.4.9-e.16以降の場合にリスト表示されます。
 
 ACU/XE, storage agnetのインストールには compat-libstdc++-6.2-2.9.0.16が必要です。予め導入しておいてください。
UL1.0/SLES8  Turbolinux版と SUSE版での動作を確認しています。SCO版では LDUが正常起動できません(原因不明)。
 
 vlan導入時にのみ 'g++: command not found'エラーとなる)場合、libstdc++-XXXX-XX.i586.rpm, libstdc++-devel-XXXX-XX.i586.rpm, gcc-c++-XXXX-XX.i586.rpmパッケージを導入してください。インストール時のパッケージ選択で 'C/C++ Compilerコンパイラーとツール'を導入する事をおすすめします。

対応するディストリビューションについて

 下記が、各モジュールの rpmファイル名と、対応する kernelバージョンになります。

  Red Hat 2.1AS Red Hat 2.1ES
ucd-snmp 4.2.5-7cmaX.76
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
ASM 6.40.0-16
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
RSM 6.40.0-16
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
storage agent 6.40.0-8
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
NIC agent 6.40.0-3
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
cciss 2.4.44-1
2.4.9-e.3〜2.4.9-e.12
同左
2.4.9-e.12
cpqarray 2.4.25-1
2.4.9-e.3〜2.4.9-e.12
同左
2.4.9-e.12
cpqfc 2.1.2-3
2.4.9-e.3〜2.4.9-e.12
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
megaide 2.26e-1
2.4.9-e.3, e.8
NA
e100 2.2.21b-1
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
e1000 5.0.43a-1
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
bcm5700 6.0.2d-1
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99
ACU/XE 6.40-11.0
2.4.9-e.3〜2.4.99-99
同左
2.4.9-e.12〜2.4.9-99

  Red Hat 7.3 Red Hat 8.0 United Linux 1.0/
SUSE Enterprise 8
ucd-snmp 4.2.5-7cmaX.76
2.4.18-3〜2.4.99-99
4.2.5-7cmaX.76
2.4.18-14〜2.4.99-99
4.2.5-7cmaX.75
2.4.19-82〜2.4.99-99
ASM 6.40.0-16
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40.0-16
2.4.18-14〜2.4.99-99
6.40.0-16
2.4.19-82〜2.4.99-99
RSM 6.40.0-16
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40.0-16
2.4.18-14〜2.4.99-99
6.40.0-16
2.4.19-82〜2.4.99-99
storage agent 6.40.0-8
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40.0-8
2.4.18-14〜2.4.99-99
6.40.0-8
2.4.19-82〜2.4.99-99
NIC agent 6.40.0-3
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40.0-3
2.4.18-14〜2.4.99-99
6.40.0-3
2.4.19-82〜2.4.99-99
cciss 2.4.46-7
2.4.18-3〜2.4.18-27.7.x
2.4.46-7
2.4.18-14〜2.4.18-27.8.0
NA
cpqarray 2.4.26-7
2.4.18-3〜2.4.18-27.7.x
2.4.26-7
2.4.18-14〜2.4.18-27.8.0
NA
cpqfc 2.1.2-10
2.4.18-3〜2.4.18-27.7.x
2.1.2-15
2.4.18-3〜2.4.18-27.8.0
NA
megaide 2.26e-1
2.4.18-3〜2.4.18-4
2.26e-1
2.4.18-14
NA
e100 2.2.21b-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
2.2.21b-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
2.2.21b-1
2.4.19-82〜2.4.99-99
e1000 5.0.43a-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
5.0.43a-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
5.0.43a-1
2.4.19-82〜2.4.99-99
bcm5700 6.0.2d-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.0.2d-1
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.0.2d-1
2.4.19-82〜2.4.99-99
bonding 1.0.3-3HP
2.4.18-3〜2.4.99-99
1.0.3-3HP
2.4.18-3〜2.4.99-99
1.0.3-3HP
2.4.19-82〜2.4.99-99
vlan NA 1.8.0-8
2.4.18-3〜2.4.99-99
1.8.0-8
2.4.19-82〜2.4.99-99
ACU/XE 6.40-11.0
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40-11.0
2.4.18-3〜2.4.99-99
6.40-11.0
2.4.19-82〜2.4.99-99

LDU起動時に表示されるモジュールについて

 下記はディストリビューションの base kernel起動直後に LDUを起動した場合に表示される、モジュールリストの状況です。
module list module list module list module list module list
RH73 RH80 RH21AS RH21ES UL1.0/SLES8

Red Hat 2.1 ESの場合に必要な対処作業について

 PSP640内のモジュールのいくつかは、/etc/redhat-releaseをチェックして Red Hat 2.1ASか否かをチェックしているため、LDUで表示されるサポートモジュールが少なくなります。また、ストレージ系モジュールは導入に失敗します。
 
 このため、LDUを起動する前に /etc/redhat-releaseを変更し、LDUでの作業終了後には元に戻す必要があります。
#cp /etc/redhat-release /etc/redhat-release.org
#mv /etc/redhat-release /etc/redhat-release.rh21es
#vi /etc/redhat-release.rh21as
  Red Hat Linux Advanced Server release 2.1AS (Pensacola)[改行しない!!]
#cp /etc/redhat-release.rh21as /etc/redhat-release
 
#sh ./install.sh ⇒ LDU起動
     ・
    作業中
     ・
#cp /etc/redhat-release.rh21es /etc/redhat-release ⇒ 書き戻す
module list
module list

インストール方法について

 インストールは不要です。PSPに含まれている install.shファイルに実行権を付与して起動するか、shell経由で起動してください。

PSP  一部のモジュール(ASM/RSM, NIC drivers)をインストールするには kernel source/header環境が整備されている必要があります。予め、確認しておいてください。

GUI/CUI、導入モードについて

PSP  #./installを実行する事で、LDUは GUIモードで起動します。GUIモードは、Gnome, KDE上での利用が可能です。
PSP  #./install -y -nuiを実行する事で、LDUは CUIモード・対話型形式で起動します。
 
 CUIサイレントモード、CUIスクリプトモード等、他モードや詳細なオプションに関しては、後述する User Guideをご覧ください。

利用方法について

 LDU起動後は、画面の指示に従って設定を行ってください。特に複雑な操作は必要とされません。

PSP  GUIモードでは、各モジュールの説明、対応する kernelバージョン、アンインストール方法等を表示させる事が可能です。調べたいモジュールを選択した後、マウスの右ボタンで Component Detailsを選択してください。
 
 モジュールの取捨選択も同様にマウスの右ボタンで選択してください。
 
 ASMドライバの設定は、予め指定しておく事が可能です。マウスの右ボタンで Configure Componentで設定してください。
 
 
 CUIモードで利用する場合、各種のオプションを指定して起動する事で、自動インストールをはじめとする様々なモードで利用する事が可能です。詳細は、User Guideをご覧ください。
PSP
 
PSP
 
PSP

インストール後のログについて

PSP  LDUの実行結果は、GUI画面で表示され、同時にTEXT/var/log/hppldu.logに記録されます。

ダウンロードについて

ftp-US
ダウンロード サイト外リンクLinux certification and support matrix
こちらのリンク先にあるソフトウェアと同じものを下記の `ftp-JPN`からもダウンロードできます。
ftp-JPN
ダウンロード TAR.GZrhel21_v640.tar.gz be17db336fcb8ad222c21a4f40b41a62
TAR.GZrh73_v640.tar.gz 2240f9aa73275f2c2258bc1bc137b88d
TAR.GZrh80_v640.tar.gz d4a840557ff7fa4a71d95d52d5e8bfc3
TAR.GZul10_v640.tar.gz a71f913f139b0d62277d023895f00026
PDFProLiant Support Pack and Deployment Utilities User Guide (4230KB, Jun 2003, 9th edition)
PDFProLiant Support Packおよび展開ユーティリティユーザガイド (3207KB, April 2003, 第三版)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡